Amazon輸入(欧米輸入)転売の商品リサーチ方法

商品リサーチ

輸入転売が成功するかどうかは商品の選定で決まると言われています。

ではライバルがうずめく輸入転売業界でどのような商品リサーチを行えばいいでしょうか?

この記事ではこれから輸入ビジネスを初めて利益を出したい人向けのリサーチ方法をまとめています。

仕入れ先

安く仕入れるためには卸やメーカーから仕入れる必要があるので中級者以上は輸入ビジネスの卸仕入れの方法の記事を読んでください。

この記事では初心者の人を想定しているので海外のAmazonやネットショップから仕入れる小売仕入れの方法を解説します。

まず大前提として日本のAmazonに正規品のページがある場合海外の小売りから商品を仕入れて同じ商品ページで販売することは出来ません。必ず並行輸入品のページに出す必要があります。

それを踏まえた上で次に進みます。

欧米輸入ビジネスのリサーチの方法

最初に参入するカテゴリをおおまかに決めましょう。

欧米輸入の場合カテゴリは

  • ホーム&キッチン
  • DIY・工具・ガーデン
  • カー・バイク用品
  • おもちゃ
  • ホビー
  • スポーツ
  • アウトドア

がおすすめです。もちろんそれ以外でも大丈夫ですが選択肢が広すぎると何も行動できなくなってしまうので最初はこれらのカテゴリから攻めていきましょう。

そして欧米輸入の基本として相乗り出品を行っていきます。

Amazon輸入商品リサーチのやり方は以前は無料ツールを使う方法と有料ツールを使う方法が存在しましたが現在は無料ツールを使うやり方は存在しません。

以前はAmazonのPAAPIという無料のAPIを利用したリサーチツールが存在しましたがAmazonの規制によりそれらが使えなくなったためです。

以前は無料ツールを使って日本のAmazonと海外のAmazonの価格差を調べることが無料で出来たのですが現在は出来ません。そのためもしやろうと思うとASINを一つずつ日本と海外Amazonで手動で検索して商品価格を調べなくてはいけません。

しかしそれだけでは販売数や月間の売上などは分からないのでそれらが分かる有料ツールを使っているセラーと比べると徒歩と車で競争しているような状態なので欧米輸入をやろうと思ったら現在は有料ツールの利用は必須だと考えてください。

有料ツールを使った商品リサーチの方法

私が実際に行っている方法を紹介します。

用意するのものは

  1. ASINFetcher Amazon ASIN Grabber Tool
  2. アマトピア商品リサーチ機能

です。

ASIN Fetcher Amazon ASIN Grabber Tool

Amazonの画面から商品コードであるASINリストやセラーIDを抜き出してくれるツールです。ASINを抜き出す系のツールであれば何でも大丈夫ですがセラーIDまで表示してくれるものは少ないのでおすすめです。

アマトピア商品リサーチ機能

前段で入手したASINリストまたはセラーIDを使ってリサーチを行います。リサーチ後は売上や利益率、販売数で絞り込みを行います。

初心者の人がいきなり稼いでいる人を真似しても失敗するので

  1. 1ヶ月予想売上10万円以上100万円以下
  2. 利益率10%以上
  3. 3辺の合計180cm以下
  4. セラー数2人以上

のものを扱いましょう。

予想売上は実際の売上をカート権利取得者数+1で割った値となっています。

1ヶ月の売上が200万円の商品ページにセラーが4人いたら自分が出品すれば5人になるのでカートを取得する確率が等しいと仮定すると

200万÷(4+1)=40万円

稼げるという仮定の元商品を仕入れることになります。

ちなみにこのカート権利取得者数はAmazonの定義とは異なります。Amazonの定義では1%でもカートを取る可能性があるセラーの人数がカート権利取得者数となっていますがアマトピアではカート価格5%以内のFBAセラーで定義しています。

また新規アカウントで相乗り出品を行っても最初はなかなかカートを取得できないので最初のうちは計算した値の半分~1/3の量仕入れるなどで在庫リスクを抑えていきましょう。

販売数や売上まで出せるツールは私の知る限り他にないので初心者の方は特に活用しやすいかと思います。

狙い目の商品

小売り仕入れであることを前提とすると

  1. 海外限定品
  2. 小売り限定品(例えば海外のディズニーストアのグッズ)
  3. 海外販売既製品(1人2個までなど)

の商品が利益を出しやすいです。

しかし月30万円程度までであれば小売仕入れでも稼げますが不安定になるため輸入ビジネスで利益が出ることが分かったタイミングで早めに卸・メーカー仕入れへと移行していきましょう。

Amazon輸入転売リサーチ方法のまとめ

  1. 利益額、利益率、売上、販売数を計算
  2. 仕入れ先はメーカー>卸>小売で最初は小売でもOK

Amazon輸入において商品リサーチは一部分に過ぎません。

また商品リサーチの力を身につける上で実際にどのような商品を扱えば利益が出るか事前に勘を養っておくことは重要です。

輸入ビジネスで儲かる商品の特徴と実際の例を参考に自分の商品リサーチの方法が間違っていないか確かめつつ進みましょう。

~卸・メーカー仕入れ講座~

2021年に最新版にリニューアルした無料の卸・メーカー仕入れ講座です。独占契約を含む卸・メーカー仕入れの方法を全13回にまとめています。輸入の内容ですが輸出にも応用可能です。一般的な有料コンサルティング以上の内容に仕上げているので活用してください。 登録特典としてAmazonベストセラー1位を獲得したAmazon輸入解体新書をプレゼントしています
は必須項目です
  • メールアドレス
  • お名前(姓名)
  • 姓と名はスペースで区切ってください