Amazon輸入で起業するためのやり方を全公開

Amazon輸入起業

「Amazon輸入を始めたいけど
何から手を付ければいいの?」

「輸入ビジネスで起業・独立なんて
本当にできるの?」

という方のために今回の記事を
まとめました。

Amazon輸入ビジネスは
商品リサーチ・仕入れ・物流という
3大テーマに加え
資金繰り、ブランディング、集客、
広告運用などの細かいテーマを
学んでいく必要があります。

しかし初心者が
いきなり全ての勉強を同時に
やろうと思っても無理です。

そこで今まで人に教えてきた経験と
自分で学生時代から
起業している経験から
優先順位を付けることにしました。

商品を仕入れて売る場合と
オリジナル商品を売る場合で
学ぶべき順序が大きく異なるので
注意していください。

まずは商品を仕入れて売る場合です。

卸仕入れのAmazon輸入の場合

以下が学ぶべき
項目の優先順位です。

それぞれ解説して
いきたいと思います。

  1. 資金繰り
  2. 商品リサーチ
  3. 仕入れ
  4. 物流
  5. 税金関係

資金繰り

赤字を出さない、
お金を減らさないというのは
当然ですが投資で一番大切なことです。

まずは自分が目指す位置を
確認してください。

副業として数十万円稼げればいいのか、
社長として数百万円稼ぎたいのか、
あるいはその上の
ビジネスオーナーになりたいのか。

以下のページに目標別に持つべき
考え方をまとめています。

商品リサーチ

通常の商品リサーチ

すでに結果を出している人を
真似るのが一番確実なやり方です。

しかし多くの人が
勘違いしてしまいがちなのが
圧倒的な結果を出している人を
まねしてしまうということです。

Amazonの評価でいうと
1年で500以上の評価をもらっている人、
最初のうちは彼らを参考にしても
絶望するだけでしょう。

なぜなら彼らの商品は
海外のAmazonで見つからないか
見つかっても価格差を比べただけで
赤字になることがわかる商品だからです。

これは卸契約を取っているために
起こる現象です。

月の利益で10万円も出ていない人はまず
評価100以内の人を参考に
どんなツールでもいいので
リサーチ系のツールで
セラーIDをキーに商品を
調べましょう。

数十品に一品小売で買っても
利益が出る商品が見つかるはずです。

実は卸をせず直営だけの
メーカーも世の中には存在し
そういったメーカーが
売っている商品は
他のセラーも小売で買うしかないので
小売で買っても利益が出ます。

もちろんライバルはそのうち
増えること必至です。

小売で買っているうちは常に
リサーチを続けなくては
いけなくなります。

Amazon輸入の
商品リサーチについては
以下の記事に
詳しくまとめていますので
参考にしてください。

ツールを使わない場合のおすすめのリサーチ方法

画像検索を利用して
ASINが共通しない商品
(ツールで見つからない商品)を
検索する方法を
まとめています。

手動でツールで見つかる商品を
探すようなやり方をしていては
太刀打ちできないので
手動でやる場合は
必ず違った切り口で攻めましょう。

仕入れ

仕入れ交渉はまずは
自分でやるべきですが
1件でも自分で取ることができたら
そこからは外注さんに任せるべきです。

卸取得の成功率を上げる方法と
卸交渉の外注化のポイントを
まとめましたので
こちらもぜひ読んでください。

物流

Amazon輸入における物流とは
端的に仕入先から
AmazonFBAの倉庫まで
いかに安くそして早く送るか
と言い換えても問題ないと思います。

最初は代行会社でもいいのですが
やはり早い段階で
自分で契約を取りたいものです。

安い送料で送るには
すでに安い契約を持っている人の
アカウントを借りるか
上手いこと営業マンを丸め込む、
という方法の2通りがあります。

別にグレーな方法ではないのですが
ブログでは言えないので
懇親会などで聞いてください。

オリジナル販売のAmazon輸入の場合

  1. マーケティング
  2. ブランディング
  3. 集客
  4. Amazonスポンサープロダクト

マーケティング

卸仕入れの方は
才能もセンスも一切必要ありませんが
オリジナル販売の方は
力が求められます。

その力=マーケティング、
つまり考える力です。

マーケティングとは商品を売るための
あらゆる施策のことであり
一言で言い表すには恐れ多い位に
大切なことです。

いろいろなフレームワークがありますが
とりあえずこれだけは最低
学んでおきたいというのが
PDCAサイクルです。

PDCAサイクルは

  1. Plan(計画)
  2. Do(実行)
  3. Check(評価)
  4. Act(改善)

の4つの項目から
成り立っていて
他の小難しいマーケティング手法を
覚えなくてもこれを
徹底していれば
どうにかなる位優れています。

特にCheck(評価)の
部分が大切です。

数字で評価して
そのデータを用いて
意思決定をする、
そのようないい流れを作っていきましょう。

マーケティングについては
関連サイトの貿易大学の
記事にまとめています。

一朝一夕で学べることではなく
一生学ぶ必要がありますが
どんな仕事にも生きてくるので
ぜひ触りの部分だけでも
最初に身につけて
おくことをおすすめします。

ブランディング

ブランディングについて
語らせてもらえれば
5時間は語れるほど
一家言持っています。

しかし僕が語るより
コトラーやケラー辺りの書籍を
数冊読んであとは
アウトプットを繰り返したほうが
早いと思います。

人は何に価値を感じるのか、
という所を突き詰める上で
心理学系の本も
読んでおくと役にたつと思います。

全くブランド力がない状態の
いわゆるノーブランドの商品を
ブランド商品に育て上げて
販売できている人は
情報発信をしている人では
非常に少ないですが
物販実践者の中には結構います。

僕が普段交友関係を持っているセラーも
その界隈の人達です、
自分でブランドを育てるって
楽しいですからね、
お金稼ぎでやるなら他の
ビジネスやってます。

ブランドを育てるには
不断の努力とセンスが必要です、
才能がないと自覚しているのであれば
誰かアドバイザーを付けるか
あるいは通常の卸仕入れの
輸入ビジネスをやりましょう。

ブランディングについても
いつか単体でまとめたいと思います。

集客

集客に関しても
学ぶことが非常に多く
筆舌に尽くしがたいほどなのですが
Amazonに限って言えば
その集客法は1記事に
まとめることができる量であるため
まとめています。

Amazonスポンサープロダクト

Amazonスポンサープロダクトに
関する記事を読む前に
必ずマーケティングの記事を
読むようにしてください。

そうしないと効果が半減します。

web集客の基本は「キーワード」で
集客するということです。

以下のページでは適切な
キーワードの選び方に
焦点を当ててAmazon
スポンサープロダクトの
効果的な使い方を
解説しています。

税金関係

輸入ビジネスで
起業するにあたっても
そのルールを知らないと
思わぬところで損を
してしまう可能性があります。

そこで関税と確定申告に
関する勉強だけは
最初にしっかりと
勉強しておくことをお勧めします。

もちろん実践しないと見えてこない
部分もたくさんあると思うので
少しずつ行動に移しましょう。

Amazonのルール

Amazonで販売する以上は
そのルールを守った上で
戦う必要があります。

しかしルールを過剰に恐れて
踏み込むことができないと
大きく売り上げを伸ばすことが
できないのもまた事実です。

そこでAmazonに関して
特に重要なアカウントの
閉鎖についての
ルールだけはまずきちんと
押さえておきましょう。

Amazon輸入で起業するためのやり方まとめ

このページとそれぞれの
項目のリンク先で
Amazon輸入で起業する上で
何をするべきかは
理解していただけたかと思います。

商品リサーチ、物流、仕入れという
テーマを中心にバランス良く
書いたつもりですが
もしこのテーマについても
知りたいというものがありましたら
コメントに書いて
いただけると幸いです。

ネットで情報を得ているだけでは
分かりづらいかと思いますが
輸入ビジネスで起業して
上手くいっている人は
意外と多いです。

しかしそういった人たちでも
努力を続けないと
いずれ収入が萎んでいってしまいます。

勉強し続けましょう、
勉強し続ける限り
Amazon輸入は簡単なビジネスで
あり続けます。

また以下のページにも
輸入ビジネス初心者のための
記事をまとめていますので
時間がある方は
合わせてご覧になってみてください。

また今回の内容はあくまで
Amazon輸入ビジネスで
成功するための方法です。

この話には続きがあり
Amazon輸入ビジネスで
生活するには
継続して稼ぎ続けなければいけません。

そのため新たに
Amazon輸入ビジネスで起業して
成功し続ける方法
について
まとめましたので
そちらもぜひ読んでみてください。

最近どんな記事が読者の方の役に立つか調査しているので少しでもこの記事が役に立ったと思っていただけたら以下のFacebookやはてぶなどのソーシャルシェアボタンで応援していただけると幸いです!