個人輸入ビジネスに英語は必要?

輸入ビジネスに英語力は必要ですか?
という質問をよく受けますが
英語は出来れば
武器になりますが
なくても全然問題ないです。

それはなぜでしょうか?

輸入ビジネスで英語が出来なくても大丈夫な理由

物販で稼いでる人は
英語しゃべれないから
通訳雇おう、とあっさり
乗り越えていきます。

英語が出来ないのであれば
通訳は外注化すればいいだけです。

また少しだけ英語が出来るのであれば
Google Chromeの翻訳機能や
エキサイト翻訳で頑張りましょう。

よく卸やメーカーと交渉しろ、
と言っていますが実際は
テーブルで向かい合って商談するような
華やかなものではありません。

僕は見込み仕入れ先を
リストアップしたら
片っぱしからメールしています。

100件メール送ればだいたい
20件は返ってくるので
そこからさらに1件に絞り込む気持ちで
望みましょう。

契約が取れないと言う人に限って
2,3件しかメールしていないことが多いです。

知り合いは返信がなかったら
雇った通訳に電話かけてもらって
電話交渉していると言っていましたが
僕は面倒なのでやっていません。

というのも交渉は自分でやっているので
単に面倒だからです。

返信があった所に
追撃のメールを送り
3回目くらいのメールでは
skypeの番号も書いて送ってます。

輸入の時は
日本まで直送可能か?
複数買うから値引きしてくれないか?
クーポンコードを発行してくれないか?
何ロットから発送してくれるのか?
AmazonFBAに納入するためのラベルを貼ってくれないか?

など手当たり次第聞いてます。

輸出の時は
upworkという
海外のクラウドソーシングで
見つけた現地パートナーに
ラベル貼りと納入を任せてるので
英語は一切使っていません。

商品一つに付き100円です。

これは上手くパートナーを見つけるしかないです、
日本人だと相場は300円ぐらいだと思います。

odeskなど海外SOHOで見つけるのもいいと思います。
日本語が出来る人も結構います。

交渉の時にショップURLを
送ると武器に出来ますが
商品ジャンルがばらばらだと
あまり効果がありません。

僕は以前から言っているように
音楽機材とアパレル以外
卸やメーカーから買っていないので
新たにショップを作ることはしていません。

やはり自分の好きなジャンルに特化した方がいいと思います。

例外として中国製品は向こうの商社から買ってます。
保証を付けてくれるところはなかなかないので
少し高いですが商社を利用しています。

中国語は話せないですが
日本語が話せる人がいる商社を
アリババジャパンというサイトで見つけました。

これも100社位とメールをしたうえで
選んだものですが
最低仕入れ金額が50万円からなので
紹介してもあまり役に立たないと思います。

自分の資産状況によって
使うべき流通は異なってくるので
ぜひ自分に合った所を見つけてください。

輸入ビジネスで英語が出来ないと損をすることもある

英語が出来なくてもパートナーを見つければ
輸入ビジネスは出来るという結論でしたが
翻訳サイトなどだけを頼るやり方は少し危険です。

貿易知識がある人の場合は
翻訳サイトに頼ってもいいですが
英語能力も貿易能力もない人が
翻訳サイトだけで頑張っていたら
トラブルに巻き込まれるでしょう。

それに大半の人が英語ができないのであれば
出来たほうがチャンスに決まっています。

「英語がわからないからe-bayが怖い、

でもセカイモンっていうe-bayが日本語化された
サイトがあるし大丈夫!」

なんて発想は通常の

ビジネスマンなら生まれないはずです。

あのサイトは日本語化されている分
送料等が高く付きます。

ただより安いものはない、という言葉があるように
結局一部が便利になっていれば他の部分で
割を食うことになります。

交渉だって無理やり値切ってみたところで
代わりに代行手数料割増されたり
送料を増やされたり、当然のように起きます。

これは相手が悪いんじゃなくて
自分の交渉の仕方が悪いだけです。

日本人は交渉が下手と言われますが
海外は基本的に必ず数字に基づいた
交渉しか受け付けてくれません。

「どうしてもうちの店で扱いたいんだ、
今年5歳になる娘がいる、
人助けだと思ってどうか・・」

なんて通じるのはドラマの中だけです。

向こうだって家族はいますし
生活のために必死です。

こういうところは英語と
日本語という言語の問題ではなく
民族の気質の違いによるものです。

しかしその問題を除いても
本気で稼ぐ気があるなら
英語くらい最低限読めるくらいには
勉強して然るべきです。

基本的に取引は中国でも
欧州でも英語で行われます。

自分出来ないのであればパートナーでも
外注先でもいいので必ず英語が出来る人は必要です。

ここが重要。

もし英語が中学レベルであれば
外注を雇ったほうが早いし
TOEICで750点程度あるのであれば勉強したほうが
将来的にお得だと思います。

ちなみに英語が通じない国だったら
現地パートナーを見つけるのが一番です。

ポリネシア語しか通じない国と
交易を持ちたいのであれば
僕ならポリネシア語と日本語か英語が出来る人を
SNSやら掲示板やら活用して見つけます。

相手がネットショップみたいに小規模であれば
翻訳サイトを使ったような
たどたどしい英語でも問題ありませんが
もっと上流のメーカーや正規代理店になってきた場合
言語が怪しいと門前払いです。

これはよく考えなくても常識だと思います。

自分が会社を経営してるとして
いきなり海外からメールが届いて
「あなたの商品好き、扱わせてお願いします。
大量買い付けできます。発送がいくらになりますか?」

みたいな内容の日本語だとして取引しますか?

僕は嫌です、日本人は基本的に信用が高いですが
日本人を装って取引しようとする方々もいるので
昔より信用がない気がします。

なので肩書じゃなくて能力で勝負しましょう、

英語(言語)はやっぱり出来るに越したことはない話でした。

コメント

コメント

最近どんな記事が読者の方の役に立つか調査しているので少しでもこの記事が役に立ったと思っていただけたら以下のFacebookやはてぶなどのソーシャルシェアボタンで応援していただけると幸いです!