中国輸入→Amazon販売をおすすめする理由

中国輸入製品を
Amazonで売るべきなのは
いくつか理由があります。

Amazon自体の集客力が強い

Amazonで販売すると
手数料がかかりますが
それを考えても余りあるほど
集客力が強いです。

集客力の強いAmazonで
Amazon内集客を学び
販売ページの集客力を
強化すると
売上も跳ね上がります。

Amazonの検索アルゴリズムの
仕組みは公開されていないものの
統計的に分かっていることが
AmazonSEO対策の方法として
海外フォーラムなど
熱心に議論されています。

私自身も日々研究をしていて
その結果を
Amazon内SEO対策の方法
まとめています。

Amazonは商品が売れやすい

Amazonは
カートボタンの位置や
商品の表示方法などを
微妙に変化させ
コンバージョンのデータを取っています。

その結果お客さんが
もっとも商品を購入しやすい配置に
なっているので他のECサイト
に比べて商品が売れやすいです。

昔は楽天の方がCMの
露出量も多かったですが
最近はAmazonプライムを
中心としてAmazonも
露出を増やし
利用者数では逆転しています。

出典:インターネットリテイラー、ChannelAdvisor、Slice Intelligence、アメリカ商務省

これはアメリカのデータですが
EC業界全体における
Amazonの割合は4割を
超えるようになりました。

自動化しやすい・手離れがいい

中国輸入の自動化

特に個人でやっている人への
恩恵が大きいと思いますが
FBA納品することで
注文受注からの発送はもちろん、
返品対応も自動でやってくれるため
時間のない人でも取り組みやすいです。

基本的な価格改定も自動化されています。

もちろん商品リサーチや
中国からの発送は自分で
やらなくてはいけませんが
そこはツールを活用したり
代行会社を活用することで
時間短縮できます。

なお自動かすべき順序としては
一般的には

物流→商品リサーチ→その他(評価依頼メール、価格改定など)

となると思いますが
決まりはありませんので
自分が大変だと思う作業から
外注化・自動化していきましょう。

なお結果が出るまでの時間で
考えたら
ヤフオクやメルカリの方が
圧倒的に早いので
新規商品の
テスト販売は
そちらでしたほうがいいです。

Amazonは中長期的に
商品を売り続ける上で
ベストな選択肢だと思います。

~貿易王による貿易講座~

輸入(メーカー仕入れ)、輸入(OEM・D2C)、輸出(メーカー仕入れ・無在庫)の全てに対応した貿易メルマガです。どれを始めればいいか分からない人はもちろん、すでに会社を経営している人にも必ず役に立つ内容となっています。 過去にAmazonで販売していてベストセラー1位を獲得したAmazon輸入解体新書を特典として付けています。 一般的な有料コンサルティング以上の内容に仕上げているので活用してください。
貿易王による貿易講座
は必須項目です
  • メールアドレス
  • お名前(姓名)
  • 姓と名はスペースで区切ってください。適当な名前での登録の場合削除させていただくことがあります。
  •  メルマガを購読する