中国輸入の国際送料・利益率・利益・納期はどれくらい?【計算方法を解説】

この記事では中国輸入ビジネスの利益を左右する送料と利益計算の方法についてまとめています。

まず送料についてですが中国輸入で使う配送方法には大きく分けて2種類あります。

航空便とコンテナ便です。

中国輸入をする際は代行会社を使う人が多いと思いますが国際送料は商品代金の次に金額が大きくなる部分なのでなんとなくで代行会社を使ったり発送方法を決めてしまうと大きく損をしてしまいます。

またそもそも船便を扱っていない会社などもあるので必ず最初に確認するようにしましょう。

中国輸入の国際送料はいくら?

航空便

中国輸入の国際送料(航空便)について考える時に着目したいのが多くの代行会社が謳っているEMSの50%~65%引きという宣伝文句です。

EMSは航空便の代表的な配送方法の一つです。

EMSの50%引きと言っている会社同士でも送料が違うことがよくあるので実際の数字で見比べましょう。

またそもそもEMSはそれほど安くないです。

重量(kg) 通常価格(元) 円換算(15円) 重量(kg) 通常価格(元) 円換算(15円)
0.5 180元 2700円 15.5 1380元 20700円
1.0 220元 3300円 16.0 1420元 21300円
1.5 260元 3900円 16.5 1460元 21900円
2.0 300元 4500円 17.0 1500元 22500円
2.5 340元 5100円 17.5 1540元 23100円
3.0 380元 5700円 18.0 1580元 23700円
3.5 420元 6300円 18.5 1620元 24300円
4.0 460元 6900円 19.0 1660元 24900円
4.5 500元 7500円 19.5 1700元 25500円
5.0 540元 8100円 20.0 1740元 26100円
5.5 580元 8700円 20.5 1780元 26700円
6.0 620元 9300円 21.0 1820元 27300円
6.5 660元 9900円 21.5 1860元 27900円
7.0 700元 10500円 22.0 1900元 28500円
7.5 740元 11100円 22.5 1940元 29100円
8.0 780元 11700円 23.0 1980元 29700円
8.5 820元 12300円 23.5 2020元 30300円
9.0 860元 12900円 24.0 2060元 30900円
9.5 900元 13500円 24.5 2100元 31500円
10.0 940元 14100円 25.0 2140元 32100円
10.5 980元 14700円 25.5 2180元 32700円
11.0 1020元 15300円 26.0 2220元 33300円
11.5 1060元 15900円 26.5 2260元 33900円
12.0 1100元 16500円 27.0 2300元 34500円
12.5 1140元 17100円 27.5 2340元 35100円
13.0 1180元 17700円 28.0 2380元 35700円
13.5 1220元 18300円 28.5 2420元 36300円
14.0 1260元 18900円 29.0 2460元 36900円
14.5 1300元 19500円 29.5 2500元 37500円
15.0 1340元 20100円 30.0 2540元 38100円

もし代行会社を使うなら通関のことも考えてFedexやDHLなどのクーリエ会社を使っている会社をおすすめします。

船便

船便は容積が大きくなる場合に利用します。

船便の料金は各代行会社によって異なりますがその前に船便は大きく二つの種類に分けることができます。

混載便(LCL)とコンテナ便(FCL)です。

他の人とスペースを共有して送るのが混載便、コンテナを丸々一つ借りるのがコンテナ便です。

コンテナ便は大きさによって20ft、40ft、40ftHQと分かれています。

40ftHQとは40ftコンテナより高さがありより多くの荷物を積めるコンテナのことです。

また船便にも速達と通常発送がありますが速達だと航空便で送った方が安くなるケースも結構あります。

そのため基本的には船便では通常発送を使うと思ってください。

混載便の料金は1㎡あたり1000~1200元でコンテナ便の場合は800~1000元ほどです。

コンテナ便は荷物が傷付きづらく荷下しが早いというメリットがありますがその反面荷物が少ない場合は割高になってしまうというデメリットもあります。

またコンテナ便の場合コンテナのまま倉庫に運ぶ必要があるため「ドレー」という専用のトラックでコンテナを輸送する費用が別途かかる点にも注意が必要です。

船便の納期について

船便は料金が安いですがその分納期が遅くなります。

航空便でDHLやFedexを利用した場合日本に2,3日で到着しますが船便では3週間~1ヶ月ほどかかります。

オリジナル商品の販売が安定してきた場合発注リードタイムを計算することで在庫の減少ペースが読みやすいので船便を使うことが増えるでしょう。

発注リードタイムについて

こちらはは商品の発注量を正確に計算したいという方だけ読んでください。

多少複雑なため初心者の方は読み飛ばして頂いた方がいいと思います。

発注点=1日の在庫減少量×(リードタイム+発注の確認間隔)+安全在庫

安全在庫=安全係数×使用量の標準偏差×(リードタイム+発注の確認間隔)の平方根

欠品許容率5%ということは、100回のうち5回は欠品が起こるかもしれないということを示しています。

安全係数とは、欠品をどれくらい許容するか欠品許容率から導き出されるもので以下のように決まっています。

欠品許容率(%) 1 5 10 20 30
安全係数 2.33 1.65 1.29 0.85 0.53

中国輸入の利益・利益率の計算方法

利益はもちろん使える資金よって変わってきますが、普通の中国輸入転売が上手くいくと利益30万円ほど、OEMが上手くいくと利益100万円以上といった感じになります。

Amazonでの販売を想定すると

利益=売上-Amazonの手数料-仕入れ代金-スポンサープロダクトなどの広告費用

仕入れ代金=商品代金+国際送料+保険+関税+消費税

です。

手動でリサーチを行う場合はExcelの式などに組み込んで利益計算を行うようにしましょう。

参照:中国輸入の関税の計算方法

中国輸入の利益率7割・8割は本当?

中国輸入は利益率が7割・8割出るビジネスだから儲かる、と言っている方がたまにいますがこれは一部合っていますが初心者の方に対して誤解を招きかねないので間違っていると言いたいです。

もちろん物販で利益率が5割以上取れる商品は存在しますがそれには以下のような条件がつきます。

  1. 回転率が悪い(月に1,2個しか売れない商品)
  2. 一時的な寡占市場
  3. 超低価格商品(1000円以下)

回転率が悪い(月に1,2個しか売れない商品)

利益率が高すぎる商品というのは基本的にあまり売れない商品です。

なぜなら売れる商品であれば企業同士が企業努力をして商品価格を下げお客さんを取ろうとするためです。

一時的な寡占市場

代替品がない商品であれば一時的に高い利益率で商品を売ることもできますが資本主義社会においてそのような独占ができるケースは特許や法律などで参入障壁があるごく限られた場合のみです。

Amazonで商品が売れればランキングは上昇し少し調べれば原価も見えてきます。

そして儲かる商品と分かればまねされ利益率7,8割は保てません。

超低価格商品(1000円以下)

また超低価格商品には利益率が7割、8割になる商品もありますが商品の質が悪くなり悪いレビューや返金が増えるのでおすすめしません。

ただし元の相場が安い商品は別です。

例えば1000円の財布はとてもチープなものでしょうが靴下一足が1000円であれば相場くらいですし、仮につまようじ一本が1000円だったらとても高級な品となります。

このケースでは1000円の財布は扱ってはいけないということです。

それなのに中国輸入は利益率が7割や8割出るから簡単という人はビジネスにおいて最も重要なのが継続性であることを無視しています。

中国輸入ビジネスに必要な継続性の話

じゃんけんをして5連続勝った人がじゃんけんの勝ち方という方法を書いてもほとんどの人は興味を持たないでしょう。

FXで10万円を300万円にした方法や利益率7,8割の中国輸入商品で稼ぐ方法という本だったら興味を持つ人は多そうです。

どちらの場合もじゃんけんと同じでそれがたまたま達成されたことである可能性を考えない人が多いということです。

乱高下の激しい相場で10万円を倍プッシュでかけ続ければ5回勝った時点で300万円を超えます。

利益率7,8割取れる中国輸入の商品も一時的に高く売れただけで再現性のないケースがほとんどです。

中には本当にそのノウハウを持っているような人もいるかもしれません。

しかし年商10億円以上の商社を経営する社長何人かに会ったことがありますが中国輸入で利益率7,8割取れるなんて情報が蔓延して中国輸入の初心者が増えていると言ったら皆鼻で笑っていました。

再現性を持ってやるのであれば粗利益率で5割が限界ラインだと思ってください。

広告費などの販促日や人件費などを引いて3割程度に落ち着きその利益を再び投資に回していく方が継続性があり健全な「中国輸入ビジネス」となります。

コメント

コメント

~中国輸入編~

まだ学生だったあの頃からどのように中国輸入ビジネスで成功しその後も結果を出し続けてきたのかをメルマガにまとめました。他の方法もあると思いますが僕は最短ルートしか知りません。再現性の高い方法でぜひ自由をつかんでください。 登録特典として輸出入ビジネスの失敗例100選の資料をプレゼントしています。
は必須項目です
  • メールアドレス
  • お名前(姓名)
  • 姓と名はスペースで区切ってください