アリババ仕入れの方法・商品の買い方

アリババ

この記事では中国輸入の単純転売でもOEM生産でも活用可能でおそらくビジネスとしての中国輸入で最も活用されているサイトであるアリババで商品を購入する方法についてまとめています。

アリババの特徴

アリババには全世界向けのAlibaba.comと中国国内向けの阿里巴巴1688.comの2種類があります。

中国国内向けの阿里巴巴1688.comの方が価格が安いですが商品の質が悪い物が多いので代行会社などをはさんでの検品はほぼ必須です。

また中国国内向けの阿里巴巴1688.comでは決済でALipayか中国国内からの銀行振込しか使えずAlipayの登録にも中国の口座が必要なため結局中国の口座を持っていない場合は阿里巴巴1688.comでは直接購入することが出来ません。

全世界向けのAlibaba.comは出品の審査が厳しいため一定のクオリティ以上の店舗しか出店を行うことが出来ません。

同一商品で比べた場合他の仕入れサイトと比べて価格が安いのが特徴的です。

※タオバオには写真が同じでもクオリティが低いものや偽物が売られていてそちらの方が価格が安いですが安物買いの銭失いになります。

商品の質がある程度担保されている中で一番安いのがアリババになります。

アリババのデメリットとは阿里巴巴1688.comに限りますがアリエクスプレスのように個人で直輸入を行うことが難しい点です。

結局どっちから買えばいいかというとおすすめは代行会社を利用して阿里巴巴1688.comで買う方法です。

きちんとした代行会社を使えば手数料を加えても直接全世界向けのAlibaba.comで買うより安くなります。

ただ後ほど解説するように交渉すれば阿里巴巴1688.com+代行会社と同じくらいの安さで買うこともできますが手間を考えた場合アリババ仕入れの場合は代行会社を使うことが前提となります。

もし代行会社を使わずに直接輸入したいのであれば同じアリババグループが経営するアリエクスプレスで商品を購入することをお勧めします。

アリババのアカウント登録の方法

代行会社を利用して商品を仕入れる場合アリババのアカウント登録は不要ですがOEMを行う際などに見積もりをもらう場合や自分で値下げ交渉を行いたい場合などはアカウントを持っていた方が便利なのでアカウントの登録方法を解説します。

まずトップページの上部にある免费注册という所をクリックしてください。

横の”请登录”という項目の方が登録ボタンっぽいですがそちらはサインインのボタンです。結局こちらからも登録ページに行けるのですが念の為。

次のページで法人アカウント登録(左)か個人アカウント登録(右)かを選択します。

アリババ登録

ちなみにGoogle翻訳で翻訳すると以下のような表示になるので登録が簡単になります。

アリババ登録

ここでは個人アカウント登録を例に解説を進めます。

アリババ会員登録
  1. 会员名(ログインIDと共通)
  2. 登录密码:パスワード
  3. 密码确认: パスワード再入力
  4. 手机号码: 電話番号(SMS入力用) 国番号81に、電話番号の最初の0をとってつなげた番号
  5. 验证码:ロボットでないかのチェック マウスクリックやスマホならスワイプでバーを右にスライド

となっています。

電話番号は080-xxxx-△△△△であれば
(+81)80xxxx△△△△という風に入力することになります。

全て入力したら、「同意并注册」(同意する)をクリックすると登録した電話番号宛にSMS認証のショートメールが送られてきます。

こちらは届いてから15分以内に入力しないと無効になりますので、注意しましょう。

住所登録

アリババで商品を注文する場合は住所登録が必要なのでアカウント登録の後に済ませておくことをおすすめします。

上から順に

  1. 氏名
  2. 会員ステータス (企業、団体、自営、個人) 選択制
  3. 主な用途 (販売、購入、両方) 選択制

入力が完了したら最後に「保存」をクリックして登録は完了です。

アリババでの商品リサーチの方法

アカウント登録が完了したら利益が出る商品を探すためのリサーチ方法を学びましょう。

アリババでの商品リサーチの方法はタオバオやアリエクスプレスでの商品リサーチの方法同様3種類あります。

  1. キーワード検索
  2. 画像検索
  3. セラー検索

の3種類です。

キーワード検索

キーワード検索はメルカリやAmazonなどで中国から仕入れていると思われる対象商品の型番を使いそのままアリババで検索したり商品の特徴をAlibaba.comであれば英語で、阿里巴巴1688.comであれば中国語のGoogle翻訳などを使い変換しアリババの検索バーに入力し検索する方法です。

試しに中国輸入でよく扱われている”美顔器”を検索してみたいと思います。

Amazonにも大量の商品ページが存在します。

Amazon美顔器検索結果

 

美顔器をGoogle翻訳で中国語に翻訳すると”面部装置”と出てきました。

アリババ検索結果

思っていた商品と違ったので”美顔ローラー”を翻訳した所”面辊”と出ました。

なんだかいやな予感がしますが改めて検索してみた所・・

アリババ美顔ローラー検索結果

余計に美顔ローラーから遠ざかりましたね。

しかしキーワード検索の精度はこの位です。

一発で見つかるときもありますし今回の例のように見つからない時もあります。

そのような時は2種類の選択肢があります。

  1. 全世界向けのalibaba.comの方で一度商品を探す
  2. 画像検索など他の検索方法を試す

全世界向けの方でも検索の仕方は同じなので省略して画像検索のやり方に進みます。

画像検索

アリババのトップページの検索バーの右側にあるカメラのアイコンをクリックして画像検索を行いたい画像をアップロードしましょう。

アリババ画像検索

 

Amazonで美顔ローラーを販売しているセラーのうちの一人の画像を用いて検索してみると・・

アリババ検索結果

見事に見つかりました。細かい違いはあるのでもし同一商品を探しているのであれば細かく探す必要がありますが画像検索の結果で出てきた画像にマウスカーソルを合わせると”相似”というアイコンが表示されるのでそこからさらに画像検索をかけることも可能です。

アリババリサーチ

ちなみにOEMを行う場合は以下のページに詳細なやり方をまとめていますが通常は検索結果のページの右下の方に「经营模式」というタブがあるのでクリックして「生产加工」を選択し検索結果を絞り込むのですが画像検索の結果ページにはこの表示がない為画像検索で見つかった商品をキーワードなどで調べ直すという作業が必要です。

批发_供应_阿里巴巴

キーワードで検索すると以下のように「经营模式」というタブが確認できるはずです。

アリババ工場の探し方

セラー検索

セラー検索はキーワード検索や画像検索の結果中国から商品を仕入れていることが判明したセラーの出品している他の商品も中国から仕入れていると仮定して検索する方法です。

アリババで商品を買う際の注意点

アリババで商品を買う際の注意点は以下の3つです。

  1. 関税・利益計算
  2. 輸入・販売規制
  3. 不良品

関税・利益計算

簡易的な利益計算をしてしまうと関税や送料で損をしてしまうことがあるのでまずは利益計算の方法を学びましょう。

ただ関税に関しては税関の輸入統計品目表を参照することで厳密に計算することも可能ですが初心者の方にはハードルが高いと思います。

個人や少人数で取り組んでいる企業の方が多いと思うので商品代金+送料以外に関税分として1.1~1.2掛けで計算するのが現実的です。

輸入・販売規制

商品リサーチの数字上は利益が出ても中国から仕入れることが出来なかたったり日本での販売に規制がかかっている商品に気をつけましょう。

今回商品リサーチの例で取り上げた美顔器や中国仕入れで多いEMS(腹筋を電動で鍛える機械)は筋肉運動補助器具は雑貨に分類され医療機器には当たらない為薬事法の規制対象にはなりません。

しかし薬事法の規制対象でないということは本来医療機器としての定義に触れる表現を用いることはできません。

美顔器で「肌荒れが治る」という表現や、EMSで「ダイエット効果がある」ということを謳うと薬事法に抵触してしまいます。

美顔器であれば以下の効果をメリットとして示すのはセーフです。

  1. あんま、指圧の代用
  2. 健康によい
  3. 血行をよくする
  4. 筋肉の疲れをとる
  5. 筋肉のこりをほぐす

ただAmazonで売られている美顔器の商品ページを見るとほとんどのページは薬事法に抵触する文章を書いています。薬事法違反の商品販売ページは厚生労働省に連絡すると対応してくれることがあるのでもし同じ分野でまともに商品を売っていてライバルセラーがルールを守っていないようでれば試してみる価値ありです。

ちなみに美顔器最大手のRefaは当然このルールを守っています。

不良品

中国から輸入する商品の品質が日本製品のように安定していると油断していると危険です。

横着して中国から日本のAmazonFBAの倉庫にダイレクトで入れる方も多いようですがお客さんのクレームとなって返ってきます。

中国→FBA直送は全然ありですが必ず検品を挟むようにしましょう。

検品は代行会社でやってもらうことが出来ます。

アリババの商品ページの見方

アリババ商品ページの見方

アリババで商品を仕入れる際に見るべきポイントは以下の4つです。

  1. 商品画像
  2. 商品価格
  3. 店舗評価
  4. 販売実績

商品画像に関しては説明がいらないと思うので飛ばします。

アリババでは商品の動画を見ることが出来るものも多いので購入する際はチェックしておきましょう。

商品価格は元表示です。

店舗評価は商品ページを下にスクロールしていくと左側に配置されています。

アリババ評価

店舗の評価は3階級あり、スター→ダイヤ→クラウンとランクアップしていきます。

またマークには階級が5段階あり、計15段階のランクに分けられています。

实力商家

さらに評価を積み重ねると”实力商家”というマークがつきこちらのマークがついているページにはスターやダイヤ、クラウンのマークがありませんが評価が低いわけではなくむしろ高いショップなので注意しましょう。

販売実績として私がチェックするのは

  1. 实力商家のマーク
  2. 会社規模
  3. 货描 (説明文と一致しているかどうか)
  4. 响应 (返答が早いかどうか)
  5. 发货 (配送が早いかどうか)
  6. 成約数

などです。

实力商家のマークについてはすでに解説したので省略しますが会社規模はショップ名の部分がリンクになっているのでその遷移先のページで確認します。

会社の概要や会社の写真が載っているのでおおよその規模がわかります。

アリババの出品者情報货描は商品説明分と実際の商品が一致していたかを表す指標で基本的にマイナスになっていなければ問題はありません。

响应は返答が早いかどうかでこちらはマイナスになっているショップも多いので货描となっていればOK。

发货は配送が早いかどうかでこちらもマイナスになっているショップが多いのでそこまで気にしていません。

他には成約数とリピート率もチェックしています。

アリババの評価の見方

後は購入者がサクラレビュー(業者による買いまし)をしていないかなども気になる方はチェックしましょう。

購入者一覧で同じ人が短期間に大量に商品を繰り返し買っている場合サクラの可能性があります。

ただ期間が空いている場合はただのリピート仕入れの可能性もあるのでこの辺りの判断は難しいです。

アリババ仕入れの方法・商品の買い方まとめ

いかがだったでしょうか。

アリババは中国輸入仕入れでよく活用することになるサイトなのでこの機会に使い方を覚えていただければと思います。

中国輸入ではアリババ以外にも使えるサイトがあるので他の中国仕入れサイトも合わせて活用してみてください。

中国輸入・OEM攻略方法全集

中国輸入・OEMビジネスで成功するために学ぶべきことを第1章~60章まで章立てて目次形式でまとめています。
有料の本や情報商材を購入してしまう前にまずは一度以下の記事を読んでみてはいかがでしょうか?