輸入ビジネスは儲からない?【タイプ別物販ビジネスの利益率・難易度等徹底比較】

輸入ビジネスは時に
儲からないと
言われることがありますが
あなたはそのような言葉を
聞いたことがありますか?

この記事では輸入ビジネスが
儲からないと言われる理由と
その真相について解き明かしています。

輸入ビジネスの種類

輸入ビジネスは
儲からない
言われることがありますが
そもそも輸入ビジネスにも
大きく分けて5種類の方法があります。

※ここでいう輸入ビジネスとは
Amazon輸入を示します。

欧米輸入(小売)、欧米輸入(卸)、
中国輸入(小売)、中国輸入(卸)
中国輸入(OEM・オリジナル)の5つです。

無在庫輸入は
小売に含んでいます。

東南アジアからの
輸入は中国輸入と
ほぼ変わらないので
中国輸入に含んでいます。

物販ビジネスの比較

せっかくなので
他の物販ビジネスも
同時に比較したいと思います。

国内せどり(小売)、
国内せどり(卸)、
Amazon輸出(小売)、
Amazon輸出(卸)、
これらを含めて9種類の
物販ビジネスを一挙に比較し
輸入ビジネスが儲からない
言われることがあることについて
検証したいと思います。

物販ビジネスの種類欧米輸入(小売)欧米輸入(卸)中国輸入(小売)中国輸入(卸)中国輸入(OEM・オリジナル)国内せどり(小売)国内せどり(卸)Amazon輸出(小売)Amazon輸出(卸)
キャッシュコンバージョンサイクル※1ヶ月1~2ヶ月1ヶ月1ヶ月2~3ヶ月2週間2週間3~4週間3~4週間
利益率5~15%15~25%10~20%25~35%30~45%10~20%15~25%10~20%20~30%
難易度easynormaleasynormalhardeasynormaleasyhard
競合
無在庫・予約販売
必要初期資金10万円~50万円~10万円~30万円~50万円~1万円~10万円~5万円~30万円~

上の図は横スクロールできます。

※キャッシュ
コンバーションサイクルとは
仕入れをしてから
入金があるまでの
平均的な期間のことです。

輸入ビジネスというと主に
欧米輸入のことを指すので
中国輸入と比べると
利益率があまり良くありません。

しかし
輸出ビジネスと比較した場合は
利益率は小売の場合も
卸の場合もほぼ変わりませんが
それでも消費税還付分を
考慮するとやはり
一般的には輸出ビジネスの方が
利益率は高くなります。

もちろん商材によりますので
その点はご注意ください。

またキャッシュ
コンバージョンサイクルを
比較した場合わずかですが
輸出ビジネスの方に分があります。

輸出の場合は
法人でないと卸が取りづらい
ケースも多いので
卸仕入れメインであれば
利益率は多少下がろうとも
輸入ビジネスの
メリットはありますが
輸入ビジネスが
稼げないというレベルの人は
ほとんどの場合
小売仕入れの方法しか
知らないため
その意味では輸入ビジネスが
稼げない、儲からないと
言われるのも納得できます。

輸入ビジネスで利益を出すためには

上記の考察により
輸入ビジネスで利益を出すためには
卸を取ることが必須であることが
分かるかと思います。

  1. 輸入卸を取る方法
  2. Amazon輸入の仕入れ交渉のコツ
  3. 輸入ビジネスの商材探しの方法

辺りの記事を読めば
輸入卸の取り方の基本は
抑えることができるので
ぜひ合わせて読んでみてください。

また今回の記事の考察はAmazonを
絡めた物販ビジネスの話で
他にもebay輸入やbuyma輸入、
ネットショップ販売、楽天販売、
Lineコマース販売など色々ありますが
利益率は販売チャネルの手数料と
広告費に依存しますので
必要に応じて考察してみてください。

輸入ビジネスだから稼げない、
輸出ビジネスだから稼げる、
なんてことはありません。

自分にあった方法を見つけて
継続して努力しましょう。

Facebook Comments
最近どんな記事が読者の方の役に立つか調査しているので少しでもこの記事が役に立ったと思っていただけたら以下のFacebookやはてぶなどのソーシャルシェアボタンで応援していただけると幸いです!


head

メルマガ登録特典

■毎月1名の方にAmazonギフト券5000円分
■毎月2名の方に統合型Amazonツール「アマトピア」
■物販ビジネスの指針を示す計100分の無料動画講座
■50万円の初期費用を貯めるための無料レポート

その他にもメルマガ内では
海外マーケティングの情報提供や
セミナーの告知などを不定期に行っています。

※これらの特典は【期間限定のプレゼント】となります。
早めにご登録ください。

or