中国輸入は飽和した?【相乗り出品からの脱却】

中国輸入の向こう側

物販ビジネスはとかく
飽和した飽和した、と
言われやすいビジネスです。

特に中国輸入ビジネスは
ノーブランド商品の商品ページに
相乗り出品するのが
主流の時代があり
その時に稼げない人が増えました。

では現在の中国輸入の飽和状況はどうでしょうか?

中国輸入のブルーオーシャンと飽和

ブルーオーシャン

現在は相乗り出品は
完全に飽和してしまっているように思えますが
実は撤退した人が多く
相乗り出品でもそれほど飽和していません。
(とは言え相乗り出品はやらないほうがいです)

相乗り出品をしていいのは
非常にニッチな商品を扱っているか
あるいは卸やメーカーか
買っているか、あるいは
出品において何かしらの
規制が関わる時だけです。

初心者であればあるほど
なぜか簡単な方法を求めがちですが
難しい方法を勉強して
攻略した方が絶対簡単です。

商品リサーチをして
利益が出ると分かったけど
電波法に引っかかる商品、
食品衛生法に引っかかる商品、
このような商品僕だったら大歓迎です。

実際中国輸入の相乗り出品が
苦しくなっていくのを見越して
僕が初心者の頃から実際に
実行してきたのは下の3つです。

  1. 出品審査や法律が関わるジャンルをあえて選ぶ
  2. 新規出品でページを独占する
  3. 簡易OEMを行う

最初のうちは
感覚をつかむために
相乗り出品をしてもいいですが
なるべく早い段階で
新規出品に切り替えましょう。

中国輸入OEMで
オリジナルブランドを作る方法

読んでおくと活路が
見出せると思いますので
ぜひ合わせて読んでみてください。

飽和してからが始まり?

どんなビジネスでも
上の図のように時間経過とともに
成長していきます。

誰でも稼げた時は
参入者が少なかった時だけです。

その期間に稼げたことは
何も自慢になりません。

飽和したと言われるのは
成熟期から衰退期にかけてです。

真の実力を身につければ
この状態からでも稼ぐことができます。

流行を追うよりも
結果が出るまでは
腰を据えて一つの
ビジネスに取り組みましょう。

実際流行に流された
初心者はほとんどいなくなったため
正しい方法を知る限り
一昔前より稼ぎやすくなっています。

中国輸入飽和説に対する結論

物販で飽和するのは初心者レベルでの話。
真剣に取り組む限り初心者は
ライバル(脅威)には
なり得ないので気にせず進むべし
というのが結論です。

一朝一夕には行きませんが
これからの時代を生き残るためには
ブランドを自ら生み出す力が必須です。

飽和したと言われる中国輸入業界を
生き抜くことは本質的な
勉強をする限り難しくありません。

下記ページに中国輸入に関する
あらゆる記事をまとめていますので
ぜひ時間がかかっても読破してみてください。

参照:中国輸入ビジネスの方法まとめ

コメント

コメント

最近どんな記事が読者の方の役に立つか調査しているので少しでもこの記事が役に立ったと思っていただけたら以下のFacebookやはてぶなどのソーシャルシェアボタンで応援していただけると幸いです!