初心者がやるべき中国輸入転売のやり方・始め方

中国輸入には大きく分けて2種類の方法が存在します。

アリババやタオバオから仕入れて日本のAmazonやメルカリなどで販売する単純転売の方法と中国でOEM生産した商品を売るOEM販売の方法です。

この記事では前者の中国輸入転売の方法を解説します。

中国輸入OEMのやり方についてはリンク先を参照してください。

中国輸入ビジネスは中国で商品を仕入れて主に日本で販売するというシンプルな輸入ビジネスですが正しい方法を知らないとその他大勢の人に埋もれてしまい稼ぐことが出来ません。

では一体どのように中国輸入を進めればいいでしょうか?

中国輸入転売ビジネスでなかなか利益が出ない。

作業時間が全然減らない。
ライバルが増えてきて将来に不安を感じる。

などのお悩みをお持ちの方のためにこの記事をまとめました。

中国輸入でこれからも稼ぐには?

中国輸入でこれからも稼ぐには相乗り出品を行うとしてもタオバオやアリババの画像をそのまま使って何も対策せずに売るような出品方法はやめましょう。

中国輸入に限らず単純な相乗り出品は麻薬のようなものです。

集客について何も知らなくとも少しは商品が売れるためつい簡単に手を出してしまいがちです。

しかし参入者が増えた今中国輸入でノーブランド商品に相乗り出品したところで簡単に値崩れします。

そしてその繰り返しになります。

中国メーカーの商品を卸仕入れして相乗り出品するのはまた別の話です。

これは一般の人は卸仕入れできないためにチャレンジする可能性はあります。

集客が強いページに他の人が買えない価格で買った商品を並べる、これは一つの物販の戦略として何もおかしな点はありません。

誰でも出来る相乗り出品をやってはいけないというだけです。

ここで問題になるのが仕入れて売るという単純なビジネスだからこそ手を出せたのに新規出品となったらハードルが高すぎて無理、と思う人が多いことです。

世の中そう思っている人が多いですし実際新規出品商品への集客は正しい方法をきちんと勉強しない限り絶対に無理です。

これをライバルが少なくてチャンスと考えることの出来る人だけが新しい中国輸入の時代を生き抜くことが出来ます。

完全な単純転売は一時的に利益が出ても稼ぎ続けるのは無理なので外装やパッケージ、タグ付けなどの簡易OEMを行うようにしましょう。

それが出来ないならせめて写真は既存のものではなくオリジナルのものを撮って相乗り出品をされづらくしましょう。

OEMって数十万円かかるんでしょ?

と思ってる人も多いと思いますがこれはある意味正解である意味間違いです。

ものによっては最小ロットで100万円以上かかるものから数万円程度で作れるものまで様々です。

そして簡易OEMの場合は商品代と別に数万円で済みます。

写真を変えたりセット化したりタグをつけたり(※)、パッケージをつけたり、日本語説明書を付けるだけでも差別化できます。

※現在Amazonでは商品にタグを付けるだけでも別の出品ページに出すように指導されますが結局ライバルが被せてくるかどうかなのでタグだけしか差別化ポイントがないと平気で被せてくるセラーがいてこれに対してAmazon側は対処してくれません。

またタグを差別化しただけでは結局Amazonの商品レコメンドにタグが付いていない別ページが存在し消費者からみた場合差はないので結局そちらの商品ページに合わせて価格改定をしないと商品が売れなくなります。

これではせっかく新規出品した意味がありません。

新規出品の旨味を最大限に生かすのは”ブランディング”です。

ブランディングを意識した上で中国輸入転売の流れを改めて見ていきましょう。

中国輸入転売(新規出品)の流れ

中国輸入は以下の作業に分かれます。

  1. 商品リサーチ
  2. 出品登録
  3. 仕入れ
  4. 価格調整
  5. サンクスメール
  6. 再仕入れ・商品リサーチ

商品リサーチ

新規出品の場合は売れている商品ページの特定、カテゴリ、ランキング売れている個数、集客キーワード辺りを調べる必要があります。

参照:中国輸入リサーチの方法(上級者向け)

出品登録

新規出品登録の登録ためには出品系のツールは特に必要ありません。

1ページ1ページ作りこむことが大切だからです。

また商品を売るためのいい広告デザインを学ぶ必要があります。

広告デザインに関して学ぶべきことは相当ありますが注目を引くための広告やブランド認知のための広告ではなく売るための広告を作るということを意識して100時間ほど勉強すればある程度誰でも分かるようになるでしょう。

仕入れ

実際の仕入れの選択肢は大きく分けて以下の3つになります。

  1. タオバオなどのECサイト
  2. 市場・実店舗
  3. 工場(OEM生産)

どの場合も中国人パートナーか代行会社の協力が必要になってきます。

中国輸入パートナーの見つけ方についてはこの記事の後半にまとめています。

価格調整

 

ブランディング路線で他の出品者の相乗りを防いで売る場合ツールは必要ありません。

価格改定が必要なケースでも単純なルールで問題ない場合がほとんどになると思います。

そのような場合はAmazon自体の価格改定機能を使いましょう。

サンクスメール

サンクスメール(評価依頼メール)は最近いろいろなツールが出ていてどれも特に機能は変わらないので値段で決めていいと思います。

物販と同じで他と変わらない場合一番安いものが支持されます。

オリジナルな機能が存在しそれが役に立つ限り高くても支持されます。

物販も他にない顧客の購入ポイントとなる強みを付加して安売りしなくても売れるようにしましょう。

再仕入れ・商品リサーチ

販売データを元に再仕入れを行ったり前回の反省を活かして新たにリサーチを行いましょう。

データの分析は何よりも大切です。

データがたくさん取れてしまえさえすればそれを分析できる限り大きく失敗することはなくなります。

なお失敗事例をストックしておくことも大切です。

参照:中国輸入の8つの失敗例と注意点

また中国輸入転売を進める上でのキーポイントを以下にまとめました。

  1. 中国輸入の物流について
  2. 中国輸入ツールについて
  3. 中国輸入パートナーの見つけ方について

こちらも一つずつ見ていきたいと思います。

中国輸入の物流について

専業でやる方は1kg辺り200円代の数字を確保したいところですがそれは個別で契約を取らないと難しいので規模が大きくなるまでは中国輸入代行の会社に任せた方が効率がいいです。

ビジネスに慣れていない人が代行手数料をもったいないと考え最初からパートナーを見つけて直送しようと思ってもかなりの確率で失敗します。

いいパートナーというのは10人探して1人見つかるくらいの割合なのでそうやって根気強く探せる人以外は既存のサービスを使いましょう。

参照:中国輸入の代行会社について

中国輸入ツールについて

中国輸入のリサーチには日本のAmazonにある商品を雅俗検索で比較して中国のタオバオやアリババから見つけてくれるものが一時期流行りましたが精度が悪いのとそもそも同じ画像を使って単純転売をしている人はOEM全盛の今は他の機能が求められます。

以下の記事に中国輸入に必要なツールの機能をまとめています。

参照:中国輸入に必要なツールの機能まとめ

中国輸入パートナーの見つけ方について

FBA販売の場合は代行会社を使うことが多くなるのでその場合は関係ありませんが一定の量を仕入れられるようになり毎月2t,3t定期的に送るような場合は安い契約も取りやすくなるのでその場合は現地パートナーを探す必要があります。

検品や買い付けをしてもらうためです。

  1. ALA!中国
  2. Lancers
  3. クラウドワークス
  4. Upworks

辺りで見つけましょう。

見るべき点は

  1. 募集文中の質問に答えているか
  2. 返信が早いか
  3. 直接会うことが可能か

です。

直接会うことは必須ではありませんが一度会うと相手との関係性も深まります。

参照:中国輸入パートナーの見つけ方

中国輸入転売の全体的な流れと成功するために必要な考え方

最後に中国輸入転売の流れと成功するために必要な考え方を確認しましょう。

商品リサーチ

簡易OEMの準備

仕入れ

販売登録

販売(成約)・顧客とのやり取り

発送

アフターフォロー等

売上の分析

商品リサーチ

以下繰り返し

物事を分析するときにこのように単純に項目ごとに分けることは思考を整理する上でいい方法ですがそれぞれの労働の時間的・金銭的負担を忘れてはいけません。

時間的に負担になる作業

まず時間的に負担が大きいのは商品リサーチと顧客とのやり取り・アフターフォロー等です。

顧客とのやり取り・アフターフォローに関してはAmazonFBAを利用して販売する限りほぼ0に出来るので副業でやっている人ほどAmazonFBAで売るべきです。

実は自社発送のメリットもありますがここでは説明を省きます。

法人として従業員がいたり協力してくれるパートナーがいる場合はヤフオクやメルカリも事業に組み込むことが出来ます。

商品リサーチも人に任せることが出来ますが特に最初のうちは自分でやることになります。

この際なるべく時間を減らすことが大切です。

そのため中国輸入リサーチを行う人はいわゆるツールと呼ばれるものを使っています。

有料・無料問わずいろいろなものがあります。

最初は無料のものでもいいと思いますが稼いでいる人はみな有料のものを使っています。

これはどんな世界にも共通して言えることです。

中国輸入ビジネスで稼ぎ続けるということはプロになるということです。

プロは道具にこだわります。

時間的負担を軽減するために商品リサーチに武器がいるという話です。

ぜひ自分に合った道具(ツール)を見つけましょう。

参照:中国輸入に必要なツールの機能

金銭的に負担になる作業

また金銭的負担が大きいのは発送(物流)の部分です。

ここでまた物流部分での武器が必要なことがわかります。

仮に同じ商品を扱うにしても自分が500円/kgで相手が250円/kgで送っているとなると重い商材を扱えば扱うほど不利になっていきます。

最初は代行会社を使っていくことになると思います。

送料はもちろん重要ですが検品体制やレスポンスの早さなども重要ですので最初から一つの代行会社に絞らず相見積もりを取って使っていくようにしましょう。

その他特殊な作業

その他特殊な作業のために優秀なパートナーという武器を手に入れる必要があります。

具体的には商品画像を加工してくれるデザイナーであったり商品登録をしてくれる外注さん、仕入れ交渉をしてくれる
中国人パートナー、訪中の際通訳をしてくれるパートナーなどです。

全部自分1人でやろうと思っても無理です。

これは昔僕が経営者の先輩に言われた言葉ですが

「1番優秀なやつが稼いでいるわけじゃない、優秀になることが好きならいいけどそうでないならば仕組みを作れ。」

というものです。

当時は何でも自分で出来ると思っていました。

そのせいか英語もデザインもプログラムも営業も税務処理も勉強したためある程度自分で出来ます。

しかしそれらは時代とともに変化していき常に勉強が必要です。

そして人生の時間は有限です。

何に時間を使うかも大切ですがそれと同じくらい何に時間を使わないかも大切です。

そして僕は元々一番得意にしていたマーケティング・集客以外は自分で以前ほど勉強しなくなりました。

趣味で勉強していることもありますがこれはまた別の話です。

事業でお金を稼ぐための勉強が基本的にマーケティング・集客のみになったということです。

あとは専門家に任せる、こうしてお金を回し仲間を増やし時間を節約する、その方が短期的にはお金が減ったとしても絶対効率がいいです。

ビジネスは何人でやらなくてはいけないというルールなどないのです。

アイデア勝負のジャンルは別として作業が絡んでくる部分はパートナーに協力してもらいそして自分も時に協力して進めていきましょう。

そのまた副業レベルを超えて法人化を検討している方は中国輸入ビジネスで起業するためのポイントについてもご覧になることをおすすめします。

コメント

コメント

~中国輸入編~

まだ学生だったあの頃からどのように中国輸入ビジネスで成功しその後も結果を出し続けてきたのかをメルマガにまとめました。他の方法もあると思いますが僕は最短ルートしか知りません。再現性の高い方法でぜひ自由をつかんでください。 登録特典として輸出入ビジネスの失敗例100選の資料をプレゼントしています。
は必須項目です
  • メールアドレス
  • お名前(姓名)
  • 姓と名はスペースで区切ってください