中国輸入の仕入先【タオバオ・アリババ・天猫・Aliexpressなどを徹底比較】

中国輸入の仕入先はいろいろありますが一体どこから仕入れるのがいいでしょうか?

それぞれのショップモールに得意ジャンルがあるのでまとめてみました。

タオバオ

言わずと知れた中国輸入仕入れで
誰もが一度は
覗いたことがあるであろうサイト。

誰でも出店出来るため
店の評価を見ることが大切です。

中国語だと見にくいので
chromeの自動変換機能で英語に直しています。

なお中国語と英語は文法が近いので
綺麗に翻訳されますが
日本語に訳すと見にくいので
中国語がわからない人は
英語に変換して見るのをおすすめします。

こちらはアカウント全体の評価数です。

しかし中国人の
知り合いに聞いたところ
出店アカウントは
購入できるそうなので
店の評価だけを
鵜呑みにも出来ません。

免許証もお金で買えるようなので
色々な意味ですごい国です。

アリババ

アリババは卸買いができるため
値段がかなり安くまた工場
が直で販売していることも多いです。

質をいいと言っている人が
多いですが質は普通だと思います。
ショップによりまちまちです。

OEM可能なところも多いので
新規出品時の工場探しにも役立ちます。

天猫

「てんねこ」と読む人が多いですが
中国輸入セラーの前でそう読むと恥をかきます。

ティエンマオと中国読みするか
tmallとアルファベット読みするのが普通です。

出店審査が厳しいため
商品の質は高いです。

アリババで質のいいところを探すか
天猫で安いところを探すかだと
個人的にな意見としては
アリババで質のいいところを
探したほうがいいと思います。

Aliexpress

Aliexpressは
英語主体のサイトで
なんと日本のクレジットカードが使えます。

また中国から日本に直送してくれるので
基本的に代行会社を利用する必要がありません。

初心者の方におすすめです。

ほとんどの商品が送料込みで販売されており
1品から購入できます。

 値段はタオバオや
アリババよりやや高いという印象ですが
まとめ買いで安くなります。 

1点買いが出来るため
無在庫販売に利用している方も多いです。

ここからは有名4サイト以外の
中国輸入の仕入先を見ていきます。

返利網(Fanil.com)

中国で有名なキャッシュバックサイト。

タオバオで商品を購入する際も
このサイトを経由してから買うと
キャッシュバックポイントが得られます。

なぜかあまり知られていませんが
中国のユーザーは6000万人います。

サイトに登録後
キャッシュバックが使えるようになります。

お金の受け取りにはAlipayなどが
必要ですがAlipayも
無料で登録できます。

ただ普通は代行会社経由で
買うと思うので
パートナーを通して
買っている人でないと
活用できません。

vivica Duo

vivica Duoはレディースアパレルに
特化した仕入れサイトです。

日本のクレジットカードの対応していて
サイトも日本語で閲覧可能です。

卸売も対応しているので
安く仕入れることはできますが
中国輸入アパレル販売は
集客が難しく
上級者以外にはおすすめしません。

 

Yiwugou

烏購(yiwugou.com)は
中国輸入で有名な義烏(イーウー)の商品を
仕入れることのできるサイトです。

浙江中国小商品城集团股份有限公司という
いわゆる福田市場を運営している会社が
運営しています。

取り扱っている商品も非常に多く、
タオバオやアリババより安い商品もありますが
そこまでのメリットはありません。

そもそも義烏の商品はそれほど
安くありません。

安さだけ求めるなら
虎門(フーメン)などのほうが安いです。

中国人のバイヤー達に聞いても
なんで義烏?と首を傾げます。

ちなみに虎門は色々なサイトで
フーメンと書いてあったので
そのまま書いていますが
フーナンと聞こえます。

僕なりの考察では
中国輸入を流行らせた人が
義烏で仕入れを初めて
それが有名になった
からだと思ってます。

AKF

Amazonや楽天の売れている水着の中には、
AKFから仕入れている人は多いです。

あとはルームウェアも有名です。

OEMもやってるので
おすすめしたいところですが
季節ものの新規出品は
スポンサープロダクトや
競合に合わせた価格改定など
色々とテクニックを
使う必要があるので
初心者の方にはおすすめしません。

コメント

コメント

最近どんな記事が読者の方の役に立つか調査しているので少しでもこの記事が役に立ったと思っていただけたら以下のFacebookやはてぶなどのソーシャルシェアボタンで応援していただけると幸いです!

~中国輸入編~

まだ学生だったあの頃からどのように輸入ビジネスで成功しその後も結果を出し続けてきたのかをメルマガにまとめました。他の方法もあると思いますが僕は最短ルートしか知りません。再現性の高い方法でぜひ自由をつかんでください。
は必須項目です
  • メールアドレス
  • お名前(姓名)
  • 姓と名はスペースで区切ってください