アパレルは儲からない?

アパレルは意外と儲からない
という意見をよく耳にしますが
実際のところは
どうなのでしょうか?

今回の記事では
アパレルのweb販売に
ついて掘り下げています。

関連した内容として
輸入ビジネスが儲からない
と言われていることについて
検証した記事があるので
そちらもよかったら
ご覧になってください。

アパレルとネット販売

ヤフーオークションなどで
アパレルを販売
している人は多いと思います。

手軽にできることから
主婦の方で挑戦
している方が多い印象です。

しかし昨今の
コモディティ化の波に飲まれ
赤字で在庫を
捌いている人も多いはず。

商売は自己責任なので
同情はしません、
よく考えなかった
自分が悪いだけです。

アパレルでも
稼いでいる人は稼いでいます。
まず確実に海外
ネットショップからは
仕入れていません。

僕はものによっては
現地メーカーから
4掛けで卸してもらっています。

ブランド名は明かせませんが
正規代理店になっているので
完全にライバルと差別化しています。

ここに至るまでに必要なのは
アパレルの知識ではなく
人脈形成です。

もちろん最低限の
アパレルの知識はあります。

小売販売価格で買ってしかも
並行輸入品として
扱わなければいけない人と
メーカー卸価格で買って
正規輸入品として扱える人、

どちらが有利かは明らかです。

薄利多売で事業規模を
大きくして稼ぐというやり方では
経営のノウハウを
きちんと持っていないと
利益を出せません。

個人が真似する
やり方ではないです。

個人で稼ぐなら
ニッチな商品を見つけて
安く買うために
最善の努力を尽くす必要があります。

アパレルとヤフオク・Amazon

アパレル商品をどこで
売っているかというと昔は
ヤフオクで売っていました。

しかし当時は外注化する
という方法を知らなかったので
ヤフオクは面倒になりやめてしまいます。

ちなみに中国のアパレルを扱っていました。
今はヨーロッパの
アパレルしか扱っていません。

ヤフオクをやめた後
アパレルは
しばらくネットショップだけで
販売していたのですが
少し前からAmazonでも
扱うようになりました。

Amazonはアパレル部門に
出品するには審査がいる
ということでやめていました。

当時は難しいことは
避ける傾向にあったからです。

しかし今では普通の人が
難しそうと考えるところは
人が集まらずチャンスだと
思っているので果敢に飛び込んでいます。

結果Amazonの

アパレル販売は大成功。

でも結局ヤフオクでも
売れたと思います。

販路の前に商材の時点で
勝負がついています。

ネットショップと違って
集客はAmazonが行ってくれるので
手数料を差し引いてもわりとお得。
(この辺はPPC広告との兼ね合い)

最近中国輸入が流行っていますが
仮に自分の商品がヒットしたところで
ライバルにまねされれば終わりです。

個人で月収100万円超えの
プレーヤーになるには
独自の仕入れルートは
必須と言っていいでしょう。

アパレルだと
海外メーカーの展示会はよく
国内でやっているのでそういう所にも
チャンスはあります。

難しそうと思って
尻込みしている人はそこまで、
ということで諦めてください。

展示会に行ったことがなければ
SNSでもなんでも活用して
アパレルの仕入れを
やっている人に同行してでも
勉強させてもらうべきです。

楽して稼ぐ方法なんてありません、
努力した結果楽になるだけです。

僕は展示会より直に
電話してアポ取る派なので
あまり詳しいことは言えません。

そしてアパレルが稼げるか
稼げないかで言ったら
これほど
利益率の高い商品ジャンルは
他にあまりないので
安く買い付ける限り
稼ぎやすい商品だと思います。

仕入れについては
ネットショップ仕入れの方法
について記載したリンク先の
ページも合わせて参考にしてください。

アパレルのAmazon販売

Amazonでアパレル商品を
販売することは
一般には難しいです。

理由は二つあり
ブランド商品でないと
売れづらいのと
アパレル商品は手数料が
高いためです。

Amazonのアパレル商品の
手数料は15%です。

有名ブランドとなると
よくても仕入れは
6掛け位になっていて
ネットの世界では
小売価格も8掛けか9掛けくらいに
なっているので
上から15%持って行かれたら
ほとんど残りません。

比較的有名なブランドでも
眼鏡やベルトなどは
4掛けくらいで
仕入れることができるものも
あるため商売が成立しますが
基本的にブランドアパレルの
Amazonでの販売は
厳しいと思ってください。

Amazonでアパレルを売って稼ぐことは不可能か?

ではAmazonで
アパレル商品を売って
利益を出し続けることが
不可能かというとそうではありません。

確かに集客は難しいですが
それはノーブランド商品の場合です。
地道にブランディングを続けていけば
Amazon内でも
新規ブランド売ることは出来ます。

そこで日本に上陸していない
ブランドを安く買って
日本で売ってもいいのですが
自分が頑張って
認知度を上げた頃に
他の人に参入されては
面白くないので
この手法を使うなら
独占販売契約を
結んでもらいましょう。

もしくはオリジナル商品を
作って販売するという手法が
Amazonのアパレル
ジャンルで稼ぐ上では鉄板です。

中国輸入でオリジナル商品を作る方法
の記事に詳しい生産の方法や
ブランディングの
方法をまとめているので
興味のある方はそちらも合わせて
ご覧になってください。

Facebook Comments
最近どんな記事が読者の方の役に立つか調査しているので少しでもこの記事が役に立ったと思っていただけたら以下のFacebookやはてぶなどのソーシャルシェアボタンで応援していただけると幸いです!


head

メルマガ登録特典

■毎月1名の方にAmazonギフト券5000円分
■毎月2名の方に統合型Amazonツール「アマトピア」
■物販ビジネスの指針を示す計100分の無料動画講座
■50万円の初期費用を貯めるための無料レポート

その他にもメルマガ内では
海外マーケティングの情報提供や
セミナーの告知などを不定期に行っています。

※これらの特典は【期間限定のプレゼント】となります。
早めにご登録ください。

or

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です