Amazonの出店登録(アカウント開設)の方法【大口アカウントにすべきか小口アカウントのメリット・デメリットも解説】

Amazonでの出店を検討している方に向けて、本記事ではアカウント開設から商品ページの最適化まで、成功するためのステップを詳細に解説します。まず、アカウント開設にはビジネス情報や商品の詳細情報を準備する必要があります。

また、Amazonでは大口アカウントと小口アカウントの2種類があり、それぞれにメリットとデメリットがありますので、ご自身のビジネスモデルに合った選択をお勧めします。アカウントを開設したら、発送設定、価格設定、在庫管理などの初期設定を行い、さらに効果的なマーケティングを通じて売上を最大化する方法も紹介します。この記事を参考に、Amazonでの成功を目指しましょう。

Amazonの出店登録(アカウント開設)の手順

Amazon出店に必要な準備

まずはAmazonに出店するために必要な準備を整えましょう。以下に準備すべき項目を紹介します。

ビジネス情報の確認

ビジネスを登録するにあたって、以下の情報が必要となります。

  • 事業名および事業所在地
  • 連絡先電話番号およびメールアドレス
  • 銀行口座情報(支払いを受けるため)
  • 法人番号(法人の場合)

これらの情報は正確かつ最新のものを準備してください。また、法人として登録する場合は、法人番号が必須です。

商品の準備

次に、出品する商品の詳細情報を準備します。

ここでは以下の項目に注意しましょう。

  • 商品名および説明文
  • 商品画像(高解像度で複数の角度から撮影されたもの)
  • 商品カテゴリおよびサブカテゴリ
  • 価格および在庫数

特に商品画像は購買意欲に大きく影響を与えるため、品質の高いものを用意することが重要です。

Amazon出店登録の手順

次に、Amazon出店登録の手順について詳しく説明します。

ステップ1:Amazonセラーセンターにアクセス

まず、Amazonのセラーセンターにアクセスし、新規登録をクリックします。既にAmazonアカウントを持っている場合は、そのアカウントでログインすることもできます。

ステップ2:ビジネス情報の入力

ログイン後、ビジネス情報を入力するフォームが表示されます。先ほど準備した情報を正確に入力してください。ここでは、事業名、所在地、連絡先などが必要です。

ステップ3:アカウントタイプの選択

Amazonでは、大口アカウントと小口アカウントの2種類のアカウントタイプがあります。

それぞれの特徴とメリット・デメリットについて次に詳しく説明しますが、ここでは自身のビジネスモデルに合ったアカウントを選択してください。

ステップ4:銀行口座情報の入力

次に、支払いを受けるための銀行口座情報を入力します。口座情報は正確に入力してください、入力ミスがあると、支払いに問題が生じる可能性があります。

ステップ5:本人確認書類の提出

最後に、本人確認のための書類を提出します。必要な書類はパスポートや運転免許証などの身分証明書です。これらの書類を該当フォーマットでアップロードしてください。以上で基本的な登録手順は終了です。

Amazonからの確認メールを受け取り、指示に従って追加の手続きを行ってください。

大口アカウントと小口アカウントの違い

ここでは大口アカウントと小口アカウントの違いについて詳しく説明します。どちらのアカウントを選ぶべきか迷っている方は、このセクションを参考にしてください。後ほど詳しく説明しますがここでは簡易的に開設します。

大口アカウントのメリット

  • 月額利用料が固定(約4,900円)で、個別の販売手数料が不要
  • 広告プログラムを利用可能
  • 配送サービスを利用可能
  • 一度に大量の商品を一括で登録可能

大口アカウントのデメリット

  • 月額利用料が必要
  • 小規模な販売ではコストが高くなる可能性

小口アカウントのメリット

  • 月額利用料が不要
  • 売れた分だけの販売手数料がかかるため、コストを抑えやすい

小口アカウントのデメリット

  • 一度に大量の商品を登録することができない
  • 広告プログラムが利用できない
  • 販売手数料が高くなる可能性がある(1アイテムあたり100円程度)

以上のように、それぞれのアカウントにはメリット・デメリットがあります。月間の販売量や販売商品によって最適なアカウントタイプを選択してください。

アカウント開設後の初期設定

アカウントを開設したら、次に行うべき初期設定について説明します。

発送設定

まず初めに、どのような発送方法を使用するかを設定します。以下の方法を検討してください。

  • 自社発送(自分で商品を発送する)
  • Amazon FBA(フルフィルメント by Amazon:Amazonが在庫管理、商品発送、カスタマーサービスを代行)

もしAmazon FBAを使用する場合、追加の手続きが必要ですが、発送とカスタマーサービスの手間を省くことができます。

価格設定

出品する商品の価格を設定します。競合他社と比較して適正価格を設定することが重要です。Amazonでは特定の企業が商標権を取得している場合を除き複数のセラーが同一ページで商品を販売可能です。

その際の他のセラーの価格を基準に価格を改定する機能はAmazon自体に備わっています。仕入れ先や別の販売ページを基準に価格改訂を行うような場合は外部ツールの利用が必要になります。

在庫管理

在庫の管理も重要な設定の一つです。定期的に在庫状況をチェックし、不足することなく商品を供給できるようにしましょう。在庫が切れることで顧客が離れてしまうリスクがあります。

商品ページの最適化

商品の売上を最大化するためには、商品ページの最適化が欠かせません。以下のポイントに注意してください。

タイトルの最適化

商品のタイトルは検索結果に大きく影響を与えます。キーワードを適切に使用し、目を引くタイトルを付けることが重要です。また、タイトルは検索エンジン最適化(SEO)を意識して作成しましょう。

画像の品質

商品の画像は購買意欲に直結します。高解像度で明るく、商品の詳細がわかる画像を複数用意しましょう。また、各画像に異なるアングルからの商品写真を含めると、購入者に商品を詳細に伝えることができます。

説明文の作成

商品説明文は、購入者に商品の魅力を伝える重要な部分です。

以下のポイントに注意して作成しましょう。

  • 商品の特徴や利点を明確に記載
  • 具体的な使用例を含む
  • 適切なフォーマット(箇条書きなど)を使用して読みやすくする

マーケティングとプロモーション

Amazonでは様々なマーケティング・プロモーション手段が用意されています。効果的なプロモーションを活用して、売上を増やしましょう。

Amazon広告

Amazonには「スポンサープロダクト」や「スポンサーブランド」といった広告サービスがあります。これらの広告を利用することで、商品ページの訪問者を増やすことができます。

クーポンやセール

定期的にクーポンやセールを設定することで、購入者の関心を引くことができます。Amazonのプロモーションツールを活用し、適切なタイミングで割引や特典を提供することが効果的です。

レビュー管理

購入者のレビューは商品の信頼性を高める重要な要素です。積極的にレビューを依頼し、いただいたフィードバックをもとに商品やサービスの改善を行いましょう。

否定的なレビューがある場合は、迅速かつ適切な対応を心掛けましょう。

まとめ

Amazon出店は、準備からアカウント登録、そして商品ページの最適化まで多くのステップがあります。しかし、一度しっかりと設定を行い運営を開始すれば、大きな顧客層にリーチできる強力な販売チャネルとなります。

大口アカウントと小口アカウントの選択は自身のビジネスモデルに合わせて最適なものを選びましょう。また、初期設定や商品ページの最適化をしっかりと行い、効果的なマーケティングとプロモーションを実施することで、競争激しいAmazonの市場で成功を収めることができます。

大口アカウントと小口アカウントのメリット・デメリット

大口アカウントのメリット

Amazonの大口アカウントには様々なメリットがあります。まず、大口アカウントの最大の魅力は、多くの商品を無制限に出品できる点です。

月額料金が発生しますが、その分出品数に制限がないため、豊富な商品を取り揃えている店舗にとっては非常に魅力的です。

出品手数料の一部が無料

大口アカウントを使用することで、商品1つ1つに対してかかる出品手数料が無料になります。これにより、商品の価格設定に柔軟性を持たせることができ、利益率を高めることが可能です。

プロフェッショナルな販売ツールの利用

大口アカウントを持つと、売上の管理や分析をより効率的に行えるプロフェッショナルな販売ツールを利用できます。これにより、マーケティング戦略を立てやすくなり、販売促進に繋がります。

また外部ツールを利用する際にもAmazonのAPIが必要になることが多いですがAmazonのAPIは大口アカウントでないと利用することが出来ません。

広告ツールの利用

Amazonの広告ツールを使用することで、商品を効果的にプロモーションすることができます。これにより、顧客の目に留まりやすくなり、売上アップが期待できます。

大口アカウントのデメリット

月額料金がかかる

大口アカウントの最大のデメリットは、月額料金が発生する点です。

この費用は商品の売上が一定額に達しない場合、負担となります。特に、出品を始めたばかりで売上がまだ少ない店舗にとっては、月額料金が経費の一部として重くのしかかる可能性があります。

手数料が一律ではない

商品カテゴリーごとに手数料が異なるため、販売する商品の種類によっては高額な手数料がかかることがあります。これにより、利益率が思ったほど上がらない可能性があります。

小口アカウントのメリット

初期費用が少ない

小口アカウントの最大のメリットは、月額料金がかからない点です。初めてAmazonで出店する場合や、試しに少量の商品を出品してみたい場合、初期費用を抑えることができます。

コスト管理がしやすい

大口アカウントのように月額料金が発生しないため、コスト管理が非常にシンプルです。商品が売れた分だけ手数料がかかるので、売上がない月には手数料が発生しない点は、資金繰りが厳しい時にも安心です。

小口アカウントのデメリット

出品数に制限がある

小口アカウントでは、出品できる商品数に制限があります。このため、多くの商品を取り扱う店舗には適していません。また、売上が増えてくると、手数料がかさむため、大口アカウントに切り替える必要が出てきます。

手作業が増える

大口アカウントに比べて、小口アカウントでは自動化された販売ツールや広告ツールの利用が制限されているため、手作業が増えることがあります。これにより、効率的な運営が難しくなることがあります。

まとめ

以上のように、大口アカウントと小口アカウントにはそれぞれメリットとデメリットがあります。大口アカウントは、月額料金がかかる代わりに広範な機能を活用できるため、多くの商品を取り扱う店舗や売上が一定規模に達している店舗に適しています。

一方、小口アカウントは初期費用を抑えられるため、少量の商品から始めたい場合やリスクを最小限に抑えたい場合に適しています。

どちらのプランを選ぶかは、あなたのビジネスの規模や目的、予算に基づいて慎重に検討する必要があります。Amazonでの販売を成功させるためには、自分に最適なプランを選び、各種ツールや機能をフルに活用することが重要です。

最後に

Amazonでの出店登録手続きを以下の手順で行います。まず、事業情報(事業名、所在地、連絡先、銀行口座情報、法人番号など)と商品情報(商品名、説明、画像、カテゴリ、価格、在庫数)を準備します。次に、Amazonセラーセンターにアクセスし、ビジネス情報を入力し、アカウントタイプ(大口か小口)を選択、銀行口座情報を入力し、本人確認書類を提出します。

大口アカウントは月額利用料が固定で多機能ですが、手数料が発生します。
詳細手順完了後、Amazonからの確認メールに従って追加手続きを行います。

~月商1000万円以上を目指すための物販ビジネス講座~メーカー仕入れ編~

メーカー仕入れに関して輸入を中心に一般的な有料コンサルティング以上の内容に仕上げたメール講座です。
※本名の登録でない場合は配信を停止させていただく場合がございます。            
           

~月商1000万円以上を目指すための物販ビジネス講座~無在庫販売編~

無在庫販売に関してeBay輸出を中心に一般的な有料コンサルティング以上の内容に仕上げたメール講座です。
※本名の登録でない場合は配信を停止させていただく場合がございます。

~法人売却額2億円以上を目指すための物販ビジネス講座~OEM編~

OEM・ODM生産に関して一般的な有料コンサルティング以上の内容に仕上げたメール講座です。
※本名の登録でない場合は配信を停止させていただく場合がございます。