Amazon輸入の関税って結局いくらかかるの?

関税

量によって関税がかかったりかからなかったり
同じ商品同じ量なのに関税が
かかったりかからなかったり
革製品だと関税が高かったり、
結局関税の仕組みってどうなっているの?

という人のために関税について
わかりやすくまとめました。

商品代金以外にかかるもの

  1. 送料
  2. 保険代
  3. 関税
  4. 通関手数料
  5. 消費税

まずAmazon輸入で商品代金以外に
かかるものはこれだけあります。

送料

送料はWebサイトであれば発送元の
サイトに必ず記載されています。

International Shippingをしていない
ところには駄目元で日本に送ってもらえないか、
その場合の送料はいくらか、聞きましょう。

海外のネットショップでは日本への配送でも
一定金額以上買えば送料無料になるところが多いです。

関税

関税は商品価格に対してではなく
CIF価格という
商品価格+保険+送料に対してかけられます。

関税(100円未満切り捨て)=
CIF価格(1,000円未満切り捨て)×関税率で
関税率は以下のサイトを参考にしてください。

全くかからないものから
20%ほどかかるもの(毛皮のコートなど)もあります。

また総額で20万円以下の場合以下の
簡易課税が適用されます。

 品目〔具体的な品目例〕関税率
1酒類
(1) ワイン70円/リットル
(2) 焼酎等の蒸留酒20円/リットル
(3) 清酒、りんご酒 等30円/リットル
2トマトソース、氷菓、なめした毛皮(ドロップスキン)、毛皮製品 等0.2
3コーヒー、茶(紅茶を除く)、なめした毛皮(ドロップスキンを除く) 等0.15
4衣類及び衣類附属品(メリヤス編み又はクロセ編みのものを除く) 等0.1
5プラスチック製品、ガラス製品、卑金属(銅、アルミニウム等)製品、家具、玩具 等0.03
6ゴム、紙、陶磁製品、鉄鋼製品、すず製品無税
7その他のもの0.05

通関手数料

国際郵便・EMSでは
課税される場合に荷物一つにつき200円かかります。

Fedexでは500円(非課税)または
関税・消費税の合計額の2%のどちらか高い方

DHLでは
関税+消費税の合計額が700円未満: 無料
関税+消費税の合計額が5万円未満: 手数料は1,000円
関税+消費税の合計額が5万円以上: 手数料は立替額の2%

やや複雑ですね、ネットショップで買う場合は
国際郵便で送られてくる場合がほとんどになります。

消費税

海外で買う場合はその国の
消費税分は引かれ
国内に入る時に日本の
消費税が課税されます。

特にEUの消費税は大きく
表示価格よりだいぶお買い得になります。

 イギリスドイツフランススペインイタリア
URLAmazon.co.uk  Amazon.de  Amazon.fr  Amazon.es  Amazon.it 
標準税率0.20.190.1960.210.21
書籍00.070.0550.040.21
音楽0.20.190.1960.210.21
DVD ・ビデオ0.20.190.1960.210.21
エレクトロニクス・カメラ0.20.190.1960.210.21
キッチン・ホーム・ガーデン0.20.190.1960.210.21
ソフトウェア・ PC &ビデオゲーム0.20.190.1960.210.21
おもちゃ0.20.190.1960.210.21
腕時計・ジュエリー0.20.190.1960.210.21
赤ちゃん用品0.20.190.1960.210.21
衣類・靴・ハンドバッグ0.20.190.1960.210.21
健康・バス用品0.20.190.1960.210.21
化粧品&香水0.20.190.1960.210.21
事務用品0.20.190.1960.210.21
スポーツ用品0.20.190.1960.210.21

1%=0.01で表示しています。

実際に輸入時にかかる
消費税は
(CIF価格+関税)に対してかかりますので
こちらも商品代金に対して
かかると誤解しないようにしてください。

実際のケースに基づいて費用を計算してみる

このケースは個人輸入ではなく
あくまでAmazon輸入というビジネスで
輸入するという前提を覚えていてください。

よく16666円以下であれば
税金がかからない、と言われ
それをなんとなくで理解している方は多いと思います。

しかし仮に商品代金が100円だとしても
厳密には個人輸入と商業輸入は区別されます。

この16,666円という数字はどこから来ているのかというと、
税関のルールで「インボイス価格の60%を商品価格とする」と
決められているためです。

先ほど記したように
関税は商品価格に対してではなく
CIF価格という
商品価格+保険+送料に対してかけられます。

インボイス(通関用の書類)に書かれる
金額は全体の金額なのでそこから
概算的に商品価格を出すために
全体の金額を60%にしているということです。

また、1品目1万円未満は免税とするということも
税関のルールで決められています。

16666×60%=9999.6です。

実際は商用輸入だとしても
16666円以下なら個人輸入扱いとされ
税金がかかりません。

ちなみに一つあたりの商品代金で10000円以下でも
CIF価格で20万円を超えたら
いくら個人利用と言っても
商用利用とみなされて課税されますのでご注意を。

そしてよくある質問が商品価格10000円以上の
ものを輸入したんですけど
税金がかかりませんでした。
これって申告しないと
脱税とかになりませんか?という内容。

通関している時点で通関士が
課税対象でないと判断しているのでなりません。

Amazon輸入をする場合
配送がAmazonGlobalとなっていれば
Aamzonが通関手続きをしてくれるので
到着時に関税等を支払う必要はありません。

メーカーや卸から仕入れる場合は
保険をかけるでしょうから
商品代金+保険+送料に対して
かかった関税が請求されます。

DHLなどを使って送っている場合
紐付いているクレジットカードで
払うことができますが
郵便などの場合玄関先で払うことになるので
ご注意ください。

理屈だけだとわかりづらいと思うので
2つのパターンを用意しました。

AmazonやAamzonFBAを利用している出品者から
買うケースと出品者が直接配送しているケースです。

  1. アメリカAmazon(FBA)からシェーバーを10個輸入
  2. イギリスAmazon(出品者出荷)からマフラーを輸入

アメリカ(FBA)からシェーバーを10個輸入

シェーバー

商品価格は購入時点で一つ
19.99$です。

配送方法

配送方法は一番遅い(安い)方法を選択しました。

アメリカ輸入商品

商品を1個輸入する場合は税金がかかっていません。

アメリカ輸入

商品を10個輸入する場合は税金がかかっています。

日本に到着時にお金を払う必要がないので簡単ですね。

イギリスAmazon(出品者出荷)からマフラーを輸入

マフラー

商品価格は購入時点で一つ
14.90£です。

Place_Your_Order_-_Amazon_co_uk_Checkout

こちらが1個輸入する場合。

Place_Your_Order_-_Amazon_co_uk_Checkout 2

こちらが10個輸入する場合、どちらも送料は同じになっていますが
Amazonの販売ではないので
日本到着時に10個の場合は関税が発生します。

保険は通常かけないので
商品代金と送料を合計した金額に税率をかけた金額が
関税となります。

個人輸入だと28000×60%が商品代金となりますが
商用とみなされるかどうかは運です。

ちなみにこのようなケースで
金額が高い場合は
定期的に同じ住所に送っていれば
商用とみなされ最初の
一回はかからないケースが多いです。

Amazon輸入でリサーチする場合は
商用輸入とみなされることを前提で
利益計算をしましょう。

毛皮なしのマフラーは税率9.1%ですが
総額20万円以下なので簡易課税が適用され
10%です。

28000×10%=2800円が関税

これに消費税と
通関手数料200円が加わります。

消費税は

(28000+2800)×8%=2464円

よって

28000+2800+2464+200

=33464円

これはあくまで商用利用とみなされた場合で
実際のケースに即して考えると
国際郵便で送られてくるので
課税されないケースも多くなると思います。

個人輸入だとみなされたとすると
28000×60%×10%=1680円

100円未満切り捨てなので
1600円が関税

消費税は

(28000+1600)×8%=2368円

よって
合計金額は32048円です。

これだけ勉強すればもう
Amazon輸入時にあれっ、
関税ってどうやって計算すればいいんだっけ、
ということはなくなると思います。

しかしこれだけの計算を
毎回するわけにもいかないので

無在庫販売などで
少量輸入する場合は課税額は0円
(配送方法EMS、国際郵便時に限る)

まとめて輸入する場合は
(商品価格+送料)の1.15倍を
目処に計算するといいでしょう。

Amazon輸入は
関税以外にも学ぶことが沢山あります。

Amazon輸入転売の方法
ページに学ぶべき各項目を
まとめているので
合わせて参考にしていてください。

また中国輸入に関しては
Amazonから仕入れる場合と
少し計算方法が異なるため
中国輸入の関税計算方法
参考にしてください。

コメント

コメント

最近どんな記事が読者の方の役に立つか調査しているので少しでもこの記事が役に立ったと思っていただけたら以下のFacebookやはてぶなどのソーシャルシェアボタンで応援していただけると幸いです!