Amazon輸入ビジネスの資金集めの方法

資金集め
Shuhei
Shuhei

東京大学在学時に始めて半年で会社設立をして1年で事業売却に成功した輸出入ビジネスの方法をメール講座で無料でお伝えしています。
➡︎たった1年で輸入ビジネスで起業・事業売却した方法はこちら


Amazon輸入ビジネスを行うには資本金がどうしても必要になります。

その性質から資本金なんてないしアフィリエイトに行く人も多いですが正直どちらも経験している立場として言えるのはアフィリエイトの方が難しいということです。

なおWebに強く人と話したりするのが苦手という場合はアフィリエイトの方が向いていますので輸入ビジネスよりもそちらを頑張った方がいいと思います。

そういうわけでこの記事では輸入ビジネスの資本金集めに焦点を当てます。

資本金が少なくても出来る無在庫輸入も流行っていますがそれだってカード枠がある程度必要になるので社会的信用のある人でないといいカードは作れず運転資金はストップしてしまいます。

結局ある程度のまとまったお金は必要です。

では一体どれくらい必要かというと100万円は欲しいところです。

僕は学生の時に100万円を貯めて輸入ビジネスを始めていますが一体どのようにして貯めたのか解説していきたいと思います。

不用品を売る

gomiyama

家にある不用品を売れば意外と30万円くらいは行きます。

今だとメルカリで売りましょう。

僕はギターやギターのエフェクターを大量に持っていたのですがしばらくは我慢と思い売りました。

しかも趣味が高じてエフェクターを作ってヤフオクで売って稼いでいた時もありました。

材料費は確か1500円くらいで5000円で売っていましたがそれが将来に繋がっている気がしなかったので3ヶ月くらいでやめました。

本気でお金を貯めたいならプライドを捨ててジモティーで無料で引き取ってメルカリで売るくらいしてもいいと思います。

アルバイトをする

parttime

結局ある程度資本金がたまるまではバイトでもして貯めた方が効率が良くなります。

頭を使う仕事よりも体を使う仕事の方がいいです。

アルバイトとしては失格だと思いますが僕は学生時代飲食店の店員をしながら頭の中ではどう起業しようか、何で起業しようか、ということを考えていました。

頭を使う仕事の方が肉体労働より楽に見えますがそれは短期的に見た場合で頭を使う仕事だとそれで頭の中がいっぱいになって起業のことなど考えられません。

僕は今無一文になったら
また肉体労働しながら
逆転のチャンスを虎視眈々と狙うでしょう。

普通は単純なバイトは
敬遠されがちですが
色々なバイトをするよりも
一つのバイトをルーティンにして
頭の中では将来の設計図を描くやり方をおすすめします。

なおこのやり方は
はたから見ると
ぼーっとしているように思われるので
店長や上司には怒られることもあるでしょう。

しかし何かを得るには何かを犠牲にしなければなりません。

僕はバイトの充実感や
バイト内での頑張りによる
給与アップなどは犠牲にして将来の成功を自分に誓いました。

セルフキャッシュバックを行う

cashback

ハピタスなどの
キャッシュバックサイト経由で
クレジットカードの発行や
FX口座の開設を行うことでキャッシュバックを得る方法です・

この方法で
30万円ほど貯めた経験がありますが
注意が必要で
クレジットカードは無駄に発行すると
将来いいカードを
作ろうと思った時に審査に悪い影響を
及ぼす可能性があるので
(作って1年以内に
解約すれば問題ありませんが)
今やるならFX口座や証券口座の開設だけにした方がいいと思います。

公的機関に借りる

bank

ビジネス以外の借金というのは基本的にいいものでないと思いますが僕は日本学生支援機構に借りていたお金が助けになりました。

もちろん学業も頑張っていたので学生としての本文は果たしていましたがこれがなかったら起業出来ていなかったんじゃないかな、と思います。

ただしキャッシングや無理にローンをしてまで資本金を貯めて特に塾やコンサルを受けるのはやめましょう。

そういうのは基本的にある程度自分でやったことがある人が受けるもので借金してまで情報を手に入れようとする思考の人だとまず成功できません。

考えてもみてください、物販ビジネスはどうしても資本金が必要になるビジネスでした。

高いお金を払って資本金がなくなってしまえばまたそのお金を稼ぐために途方もない時間がかかります。

自分である程度利益が出せているかあるいは初心者でも本業でしっかりした収益がある、または貯金や確かなお金の当てが
ある場合以外物販は最終的には投資ビジネスになります。

投資で一番大切なのはお金を増やすことではなく減らさないこと。

情報を得るために一時的に減る分には問題ありませんが減ったまま再起しない高額塾犠牲者を何人も見ています。

僕は時間もなくお金もないけどカード枠などでどうにかコンサル費用を払えるので教えてください、と言う方に今まで何人もお会いしてきましたが全て断っています。

しかしそういう人の何割かが結局中身のない高額塾に行ってしまうことを考えると心苦しいところもありますが結局は誰しも自分で物事を判断する必要がありその結果は自己責任なので同情はしません。

Amazon輸入ビジネスの資金集めまとめ

当記事では輸入ビジネスを始めるのにまずあらゆる手段を用いて100万円を貯めようという趣旨の話を書きました。

途中で少し触れたようにそれでも資本金はある程度必要になってしまいますが無在庫輸入を行うという方法もあるので資金が少ないからといって諦めないようにしましょう。

また100万円貯めたとして当然一回の仕入れで使うわけにも行かないので

    1. 初回10万円で自分のリサーチの妥当性を検証、利益はトントンでいい
    2. 仕入れを30万円に増やす、利益は5万円を目標
    3. 再び仕入れを30万円で行う、利益は10万円を目標

(キャッシュフローの重要性がこの辺りで分かる)

  1. 仕入れを50万円程度、利益は20万円を目標
  2. 実績をベースに事業計画書を作り借り入れを行い運転資金を増やす

このような流れになっていくと思います。

また資金が少ない状態から成功したいのであれば無在庫販売がおすすめです。

Amazon輸入無在庫販売の方法のページなどが参考になると思いますのでご覧になってみてください。

コメント

コメント

~Amazon輸入編~

まだ学生だったあの頃からどのように輸入ビジネスで成功しその後も結果を出し続けてきたのかをメルマガにまとめました。他の方法もあると思いますが僕は最短ルートしか知りません。再現性の高い方法でぜひ自由をつかんでください。 登録特典として輸出入ビジネスの失敗例100選の資料をプレゼントしています。
は必須項目です
  • メールアドレス
  • お名前(姓名)
  • 姓と名はスペースで区切ってください