中国輸入の関税計算の方法

中国輸入に取り組むにあたって
輸入時にかかってくる税金について
まとめてみました。

なお欧米や特にヨーロッパから
輸入する際は消費税の
扱いが複雑になってくるので
Amazon輸入の関税に関する記事を
ご覧になってください。

以下中国輸入時に
かかってくる税金です。

  1. 関税
  2. 消費税
  3. 税関手数料
  4. 中国輸出通関手数料

関税に関しては
少し面倒ですが
一つずつチェックするようにしましょう。

参照:財務省貿易統計 実効税率表

初めてだと見方が
難しいので解説します。

関税には4種類あって
優先される順に

  1. 特恵税率
  2. 協定税率
  3. 暫定税率
  4. 基本税率

となります。

それさえ分かればあとは簡単ですね。

そして関税は
商品価格に対してではなく
CIF価格という
商品価格+保険+送料に対してかけられます。

関税(100円未満切り捨て)=
CIF価格(1,000円未満切り捨て)×関税率

です。

中国から輸入するとすれば
基本的に本革は異常に
税金が高いので注意が必要です。

なおそもそも
日本への輸入禁止の商品もあるので
こちらも合わせて
税関のページを参考にしてください。

参照:日本への輸出禁止商品

ブログなどに
まとめている方もいますが
ブログは情報が
古くなっている可能性があります。

関税率や輸入禁止商品は
半年毎くらいに変わるので
新たな商品を輸入する際は
毎回チェックするくらいの
気持ちでいたほうがいいです。

税関手数料と中国輸出通関手数料は
一律で決まっていて

税関手数料 1箱200円
中国輸出通関手数料 1箱4元(約80円)

となるので、
ダンボール1箱につき
280円かかる計算になります。

また中国から日本に商品を
輸入する場合の関税は、
簡易税率と一般関税率という
2種類に分かれます。

総額が20万円未満の場合は
簡易税率が適用されそれ以上の場合は
一般関税率が適用されます。(例外あり)

先ほども書きましたが
この総額とは
CIF価格(1000円未満切り捨て)のことで
送料や保険も含まれます、

また誤解している方多いのですが
個人でも法人でも
一定量以上を輸入すれば
関税はかかります。

前は掛からなかったのに、
というのはたまたまです。

関税はかからない時もあります。

その時は自分で申告しないと
脱税になってしまうの?

と思っている人も
いるかもしれませんが
一度通関すれば
たまたま税金が
かからなかった場合は
払わなくて大丈夫です。

これはルールで決まっています。

なお税関告知書に
虚偽記載があった場合は、
脱税になりますので注意が必要です。

また「商品代金」+「国際送料」が
1万円以下なら税金(関税・消費税)は
一切かかりません。

個人輸入の場合は
課税価格が60%なので
16666円まではかかりません。

逆を言えばこの価格を超えたら
個人でも税金がかかるということです。

なお知り合いの社長が運営している
ダイコー@輸入というサービスは
関税込みで発送前に料金を
計算してくれるので
関税が後からいくらかかるか分からなくて
怖いという初心者の方はこういった
サービスを利用するのもおすすめです。

コメント

コメント

最近どんな記事が読者の方の役に立つか調査しているので少しでもこの記事が役に立ったと思っていただけたら以下のFacebookやはてぶなどのソーシャルシェアボタンで応援していただけると幸いです!