Amazon輸入転売の商品リサーチ方法

商品リサーチ
Shuhei
Shuhei

東京大学在学時に始めて半年で会社設立をして1年で事業売却に成功した輸出入ビジネスの方法をメール講座で無料でお伝えしています。

 
➡︎たった1年で輸入ビジネスで起業・事業売却した方法はこちら


輸入転売の8割は商品の選定で決まると言われています。

ではライバルがうずめく輸入転売業界でどのような商品リサーチを行えばいいでしょうか?

輸入ビジネスのリサーチで押さえるべきポイント

Amazon輸入商品リサーチのやり方は大きく分けると頭を使うか身体を使うかの2択しかないです。

最初は身体を使いローラー作戦で行くしかないでしょう。
誰もが通る道です。

オススメしている日本のAmazonFBAで売るとして素人の考え方はこうです。

Amazonの販売価格-販売手数料-Amazonまでの送料-海外価格-国際送料-消費税・関税 > 3000円なら輸入。

別に3000の部分は5000でも10000でもいいのですがこれではお遊び程度にしか稼げません。

輸入ビジネスを始めとしたネットビジネスの大切な考え方として「投資」があげられます。

一つ売れば3000円儲かる、これではお金は増えてくれません。

一つ売れば3000円儲かる、先月は10個売れていた。

ここまで調べてようやく半分。

僕が資本金50万円から始めて6カ月時点で月収100万円を超えた時このような考え方はしていませんでした。

今手元にあるお金を来月いくらまで増やせるのか、それだけに焦点を当てていました。

1個売って3000円の利益が出ようが諸経費全部込みで30000円かかって33000円で売り利益3000円なのと
諸経費全部込みで2000円かかって5000円で売り抜くのとでは全然話が違います。

でも輸入転売を始めるほとんどの人がこの考え方が出来ていません。
利益が出れば満足してしまいます。

仮に1つ売って10万円の利益が出ても月に1個しか売れないならそれは無在庫販売の戦略を考えるべきですし100万円使って10万円しか利益が出ないならその商品は扱うべきではないのです。

利益÷諸経費(投資額)×100>30%

これが勝利の方程式です。
この値をROIと呼びます。

これに当てはまらない商品の輸入はやめましょう。
あとは月に最低5個は売れているものを狙います。

売れ行きを調べるサイトはモノレートがおすすめです。

p

上下が交互に繰り返される場合15個売れているところまでは判別できますが問題は828位→827位のように微妙にランキングが上昇した場合です。

Amazonのランキングは累計の売り上げで決まるのではなく直前にどれだけ売れたかとその前のランキングの重み付けによって決まってきます。

そのため827位→826位となっていても実は商品が売れていないケースも考えられるのです。

※ランキングが大きく上昇した場合はカウントして問題ありません。

そのため30日あれば30個までは売れた数がカウントできそうですがそれは毎日大きくランキングが上昇した場合だけで現実的には20個位までしか調べることができません。

※20個以上売れている商品に関してはモノレートなどを使うよりもAmazonの在庫数を調べる方法かそれに準じたツールを使って判断する方法を推奨しています

もしくはAmazon内の特定のカテゴリ、特定のランキングだと月に何個売れるというデータを集め大体で予測する方法も使えます。

例えば家電・カメラで1000位だからこの商品は月300個は売れているな、と判断する方法です。

ただしこの方法は事前にデータ収集が必要になるので初心者の方には向いていません。

仕入れ数は基本的にモノレートで利益計算に関しては手動でやるとしてもエクセルで計算式でも作って海外の価格と日本の価格を入力したら利益率が出るようにするくらいはちょっと頑張れば誰でもできるはずです。
ランキングの収集もお忘れなく。

他にも細かいポイントを挙げればキリがないのですがこれだけ守っておけばとりあえず大丈夫です。

他の記事でも書いていますがメーカーや卸問屋と交渉して利益率を挙げることが物販ビジネスでは大切になってきます。

ライバルが大勢いて仕入れの値段が2000円の服があったとしたらだいたい日本で3000円で売らないと赤字になりますよね。

しかし売れる商品なら最初5000円でも利益が出ます。

利益が出ると誰かがマネを始めます。

マネする人が増えると価格競争が起きていずれ3000円に近しい価格になります。

これを最初から1000円で買っていたら1人勝ちできると思いませんか?

他者との差別化は大事です。
複雑なこと、難しいことは歓迎しましょう。

複雑に見えたり難しく見えることは人はやりません。

僕は中国の工場から直接商品輸入したり日本のメーカーと契約したり今では販路がかなり増えました。

さらなる差別化を図る為にこれからはヨーロッパを軸にロシアや東南アジアも積極的に狙う予定です。

何か遠い世界の話だなーとか思ってはいけません。
あなたがこれからやるのです。

月10万円お小遣いが欲しければブックオフやハードオフでせどりでもしてればいいでしょう。

物販ビジネスを本業にしている以上僕は100万円を狙っていくやり方しかむしろ分かりません。

ちなみに利益率が良ければ卸やメーカーからだけでなく小売りからも全然買ってます。

小売から安く買う方法はこちらの記事にまとめています。

合わせて参考にしてください。

商品リサーチのやり方と利益率

回転率と利益率を計算する重要性についてはここまでの話で分かったと思いますが物販ビジネスのファーストステージでの成功は商品リサーチで決まります。

ここまでの話では利益が10000円出るという理由だけで輸入しようと思ってはいけないということでした。

どのくらい売れているか分からなければ在庫を抱える恐れがあるからです。

では利益が10000円出てAmazonで月に10個売れている商品。

これあなたなら輸入しますか?

まだ判断材料が足りません。

でもこれだけで判断してる人が多いのが現状です。

月に10000円利益が出ても仕入れに30000円掛かり40000円で売るのと10000円で買って20000円で売るのどちらも利益は10000円ですが(仕入れには送料・関税等含む)

前者は利益率10000÷30000×100≒33%の商品

後者は利益率10000÷10000×100=100%の商品

全然違います。

扱うなら当然後者にすべきでしょう。
これは基本的には地道に調べるしかありません。

日本のAmazonと海外のAmazonを開いてエクセルなどに通貨レートを記入して計算しましょう。

money

ちなみに僕は利益率15%超えでGoサインを出しています。

利益率100%のような商品はまず見つかりません、リサーチしていれば1000個に1個くらいあります。

利益率について見てきましたがこの段階でもまだ品を仕入れてはいけません。

重要なことを忘れています。
ライバルの存在です。

ライバルを意識する

FBA出品を行っている場合はFBAセラーが無在庫出品を無在庫セラーとFBAセラーがライバルです。

amibo

上の図では全体の出品者が59人いますが以下のような出品者はカウントしないでください。

カート価格から10%以上価格が離れているセラーはライバルではない

highcost

価格改定をしっかりとしていないライバルはライバルにならないので出品者数にカウントしません。

中古品セラーはライバルではない

old

中古品を売っているセラーもカウントしてはいけません。

ただしゲームのような商品の場合(中身が重要な商品)の場合は新商品のライバルとして中古品のセラーを考慮に入れる必要が出てきます。

無在庫セラーはライバルではない

nostock

FBA出品の場合無在庫セラーの価格に合わせる必要性はありません。

FBA出品の場合は月の販売数が10とわかってライバル出品者数が4人だとしたらそこに自分自身を示す1という数字を足して4+1で割るようにしましょう。

10÷(4+1)=2 です。

よって仕入数は2。

厳密に言うとセラー数は変動するので新規商品や流行商品の場合この方法で計算すると過剰在庫になってしまう可能性もあります。

ライバルが過剰に在庫を持っている場合もこの計算は使えません。

厳密に仕入数を特定するには実際の販売実績のデータが必要になってくるので新規商品や流行商品を扱う場合は最初は計算よりも少なく仕入れるようにしましょう。

以上の内容を踏まえた上で作業を短縮・効率化したい人は何らかのAmazon輸入ツールの使用を検討してください。

Amazon輸入リサーチツールのおすすめについてはリンク先にまとめています。

コンピュータにできることはコンピュータに任せてしまうべきです。

コンピュータにできない部分を人力で頑張りましょう。

ツールは使ってはいけない?

Amazon輸入で利益の出る商品を見つけるためにはツールを使いましょう、と言っている人がいますがそれだけで利益が出るなら苦労はしません。

一般的なAmazon輸入ツールで見つかる商品というのはASINコードと呼ばれるAmazon特有のコードで日本と海外の商品がつながっている商品です。

これまでのAmazon輸入リサーリツールには致命的な欠陥があります。

それがAmazon同士の価格を比べているという所です。

これだけAmazon輸入ビジネスというものが有名になった今工夫しないと簡単にライバルが増えて価格競争になってしまいます。

ではどうすればいいのでしょうか?

解決策は4つあります。

  1. 新着商品、予約商品を狙って売り切る
  2. Amazon以外から仕入れる
  3. ASINが繋がっていない商品を扱う
  4. ASINが繋がっていても販売にカテゴリ規制や法律が関わる商品を扱う

一つ目はライバルが増える前に売り切る作戦です。

予約商品に関しては国内仕入れで売るせどり的な手法もあります。

ツールを活用するとき予約出品であることや発売日が新しいことが判別できるツールであれば仕入れと物流の仕組みさえ抑えればルーティンになります。

Amazon以外の仕入先としてはebayや海外ネットショップはもちろんメーカや卸から仕入れる手法で僕が推奨しているのは卸が取れることを前提に利益計算をする方法です。

始めたばかりでは難しいのでネットショップ仕入れをおすすめします。

参照:個人輸入で商品を安く買えるサイトまとめ

これからますます起業や副業としての輸入ビジネスが流行ってきます。

卸が取れないとその波に飲まれてしまうことになります。

そこで卸が取れることを前提とした利益計算を小売の利益計算とは別に行いその上で卸で利益が出るものに対しては外注の方にまとめて交渉を任せていく仕組みを作る必要が出てきます。

またツールで日本と海外の商品データが取れないものに対してはライバルが参入しづらいのでさらに有効になります。

この考えを応用すればAmazon輸入で卸仕入れをしているセラーのセラーIDから商品を抽出するとASINで繋がっていない商品が何個か出てくるでしょう。

しかし扱っている限り必ずどこかから商品を仕入れているわけです。

ここに注目して卸交渉をかけていくことと新たな卸が取りやすくなります。

ASINが繋がっていて小売で利益が出るような商品はその時点では利益が出てもライバルの増加ですぐに利益が出なくなるのでカテゴリ規制や輸入時・販売時に法律が関わる商品を法律の問題をクリアして販売するのが成功への近道となります。

ここまで出来れば中級者を卒業して上級者の仲間入りができます。

Amazon輸入リサーチの具体的な手順

理屈的にあれこれ書いてきましたが結局どうすればいいの?と手が進まない人もいると思うので輸入リサーチの流れを
いくつか書きたいと思います。

正解は一つではないのでいくつか方法がありますが自分に合った方法を取り入れてみてください。

小売仕入れ(単純な転売)

  1. セラー評価が自分より+50以内のセラーを参考に商品情報抽出
  2. ランキングは大カテゴリ10000~100000位以内推奨
  3. 海外Amazon仕入れ→日本Amazon仕入れは薄利(特にアメリカ仕入れは薄利)なので別のショップサイト仕入れを検討
  4. 販売数をモノレートのようなサイトでチェックする。
  5. 利益率10%以上、回転率>1/月のものを扱うようにする
  6. 小売仕入れは値崩れしやすいので理論値より7割程少なく仕入れる
  7. 相乗り出品で集客は販売ページの強さに任せる

卸仕入れ

  1. セラー評価が自分より+50以内のセラーを参考に商品情報抽出
  2. ランキングは大カテゴリ10000位以内推奨
  3. 卸掛け率を8掛け程度に設定し計算
  4. 小売で赤字、卸価格で利益が出るものに絞って交渉
  5. 販売数はツールで調べる(ランキング上位は販売数が多くランキングの変化だけでは分からないため)
  6. 実際の卸価格で採算性を確認
  7. 利益率10%以上、回転率>1/月のものを扱うようにする
  8. 相乗り出品で集客は販売ページの強さに任せる

独占契約

  1. 展示会に行く
  2. Amazonなどでの需要を調べる(ランキングから概算)
  3. 販売ノルマと競合、キャッシュフローの兼ね合いなどで取り扱い決定
  4. 集客はSEO対策と広告施策

OEM・オリジナル販売

  1. 参考商品を決める
  2. 参考商品の需要、集客状況を調べる
  3. レビュー等から改善点を模索し新商品に反映
  4. SEO対策と広告施策でブーストをかけ販売していく
  5. ネットショップなどの独自モールも並行してブランディングを推し進める

Amazon輸入転売リサーチ方法のまとめ

  1. 利益率と回転率を計算する
  2. ライバルが見つけづらい商品にこそ価値がある
  3. ツールを使えばいいというわけではない
  4. 卸前提の利益計算をする

Amazon輸入において商品リサーチは一部分に過ぎません。

また商品リサーチの力を身につける上で実際にどのような商品を扱えば利益が出るか事前に勘を養っておくことは重要です。

輸入ビジネスで儲かる商品の特徴と実際の例を参考に自分の商品リサーチの方法が間違っていないか確かめつつ進みましょう。

コメント

コメント

~Amazon輸入編~

まだ学生だったあの頃からどのように輸入ビジネスで成功しその後も結果を出し続けてきたのかをメルマガにまとめました。他の方法もあると思いますが僕は最短ルートしか知りません。再現性の高い方法でぜひ自由をつかんでください。 登録特典として輸出入ビジネスの失敗例100選の資料をプレゼントしています。
は必須項目です
  • メールアドレス
  • お名前(姓名)
  • 姓と名はスペースで区切ってください