Amazon輸出カナダ販売の方法と注意点

この記事ではAmazon輸出カナダの販売方法を解説しています。

カナダでの販売を考える時はアメリカとの差分で考えると分かりやすいのでAmazon輸出アメリカ販売の方法を学んでいない人は先にそちらを学んでから読むようにしてください。

なおAmazon.comに出品していればGlobal Sellingを通してAmazon.caAmazon.com.mxに売ることも可能ですがカナダのAmazonに商品がある方が当然カナダの人に買ってもらえるのでカナダAmazonに出品する意味はあります。

ただ僕はカナダに少しの間住んでいたことがありますがAmazon以外のECサイトも多くカナダの人は日本人やアメリカ人と比べるとAmazonを使う印象はないです。

ECの会社で働いている人にも会ったことがありますが確かAmazonは4番目くらいと言っていたのを覚えています。

Amazon.caの販売戦略

市場規模があまり大きくはありませんがカナダは日本商品が大人気で特に文房具やホビーはアメリカと同じくらい人気です。

当時裕福な家にホームステイしていたのですがあまり散財するような印象はなく服などにもお金をかけていませんでした。

というか日本人が服を買いすぎなだけな気がします、ヨーロッパの人もおしゃれですがあまり服を持ってない(10着くらい)人が多いですし。

Amazon.caで売れるものはアメリカと同じですが市場規模的には日本よりも小さいです。

アメリカ>>日本=ドイツ>イギリス>カナダという感じです。

他の国は残念ながら分かりませんが今後注目できるとしたらやはりインドとインドネシアですね。

ただどちらも行ったことがありますが貧富の差が激しくお金持ちはECで商品を買うという文化がそれほど根付いていない感じでした。

アメリカも格差が大きいとはいえインドなどに比べれば中流の人が多いですし日本は言わずもがな。

というわけでAmazonは中流の人が多い国の方が売れるというのが僕の持論です。

ちなみにカナダは国税と消費税がかかります。

そのためヨーロッパで売る時同様税務申告する必要があります。

今はAmazonが自動で徴収するようになりました。

なおアメリカと比べるとFBA手数料も高いです。

こうして見るとカナダAmazonに出店するメリットはあまりないです。

すごいいい国ですけどね、カナダ。

残念がらAmazon輸出はアメリカとヨーロッパ、そして今後のアジア圏の動きに注目しましょう。

コメント

コメント

~Amazon輸出編~

まだ学生だったあの頃からどのように輸出ビジネスで成功しその後も結果を出し続けてきたのかをメルマガにまとめました。他の方法もあると思いますが僕は最短ルートしか知りません。再現性の高い方法でぜひ自由をつかんでください。 登録特典として輸出入ビジネスの失敗例100選の資料をプレゼントしています。
は必須項目です
  • メールアドレス
  • お名前(姓名)
  • 姓と名はスペースで区切ってください

  
輸入・輸出ビジネスを学ぶなら貿易大学