総代理店の見つけ方と独占卸販売契約の取り方

安定して利益を出すには
卸を取る必要がある、
その中でも特に
独占卸契約を取れれば尚良い、
という事実は広く知られています。

しかし具体的にどのような
企業にアプローチすればいいかはもちろん、
そのような企業を見つける
再現性のある方法というのは
一般に全く知られていません。

実際コネや偶然で
独占卸を取れている
だけの人もいますし
再現性を持って何社とも
独占卸契約を取っている人もいます。

この”独占卸の取り方”の
情報提供をコンサルティングの
主軸にしている人も多いようなので
情報を公開するかどうか
少し迷ったのですが
思い切って公開することにしました。

独占卸についてのアプローチ

まず独占卸を取る商品について
考えたいのは以下のことです。

日本のAmazonにカタログがある商品かどうか

独占卸の商品というと
日本のAmazonにはカタログがないものを
イメージする方が多いと思います。

確かに日本のAmazonに
カタログがないブランドを
輸入して新規ページを作り
販売していく方法もあります。

しかしこれには
Amazon内外でのブランディング能力が
必要とされます。

物販をやっていて
この能力を持っている人は
非常に少ないです。

少ないにもかかわらず
独占卸で成功している人が
意外といる理由は明白です。

日本のAmazonにカタログがある
商品を扱っているからです。

しかしここである疑問が生じるはずです。

日本のAmazonにカタログがあるなら
すでに他の誰かが卸を取っているんじゃないの?

という疑問です。

これは誰もが思うことだと思います。

そして実際に交渉を
行うまでその商品が
日本での独占販売権が
誰かによって取得されているかどうかは
わかりません。

しかし、独占販売権が
取られていない商品を
高確率で見つける方法があります。

それが”日本未発売”、”国名+輸入”
などのキーワードを使う方法です。

日本のAmazonでこれらの
キーワードを使って
調べてみてください。

amazon

これらの商品は
日本での需要が見込まれて
販売されているものの
そこまでメジャーに
なっていないものが多いのです。

日本でメジャーに
なっているものであれば
“国名+日本未発売”というキーワードは
無意味になってしまうので
当然といえば当然です。

“国名+輸入”は少し
確率が落ちるのですが
日本に代理店が
いないことがよくあります。

また”国名+直輸入”でも
比較的見つけやすいです。

念のためですが
“国名+並行輸入”という言葉で
見つかる商品は
確実に代理店がいるので
総代理店を探している場合は
使えないキーワードです。

普通の卸を探しているときは
使えます。

有料ツールを使って時間を短縮して卸元候補を見つける方法

開発に携わっている
アマトピアの商品リサーチ機能を
活用して大幅に時間短縮して
見つける方法を載せておきます。

  1. 日本のAWSキーと仕入れを行いたい国のAWSキーかMWSキーを用意
  2. キーワード検索で”国名+日本未発売”、”国名+直輸入”などで検索
  3. 日本と海外でASINが繋がっていない商品のメーカー名・ブランド名・型番等をマーク、リスト作成
  4. 通常の卸仕入れ同様交渉をする

独占卸を狙う場合は
海外にしかない商品に対し
交渉をかけていく必要があります。

ASINが繋がっていない商品は
まとめて出力されるようになっていますが
たまに繋がっていないだけで
別のカタログがある場合もあります。

Amazonの中の人が手動で
紐つけているので仕方ないことです。

リストを作成した後の
電話交渉・メール交渉の流れは
以下のページにまとめています。

参照:Amazon輸入の卸交渉のポイント

なおアメリカよりもヨーロッパの方が
未開拓の商品が多いので
総代理店契約は取りやすいです。

いきなり取るのは
難しいのでまずは
普通の卸を取れるようになりましょう。

僕は輸入ビジネスを始めて3ヶ月の時単身で
展示会に行き独占卸を取りましたが
意外と現地に行けば
どうにかなったりもします。

次にこの展示会について
説明したいと思います。

 

海外のAmazonに存在しない商品の卸を取る方法

この場合海外の展示会などが
仕入れの主流になってきます。

なお海外のAmazonにも
存在していない商品を
日本で販売することも
もちろんできますが
その場合は似た商品の需要を
きちんと調べてからにしましょう。

何となくで仕入れて利益が出ても
再現性がないので次に繋がりません。

仕入れたい商品に近い商品
10種類くらいの
月の販売数を取得しましょう。

卸で仕入れるくらいなので
ランキングサイトで
判別できる量ではないと思います。

その場合はAmazonのカートを
使って販売数を調べましょう。

参照:Amazonの在庫数をチェックして販売数を予測する方法

海外展示会の情報

自分が興味のある商品を英語にして
〇〇+exhibitionで
探せば色々な展示会が見つかります。

フランクフルトである
アンビエンテや
フランスである
テンデンスが有名です。

僕は香港やアメリカ、ドイツの
展示会はわりとよく行っていました。

※今はメインの業種が違うので
年1くらいしか行きません。

買い付けが難しい場合
海外メーカー の 代理人となり
日本の小売店を探して
手数料をもらうという方法もあります。

商品を輸入するのでは なく、
メーカーとクライアントの繋がりを作って
利益を得る手法で
集客は難しいですが
在庫を持たないので
人をつないでいく事が
得意な人にはおすすめです。

JETROなどの引き合いサイトを
使っても良いと思いますが
慣れている人でないと
情報が多すぎて結局
どの展示会に行けば
良いかわからなくなってしまうと思います。

最初は知り合いに同行するか、
自分が興味のあるジャンルに絞って
行ってみましょう。

今後輸入ビジネスは
以下のことが出来る人しか
生き残ることが出来ません。

  1. 物流を極め小売販売の特性を活かし小売仕入れに集中
  2. 交渉力を手に入れライバルが取れない卸・独占卸を取って販売
  3. 集客力を身につけOEM・オリジナル販売

卸を取るやり方が全てではありませんので
選択肢の幅を狭めないようにしてください。

コメント

コメント

最近どんな記事が読者の方の役に立つか調査しているので少しでもこの記事が役に立ったと思っていただけたら以下のFacebookやはてぶなどのソーシャルシェアボタンで応援していただけると幸いです!

~Amazon輸入編~

まだ学生だったあの頃からどのように輸入ビジネスで成功しその後も結果を出し続けてきたのかをメルマガにまとめました。他の方法もあると思いますが僕は最短ルートしか知りません。再現性の高い方法でぜひ自由をつかんでください。
は必須項目です
  • メールアドレス
  • お名前(姓名)
  • 姓と名はスペースで区切ってください