中国輸入転売の始め方と初心者が抑えるべき8つのポイント

中国輸入を始めたいけどどうやればいいか分からない、本当に利益が出るかどうか分からなくて怖いという方のためにこの記事では中国輸入をこれから始める、あるいは始めたばかりの初心者の方がつまづきやすいポイントを経験談に基づいて解説しています。

中国輸入には大きく分けて2種類の方法が存在します。

アリババやタオバオから仕入れて日本のAmazonやメルカリなどで販売する単純転売の方法と中国でOEM生産した商品を売るOEM販売の方法です。

この記事では前者の中国輸入転売の方法を解説します。

中国輸入OEMのやり方については以下を参照してください。

中国輸入ビジネスは中国で商品を仕入れて主に日本で販売するというシンプルな輸入ビジネスですが正しい方法を知らないとその他大勢の人に埋もれてしまい稼ぐことが出来ません。

では一体どのように中国輸入をこれから始める、あるいはこれからも稼ぎ続けるにはどうすればいいでしょうか?

中国輸入でこれからも稼ぐには?

中国輸入でこれからも稼ぐには相乗り出品を行うとしてもタオバオやアリババの画像をそのまま使って何も対策せずに売るような出品方法はやめましょう。

中国輸入に限らず単純な相乗り出品は麻薬のようなものです。

集客について何も知らなくとも少しは商品が売れるためつい簡単に手を出してしまいがちです。

しかし参入者が増えた今中国輸入でノーブランド商品に相乗り出品したところで簡単に値崩れします。

そしてその繰り返しになります。

中国メーカーの商品を卸仕入れして相乗り出品するのはまた別の話です。

これは一般の人は卸仕入れできないためにチャレンジする可能性はあります。

集客が強いページに他の人が買えない価格で買った商品を並べる、これは一つの物販の戦略として何もおかしな点はありません。

誰でも出来る相乗り出品をやってはいけないというだけです。

ここで問題になるのが仕入れて売るという単純なビジネスだからこそ手を出せたのに新規出品となったらハードルが高すぎて無理、と思う人が多いことです。

世の中そう思っている人が多いですし実際新規出品商品への集客は正しい方法をきちんと勉強しない限り絶対に無理です。

これをライバルが少なくてチャンスと考えることの出来る人だけが新しい中国輸入の時代を生き抜くことが出来ます。

完全な単純転売は一時的に利益が出ても稼ぎ続けるのは無理なので外装やパッケージ、タグ付けなどの簡易OEMを行うようにしましょう。

それが出来ないならせめて写真は既存のものではなくオリジナルのものを撮って相乗り出品をされづらくしましょう。

OEMって数十万円かかるんでしょ?

と思ってる人も多いと思いますがこれはある意味正解である意味間違いです。

ものによっては最小ロットで100万円以上かかるものから数万円程度で作れるものまで様々です。

そして簡易OEMの場合は商品代と別に数万円で済みます。

写真を変えたりセット化したりタグをつけたり(※)、パッケージをつけたり、日本語説明書を付けるだけでも差別化できます。

※現在Amazonでは商品にタグを付けるだけでも別の出品ページに出すように指導されますが結局ライバルが被せてくるかどうかなのでタグだけしか差別化ポイントがないと平気で被せてくるセラーがいてこれに対してAmazon側は対処してくれません。

またタグを差別化しただけでは結局Amazonの商品レコメンドにタグが付いていない別ページが存在し消費者からみた場合差はないので結局そちらの商品ページに合わせて価格改定をしないと商品が売れなくなります。

これではせっかく新規出品した意味がありません。

新規出品の旨味を最大限に生かすのは”ブランディング”です。

ブランディングを意識した上でまずは中国輸入転売の流れを改めて見ていきましょう。

中国輸入転売(新規出品)の流れ

中国輸入転売の作業は以下の作業に分かれます。

  1. 資金の用意
  2. 商品リサーチ
  3. 仕入れ
  4. 出品登録
  5. 集客
  6. 商品発送
  7. アフターフォロー(サンクスメール等)
  8. 再仕入れ(需要予測)

資金の用意

資金を用意する方法は色々ありますがビジネスとして行う場合は創業融資を借りましょう。

事業計画書をきちんと作り担当者との面接時でもその事業計画に問題がなければ自己資金の10倍程度(100万円の自己資金に対して1000万円程度)借りることができます。

ただし中国輸入は一般的に在庫をある程度作って(抱えて)数ヶ月かけて売っていくビジネスで利益率はいいですがキャッシュフローは悪いビジネスとなります。

そのため未経験者が事業計画書で中国輸入をベースに計画を説明しても印象はよくないと思います。

最初に在庫を抱えないクラウドファンディングや無在庫販売、他のビジネスの経験者であれば融資が通りやすいと思います。

未経験の場合は融資コンサルタントなどと一緒に事業計画書を作らないと融資を得るのは難しいと思ってください。

また副業としてやってみたいという場合はメルカリなどで不用品を売るなどして資金を貯めてから始めましょう。

商品リサーチ

新規出品の場合は売れている商品ページの特定、カテゴリ、ランキング売れている個数、集客キーワード辺りを調べる必要があります。

利益を出すにはOEM生産ではなく通常の仕入れでも外装やタグだけ変えて新規出品を行うのが主流になっていますのでその方法を学びましょう。

利益が出る商品自体はすでに中国輸入を行なっているセラーを見つけてそのセラーが扱う商品を参考にしていくのが基本戦術になります。

また方法を知っていても具体的な事例を知っていないとリサーチの効率が悪くなるので中国輸入でどのような商品が扱われているか知らないと言う方はまず中国輸入で売れている商品をチェックしておきましょう。

仕入れ

実際の仕入れの選択肢は大きく分けて以下の3つになります。

  1. タオバオなどのECサイト
  2. 市場・実店舗
  3. 工場(OEM生産)

どの場合も基本的には中国人パートナーか代行会社の協力が必要になってきます。

仕入れサイトやその方法に関しては以下の記事にまとめています。

出品登録

新規出品登録の登録ためには出品系のツールは特に必要ありません。

1ページ1ページ作りこむことが大切だからです。

初心者のうちはいい商品を作れば商品が売れると思ってしまいがちですがいい商品が売れるのではなくいい商品ページの商品が売れます。

ネット販売の場合いい商品であるかどうかを伝えるかのは商品ページです。

いい商品ページの作り方は後ほど解説する「集客」の項目にまとめています。

いい商品ページを作成してもお客さんに見てもらえなければそのページは存在していないに等しいからです。

まず商品ページの成約率を上げる=商品が売れる状態を作り出しその上でアクセスを増やしていく必要があります。

集客

Amazonや楽天などの特定のモールで新規ブランドを販売する際SEO対策と広告の活用が必須になります。

SEO対策とはお客さんが検索したキーワードで自分の商品ページが上位に表示されるようにする対策のことです。

少し難しいですがAmazonの販売で利益を出したければ避けては通れないテーマなので時間をかけて学んでください。

その後でアクセスを増やすための施策としてモール内広告(Amazonならスポンサープロダクト、楽天なら楽天RMP)を打っていきましょう。

モール外広告(Yahooリスティング、Google広告、Facebook広告)などをAmazonや楽天の商品ページに向けても割に合うことはほぼありませんので注意しましょう。

また上級者であれば自社サイトを製作してSEO対策を行なったりSNS集客、Youtubeでの集客等の施策も考えられますがまずは基本となるAmazonや楽天、Yahooショッピングなどで商品を売れるようになることが大切です。

商品発送

商品が売れたら発送を行います。

Amazonを活用する場合は自社出荷とFBA出荷の二択となりますがおすすめは事前にAmazonの倉庫に商品を納品しておき商品が売れたら自動で発送してくれるFBA出荷です。

アフターフォロー(サンクスメール等)

商品を購入してくれたお客さんに評価を依頼するサンクスメールは手動で行うこともできますが最近いろいろなツールが出ていてどれも特に機能は変わらないので値段で決めていいと思います。

物販と同じで他と変わらない場合一番安いものが支持されます。

オリジナルな機能が存在しそれが役に立つ限り高くても支持されます。

物販も他にない顧客の購入ポイントとなる強みを付加して安売りしなくても売れるようにしましょう。

再仕入れ(需要予測)

販売データを元に再仕入れを行ったり前回の反省を活かして次の仕入れを行いましょう。

データの分析をして次回の仕入れ量を決める需要予測は非常に重要です。

データがたくさん取れてしまえさえすればそれを分析できる限り大きく失敗することはなくなります。

しかし初心者のうちは少し難しいテーマとなるため読み飛ばしていただいて大丈夫です。

中国輸入で初心者が抑えるべきポイント

中国輸入転売の流れが掴めたら次に初心者の方が抑えるべき8つのポイントを以下にまとめました。

セミナーやコンサルを通して今まで1000人以上の人を見てきた中で初心者がミスしやすい部分は共通していることが分かっているので以下のポイントを押さえていただければきっとうまくいくと思います。

  1. 仕入れ場所をどこにするか
  2. 仕入れ商品は十分な利益が出るかどうか
  3. 輸入に関する法律や販売規制のルールをクリアしているかどうか
  4. ライバルが増えにくい商品であるかどうか
  5. 狙っている販売チャネルで売れなかった場合に他でも売ることが出来るか
  6. 代行会社はどこを使うべきか
  7. 仕入れ資金をどうやって用意するか
  8. 時間をいかに作り出すか

仕入れ場所をどこにするか

仕入れについてはすでに中国輸入の流れの中で解説していますがどこを選ぶかはやはり重要です。

初めて中国から商品を日本へ輸入する場合直輸入が可能なアリエクスプレスを使うのがいいと思いますがビジネスとして中国輸入を続けるのであればやはりアリババがおすすめです。

十分な利益が出るかどうか

物事をシンプルに捉えることはいいことですがシンプルに捉えすぎることはよくないことです。

あなたは普段利益計算をどのようにしていますか?

利益= 商品の販売価格 – 仕入れ価格 – 販売手数料

のような形で計算していませんか?

確かにこれは間違った計算ではありませんが利益にはいろいろ種類があり上記は利益の中でも「粗利益」を計算する方法となっています。

慣れている人がおおざっぱに利益を捉えるために頭の中でさらっと計算するような時に使うには便利な式ですが初心者の方がこれを判断基準に仕入れると失敗します。

初心者の方は営業利益ベースで利益計算を行いましょう。

また商品を売って利益を出すには回転率(販売数)についても調べる必要があります。

セミナーや情報商材などの宣伝で商品の価格差を載せこんなに利益が出ます、とアピールしているものが多いですがそれが何個売れたのか、その時のライバルは何人いたのかなどの情報まで載せている所はまずありません。

確かに仕入れの利益計算は非常に大切なことです。

しかし価格差を見る、というのは最初のフェーズをクリアしているだけであってこれだけを仕入れの判断基準にしてしまうと残りのフェーズを無視していることになります。

販売数に関してはAmazonの場合1ヶ月ごとに仕入れを行うのであれば

1ヶ月の販売数÷(Amazonのカートから10%以内の価格で販売している出品者数+1)=予想販売数

となります。

2週間ごと仕入れるのであれば2週間の販売数を、1週間ごと仕入れるのであれば1週間の販売数を計算に用いましょう。

ほとんどのブログや本で1ヶ月で計算するのが当たり前になっていますが中国輸入をプロとしてやっている人は週1か少なくとも2週に1回で仕入れている人がほとんどです、

1ヶ月で切ると過剰在庫を生みやすいですし、購買の世界では2週間ごとに世の中の需要が変わると言われています。

季節物に当てはまらない場合は何月に売ってもそれほど需要は変化しませんが何も戦略がないままただ漠然と1ヶ月スパンで計算をし1ヶ月に1回の仕入れを行なっていると世の中の需要と供給バランスの変化についていくことが出来なくなることがあります。

出来なくなることがある、と書いたのは上手くいくこともあるからです。

1ヶ月でライバルが増えず、仕入れ価格を上がらず需要にも変化がなければ結果としてまとめて1ヶ月分仕入れても売れます。

しかしそれは結果論に過ぎません。たまたま上手くいっているようであればいつか手痛いミスをする可能性があるのでいつも1ヶ月スパンでの販売数で仕入れを判断していた人はこの機会に見直してみてください。

輸入に関する法律や販売規制のルールをクリアしているかどうか

利益が出て十分な販売数を見込める、と商品リサーチの段階で分かってもそれはデータ上の話で実際に取り扱いができるかどうかは別の話です。

商品リサーチ時にこれはいける、と思った商品が実は法律に引っかかりそもそも輸入できなかったり、日本国内での販売に許可や申請が必要で初心者の人では扱えない商品である可能性は多いにあります。

中国輸入ビジネスを続けていればどのような商品が法律や規制に引っかかるかは分かってくると思いますが始める前にある程度認識しておいた方が効率がいいのでまとめて学んでおきましょう。

ライバルが増えにくい商品であるかどうか

仕入れた商品の在庫がなくなりそうになったら再度商品を仕入れる、この繰り返しの状態に持っていければ非常に楽ですが現実はそうはいきません。

商品自体の旬が切れることが原因となる場合もありますが多くの場合はライバルが増加することにより商品が売れづらくなったり値下げをし合うことによって利益が出なくなります。

しかし全ての商品がそうなるかというとそうではなくライバルが増えづらい商品ジャンルであったり商品というものは確実に存在します。

一つ前のポイントで紹介した販売規制や法律が関わる商品なんかはその一つの例でライバルが増えづらいです。

またOEM商品は別ページとした似たような商品を販売する人がいてもきちんとブランディングができていればその価格にあまり引きづられることなく商品を販売し続けることが出来ます。

また一般人ではなく特定の業界の人に必要とされるような商材はそもそもリサーチの段階で見つかりづらいので安定したリピート仕入れがしやすい商品となります。

特に最近は中国人セラーが参入してきているのでOEM商品でも真似されやすい傾向にあります。

機能面やブランディグ面で差別化できないのであればOEMを行ったところで既製品の販売とほぼ変わらなくなってしまいますので注意しましょう。

狙っている販売チャネルで売れなかった場合に他でも売ることが出来るか

利益計算や需要予測をきちんと行なった場合でも何らかの理由で商品が売れないことがあります。

ただしそれはリスクを想定しておけば大した問題ではなくなります。

特に中国輸入で単純転売を行うのではなく簡易OEMやOEMを行うようになるとロット数が増えていきます。

そのような場合例えばAmazonでの販売を見込んでいるのであればヤフオクやメルカリなどのオークションサイトでの需要も必ず調べておきましょう。

そして万が一にもAmazonであまり売れなかった場合他で販売して現金化できるようにしておけば、メインの販売チャネルで売れなかった理由を経験として学ぶとともに再度チャレンジすることが出来ます。

代行会社はどこを使うべきか

代行会社で重視すべきは送料と発送スピードです。

その他にも検品の質や対応の質なども見ていくべきですが送料が高かったり発送スピードが遅かったら話になりません。

1円でも安い送料の会社を追い求める必要はありませんが中国輸入ビジネスを行うのであれば16元/kg以下の所を選ぶことをおすすめします。

また発送スピードは商品が揃ってから可能な限りすぐ送ってくれる所を選ぶべきです。

夕方や週末の出荷をしてくれない会社もあり出荷が遅れると売上が入るのが遅くなるだけでなく商品需要が変化し商品が売れなくなる可能性も出てきます。

もちろんそんなにすぐに需要が変わる商品はそもそも初心者の人が扱うべきではないのですが代行会社の発送スピードは次に示すキャッシュフローのもん問題に大いに影響してきますので

仕入れ資金はどうやって用意するか

中国輸入ビジネスでは商品を販売してもすぐに入金があるわけではありません。

ヤフオクやメルカリは入金が早いですがAmazonは2週間毎の締め日のあとに3~5営業日で振込、楽天は前月26日~当月10日の売上分が、当月末に入金」「当月11~25日の売上分が、翌月15日に入金」など販売チャネルによって入金サイクルが異なります。

キャッシュフローが悪いと商品の買い付けに回せるお金が足りなくなりビジネスが停滞してしまいます。

そこで多くの人は銀行や国庫に借り入れを行うことになるでしょう。

きちんとした事業計画と事業主のプレゼン能力があれば今は個人でも創業融資が取りやすい時代ですので資金がなく中国輸入を諦めているという人は融資の流れを学んだ上で一度融資コンサルタントなどに相談してみるのもありでしょう。

時間をいかに作り出すか

中国輸入を続けていると作業に追われて時間が足りなくなってくるので利益が出るようになったら以下の作業を徐々に外注化していくようにしましょう。

外注化するべき項目

時間的に負担になる作業

まず時間的に負担が大きいのは商品リサーチと顧客とのやり取り・アフターフォロー等です。

顧客とのやり取り・アフターフォローに関してはAmazonFBAを利用して販売する限りほぼ0に出来るので副業でやっている人ほどAmazonFBAで売るべきです。

実は自社発送のメリットもありますがここでは説明を省きます。

法人として従業員がいたり協力してくれるパートナーがいる場合はヤフオクやメルカリも事業に組み込むことが出来ます。

商品リサーチも人に任せることが出来ますが特に最初のうちは自分でやることになります。

この際なるべく時間を減らすことが大切です。

そのため中国輸入リサーチを行う人はいわゆるツールと呼ばれるものを使っています。

有料・無料問わずいろいろなものがあります。

最初は無料のものでもいいと思いますが稼いでいる人はみな有料のものを使っています。

これはどんな世界にも共通して言えることです。

中国輸入ビジネスで稼ぎ続けるということはプロになるということです。

プロは道具にこだわります。

時間的負担を軽減するために商品リサーチに武器がいるという話です。

ぜひ自分に合った道具(ツール)を見つけましょう。

金銭的に負担になる作業

また金銭的負担が大きいのは発送(物流)の部分です。

ここでまた物流部分での武器が必要なことがわかります。

仮に同じ商品を扱うにしても自分が500円/kgで相手が250円/kgで送っているとなると重い商材を扱えば扱うほど不利になっていきます。

最初は代行会社を使っていくことになると思います。

送料はもちろん重要ですが検品体制やレスポンスの早さなども重要ですので最初から一つの代行会社に絞らず相見積もりを取って使っていくようにしましょう。

その他特殊な作業

その他特殊な作業のために優秀なパートナーという武器を手に入れる必要があります。

具体的には商品画像を加工してくれるデザイナーであったり商品登録をしてくれる外注さん、仕入れ交渉をしてくれる
中国人パートナー、訪中の際通訳をしてくれるパートナーなどです。

全部自分1人でやろうと思っても無理です。

これは昔私が経営者の先輩に言われた言葉ですが

「1番優秀なやつが稼いでいるわけじゃない、優秀になることが好きならいいけどそうでないならば仕組みを作れ。」

というものです。

当時は何でも自分で出来ると思っていました。

そのせいか英語もデザインもプログラムも営業も税務処理も勉強したためある程度自分で出来ます。

しかしそれらは時代とともに変化していき常に勉強が必要です。

そして人生の時間は有限です。

何に時間を使うかも大切ですがそれと同じくらい何に時間を使わないかも大切です。

そして私は元々一番得意にしていたマーケティング・集客以外は自分で以前ほど勉強しなくなりました。

趣味で勉強していることもありますがこれはまた別の話です。

事業でお金を稼ぐための勉強が基本的にマーケティング・集客のみになったということです。

あとは専門家に任せる、こうしてお金を回し仲間を増やし時間を節約する、その方が短期的にはお金が減ったとしても絶対効率がいいです。

ビジネスは何人でやらなくてはいけないというルールなどないのです。

アイデア勝負のジャンルは別として作業が絡んでくる部分はパートナーに協力してもらいそして自分も時に協力して進めていきましょう。

中国輸入転売の始め方と初心者が抑えるべき8つのポイントまとめ

最後に中国輸入転売の流れと成功するために抑えるべきポイントをおさらいしましょう。

中国輸入の流れは以下の通りです。

商品リサーチ

仕入れ

商品登録

集客

商品発送

アフターフォロー(サンクスメール等)

再仕入れ(需要予測)

以下繰り返し

また以下のポイントも常に意識するようにしましょう。

  1. 十分な利益が出るかどうか
  2. 十分な販売数を見込めるかどうか
  3. 法律や販売のルールをクリアしているかどうか
  4. ライバルが増えにくい商品であるかどうか
  5. 狙っている販売チャネルで売れなかった場合に他でも売ることが出来るか
  6. 代行会社はどこを使うべきか
  7. 仕入れ資金とキャッシュフローの問題
  8. 時間をいかに作り出すか

改めて掲載しましたが初心者のうちは上から順番にチェックをして問題ない、となった時点で仕入れを始めることをおすすめします。

最後にこの記事と合わせて中国輸入の失敗例と注意点の記事を読み進めていただければ初心者が陥りがちなミスは全て回避できるはずです。

いきなりうまくいくのは難しいですが継続が大事なのでコツコツ続けてみてください。

中国輸入・OEM攻略方法全集

中国輸入・OEMビジネスで成功するために学ぶべきことを第1章~60章まで章立てて目次形式でまとめています。
有料の本や情報商材を購入してしまう前にまずは一度以下の記事を読んでみてはいかがでしょうか?