アメリカの輸入代行業者・転送業者・配送業者の比較とおすすめ

以前Amazon輸入代行業者・転送業者・配送業者の比較一覧のページでいくつかのアメリカの輸入代行業者・転送業者・配送業者の料金を比較したのですがこの際徹底検証してみたくなったのでネット上で名前を見たことがある業者全ての料金を比較してその上でおすすめを決めてみたいと思います。

今回比較のために使うのは実際に過去に輸入したものと同じケースを想定して10kg、50kg、300kgです。

ダンボールのサイズは50cm,50cm,50cmの160サイズを想定しています。

条件が変われば一番安いところが変わる可能性もあるのであくまで参考価格としてご覧になってください。

アメリカの輸入代行業者・転送業者・発送業者の比較

USPS

日本でいう郵便局に当たるアメリカの配送業者です。

Priority Mail Express Internationalという日本でいうEMSの料金を載せています。

重量 10kg 50kg 300kg
商品代金 $1,200 $7,000 $54,000
個数 2個 120個 600個
送料 $165 $624 $3,744

Fedex

アメリカ→日本のクーリエサービスとしては最もメジャーな配送業者です。

毎年料金は改訂されるのであくまで参考価格として見てください。

ここではFedEx International Economyの料金を用いています。

重量 10kg 50kg 300kg
商品代金 $1,200 $7,000 $54,000
個数 2個 120個 600個
送料 $253 $576 $2879

UPS

アメリカに本社を構える配送業者です。

UPS Worldwide ExpeditedとUPS Worldwide Saverがありますがここでは安い方のUPS Worldwide Expeditedの価格を用いています。

重量 10kg 50kg 300kg
商品代金 $1,200 $7,000 $54,000
個数 2個 120個 600個
送料 $538 $894 $8208

Fedex同様個別で契約を取ればもっと安くなります。というより割引なしだと高すぎですね。

UPSは発送する日が近いと料金が高くなったり日本人には馴染みのない料金体系です。料金を知りたい場合はシミュレーターを使って実際に見積もりをしてみてください。

MyUS

アメリカからの輸入ビジネスに取り組んでいる人で代行会社を使っている人の半数近くが使っていると思われる代行業者です。

MyUSはFedexやUPSなどいくつかの配送業者を使い分けて送っていますがここでは他の代行業者と比較のためFedex Economyの料金を掲載しています。

重量 10kg 50kg 300kg
商品代金 $1,200 $7,000 $54,000
個数 2個 120個 600個
送料 $132 $402 $2,271

AmericanExpressのカードを持っていると30%引きになるのでMyUSを使う場合は必ず用意するようにしましょう。

VISA、JCBでも20%OFFになります。

Boxinus

アメリカで有名な物流サービスです。

低めの重量ではMYUSよりも安い優れたサービスです。

実際の配送業者としてはDHLとTNTを使っているようです。

重量 10kg 50kg 300kg
商品代金 $1,200 $7,000 $54,000
個数 2個 120個 600個
送料 $120 $231 $3,988

PLANET EXPRESS

FedexとDHL、USPSを使い分けて送っているアメリカの転送会社です。

重量 10kg 50kg 300kg
商品代金 $1,200 $7,000 $54,000
個数 2個 120個 600個
送料 $112 $278

残念ながらシミュレーターで300kgの時を計算できませんでしたが一番安いということはなさそうです。

VIABOX

MYUSをライバルに掲げるアメリカの転送会社です。

日本ではあまり知られていませんがアメリカの友人に教えてもらいました。

料金は確かに安いですがサイトで料金シミュレーターを使ってみると10kg,50kg,300kg全てでMyUSの方が安いという結果に。

重量 10kg 50kg 300kg
商品代金 $1,200 $7,000 $54,000
個数 2個 120個 600個
送料 $158 $486 $5,949

しかしUSPSなどよりは確実に安いです。

スピアネット

個人輸入ではおすすめできる非常に使いやすいサイト。

無料会員登録をすると転送先の住所が与えられ、すぐにその住所宛に商品を注文可能です。

事前に届く商品情報をWeb上で入力し商品が届くとWebの画面から転送依頼をかけられるようになります。

スピアネットの配送方法は宅配と郵便局の2種類がありますがここでは安い宅配の場合だけを載せておきます。

重量 10kg 50kg 300kg
商品代金 $1,200 $7,000 $54,000
個数 2個 120個 600個
送料 $90 $1,038 $5,400

※1箱の同梱数が55個までだったので複数回に分けて見積もりをして足し合わせています。

AshMart

AshMartでは重量ではなく商品代金により料金が決まります。

一番お得になるビジネスプランに基づいて料金を計算しました。

重量 10kg 50kg 300kg
商品代金 $1,200 $7,000 $54,000
個数 2個 120個 600個
送料 $187 $668 $3,944

US-BUYER.com

日系のアメリカ転送業者の一つです。

EMSとFedexを使いわけているようなので重量ごとに安い方の料金を採用しました。

重量 10kg 50kg 300kg
商品代金 $1,200 $7,000 $54,000
個数 2個 120個 600個
送料 $211 $643 $3,224

輸入com

日系の企業の中では群を抜いて安いです。

重量 10kg 50kg 300kg
商品代金 $1,200 $7,000 $54,000
個数 2個 120個 600個
送料 $143 $581 $2,849

HPに備え付けの料金シミュレーターは実重量計算のものでしたが実際は実重量と容積重量の大きい方を使って計算する、とのことでしたのでそれに基づいて計算しています。

他の代行会社でもこの辺りをきちんとしないと想定していたより送料が高い、という事態になってしまうので注意してください。輸入comのシミュレーターは容積重量計算に対応していなかったので容積重量を割り出して実重量と比較して計算しています。

グッピング

重量 10kg 50kg 300kg
商品代金 $1,200 $7,000 $54,000
個数 2個 120個 600個
送料 $225 $928 $6,970

転送手数料とは別に10%の購買手数料がかかるので今回の条件では非常に高額な料金となってしまいました。

その他1箱辺り500円梱包代がかかる、同梱商品6点目から1商品につき100円かかるなど細かいルールが色々とあったのですが上位争いに食い込んでくる様子もなかったのと煩雑だったためそれらは計算に含んでいません。

ビジネス向けとは言えないですね、アメリカの本を一冊買いたいなどという場合にはいいのかもしれません。

アメリカの輸入代行業者・転送業者・配送業者のおすすめ

10kgではスピアネット、
50kgではBoxinus、
300kgではMyUS

が一番安いという結果になりました。

ちなみに100kgではBoxinusが$475、MyUSが$758、200kgではBoxinusが$947、MyUSは$1513でした。

割引なしの状態で逆転する重量を探したところ228kgからはMYUSの方が安くなるということがわかりました。(MYUSは支払い方法によって最大30%の割引があります。)

これは会社によってクーリエに安くしてもらっているボリュームゾーンが異なるために起こります。

MYUSはより扱う重量の多い顧客を多く抱えているのでしょう。

というわけで輸入ビジネスで使うならアメリカ資本の会社が圧倒的ににおすすめという結果になりました。

日本語で作られた代行会社のWebサイトは日本人だけしかターゲットにしていないのでどうしても物流量が少なくなりますし当然の結果とも言えます。

というわけで他の国の場合も現地の言葉で検索した方がいい代行会社が見つかるので試してみてください。

コメント

コメント

最近どんな記事が読者の方の役に立つか調査しているので少しでもこの記事が役に立ったと思っていただけたら以下のFacebookやはてぶなどのソーシャルシェアボタンで応援していただけると幸いです!

~Amazon輸入編~

まだ学生だったあの頃からどのように輸入ビジネスで成功しその後も結果を出し続けてきたのかをメルマガにまとめました。他の方法もあると思いますが僕は最短ルートしか知りません。再現性の高い方法でぜひ自由をつかんでください。
は必須項目です
  • メールアドレス
  • お名前(姓名)
  • 姓と名はスペースで区切ってください