中国輸入リサーチツール【新規出品の売り上げ拡大に必須】

新規出品全盛の今
日本のAmazonに
出品されている商品が
中国から輸入できるかどうかは
重要ではありません。

大切なのは
その商品が売れているかどうか、
どういう経路で売れているか、
どのくらい売れているのか、
後追いでその商品を超えるかどうか
調べることです。

もともと中国から輸入されたものでなく
例えばアメリカで作られて商品でも
その商品ページが売れていて
そしてマーケティング的に
弱い部分があれば
後から新規出品して追い越す。

これが今のトップセラー達がやっている
手法でこれはビジネスの本質を
突いているので
この流れは変わらないでしょう。
飽和することもありません。

日本のAmazonと
中国のタオバオの商品画像を
比べて同じものを
見つけてくるツールを
使って喜んでいられた
時代は終わったのです。

欧米輸入のように
一定の買い付け額が必要であったり
実績が必要で
他の人では卸を取れないような
商品を扱える場合に限って
相乗り出品は
非常に効果を発揮します。

すでにページ自体は上位表示されているので
その集客力を使って
商品を販売できるからです。

しかし中国輸入に限っては
ノーブランド商品など
誰でも扱えますし
簡単に相乗りされてしまいます。

少しOEMをかじったところで
似た商品が安く他で販売されていれば
お客さんはそちらへ
流れてしまうでしょう、

全ては戦略が悪いのです。

一昔前とは違い
顧客は賢くなっています。

何でも安いほうがいい、という
人は未だにいますが
ほとんどのお客さんは
質を求めるようになっています。

安かろう悪かろう、ということが
真であることに
気づいているのです。

そこで今の
中国輸入時代を生きぬくのに
必要なのは画像比較して
差益を出して
くれるようなツールではなく
新商品開発のための
ツールです。

なお完全な初心者の場合
かつてどんな商品が
中国輸入で扱われていたかを
知ることは重要です。

しかし中国輸入において
画像検索はもはや
大して有効と言えなくなった
ということで
中国輸入で実際に売れたもの
リンク先にまとめました。

参考になれば幸いです。

そんなの公開していいの?
と思う方もいらっしゃるかもしれませんが
ウチの会社は中国輸入に関しては
比較的ニッチな分野で
オリジナル商品を扱っているだけなので
参入者が増えてもまず競合しないのと
会社の事業の一つとして
スポンサープロダクトの運用代行や
越境EC支援をしているため
中国輸入で活躍する方が
増えることは望ましいことです。

中国輸入リサーチツールに必要な機能

OEM全盛の今の中国輸入に
必要な機能は以下の記事にまとめています。

参照:中国輸入ツールに必要な機能とおすすめ

OEM以外の中国輸入の際は
ツールは特に必要ありません。

中国輸入リサーチの方法
参考にリサーチを進めてください。

ここではリサーチツールに着目して
今の中国輸入に
本当に必要な機能とは何か?
検証したいと思います。

新規出品メインの
中国輸入リサーチでは以下の
ことが求められます。

  1. 売れている商品を特定する
  2. 商品ページの強さを測る
  3. 商品ページの売れ行きを調べる
  4. 商品ページの流入キーワードを調べる

一つずつ見ていきましょう。

売れている商品ページを特定する

売れている商品ページかどうかは
ランキングを調べれば分かりますが
Amazonでは大カテゴリの
1~1000位までしか
売れ筋ランキングとして
公開されていないため
基本的には
実際の検索結果から
1ページずつ調べていくしかありません。

そのためこの部分は
基本的に人に任せましょう。

商品ページの強さを測る

“商品ページの強さ”は
キーワードごとに変わってくるので
まずは集客キーワードを
洗い出す必要があります。

Amazonのサジェストキーワードを
一括で抽出してくれるサイトや
ツールを使って取得しましょう。

手動でやる場合は
毎日それぞれのキーワードでの
検索順位を記録すれば出来ますが
これはなかなか骨の折れる作業です。

商品ページの売れ行きを調べる

Amazonの在庫数の変化を
調べて販売数を 予測する方法

を使えばその商品の
売れ行きが分かります。

自動化するためには外注さんに任せるか
ツールを使いましょう。

以下はツールを使った時の
結果です。

減少数を測定期間で割りましょう。

この場合測定期間が4日なので6/4=1.5個/日

1ヶ月では1.5×30=45個売れると予測します。

もちろん測定期間が長いほど正確で
本来は最低7日間は追跡したほうがいいです。

後日7日間計測した場合、
1ヶ月間計測した場合との計測のズレの
データを載せたいと思います。

これで販売個数がわかりますが
正確なデータを取るためには
在庫数の変化を調べる方法は
FBA出品の商品に対して
使うようにしてください。

商品ページの流入キーワードを調べる

Amazonでは
キーワードごとの
コンバージョンデータは
公開されていません。

そのため先ほど調べた
商品ページの強さの変化を調べて
どのキーワードで
コンバージョンしているかを
調べる必要があります。

毎日特定のキーワードでの表示順位を
チェックしていれば
コンバージョンしたかどうかが分かります。

上の図では折りたたみ傘 コンパクト
というキーワードで
コンバージョンしたのが分かります。

このようなキーワードは
スポンサープロダクトでも
積極的に用いて行きたい
キーワードになります。

あとは作れる工場を探すだけです。

この部分は先に中国人パートナーを
見つけて複数候補を
見つけてもらうやり方が確実です。

参照:中国人パートナーの見つけ方

生産から売り出しまでの流れは
中国輸入OEMの方法にまとめていますので
合わせて参考にしてください。

コメント

コメント

最近どんな記事が読者の方の役に立つか調査しているので少しでもこの記事が役に立ったと思っていただけたら以下のFacebookやはてぶなどのソーシャルシェアボタンで応援していただけると幸いです!

~中国輸入編~

まだ学生だったあの頃からどのように輸入ビジネスで成功しその後も結果を出し続けてきたのかをメルマガにまとめました。他の方法もあると思いますが僕は最短ルートしか知りません。再現性の高い方法でぜひ自由をつかんでください。
は必須項目です
  • メールアドレス
  • お名前(姓名)
  • 姓と名はスペースで区切ってください