Amazon輸出欧州(イギリス・ドイツ)販売の方法

この記事ではAmazon輸出欧州販売(イギリス・ドイツ)の方法をまとめています。

ドイツはアメリカに次いで市場規模が大きいと言われておりイギリスは日本に次いで4番目に市場規模が大きいと言われておりまた商習慣が似ているためその二つの国でAmazon輸出に取り組む方が多く実際に僕もその2つの国で販売を行なっています。

最初にAmazon輸出欧州販売で問題になるVAT登録とEORI登録について書きたいと思います。

VAT登録とEORI登録

Amazon輸出欧州販売をする上の最大の壁はVAT登録とEORI登録ではないでしょうか?

VATは還付時にEORIは通関時に主に必要となります。

昔はVATを取得せず出品者出荷をしてVATが消費者側にかかった場合だけ返金するようなやり方をブログに書いている人がいましたが明らかにアウトなのでお気をつけください。

取引先企業がヨーロッパ域内にいてその会社に商品を送るだけであればそれらの番号取得は必要ありません。

※DDP条件などではサプライヤーが輸入者となって通関を行うのでその場合は輸出者がVAT登録をするメリットはあります。

しかしAmazon輸出欧州販売ではヨーロッパ域内で直接商品を売ることになるので両方必要になります。

出品者出荷でもFBA出品でもどちらの場合でもVAT登録とEORI登録が必要になります。

VAT登録、EORI登録自体はオンライン上で無料で完結させることが可能です。

しかし問題はVAT還付の部分です。

VATナンバーを取得したところで還付ができなければ意味がありません。

その意味では日本のVAT代行業者を使う価値はあると思いますが英語ができる方は現地の事務所に任せた方が費用はかなり節約できます。

最近は国内の業者でも安い業者が増えているのでその一例としてアッシュマートを紹介します。

Amazon輸出のコンサルティングを受けた方にしか紹介していませんが固定費なしでVAT還付金からパーセンテージで費用を徴収するだけの良心的な企業もあります。

また加盟国によっては、「税務代理人」の制度が導入されており、納税義務者がEU域内事業者で無い場合には、VATの税務代理人を指名する義務がある場合があります。

登録自体は無料でできても現地のエージェントに任せることをおすすめします。

なお売り上げがそこまで多くないうちは一箇所でVAT登録すれば大丈夫ですが売上が多くなると例えばイギリス、ドイツ、フランスでそれぞれVAT登録する必要が出てきます。

イギリスだけで販売している場合今までは他のEU加盟国の売上規模が大きくない場合は他の国でVAT登録を行う必要はありませんでしたがEU離脱後は必要になるので注意しましょう。

Amazon輸出欧州販売では市場規模の大きいドイツとイギリスでVAT登録をする人が多くなると思いますが登録を委任する事務所自体は他の国にある事務所でも問題ありません。

実際僕はオランダの事務所でVAT登録をしています。

Amazon輸出欧州販売のポイント

VATとEORI登録以外でAmazon輸出欧州販売で気をつけるべきことは以下のことです。

  1. 知的財産所有権
  2.  VATの還付タイミング
  3. 配送遅延

知的財産所有権

ブランド品は上の図のように”Japan import”という日本のAmazonでいう”並行輸入品”の記載がない場合販売を行う事ができません。

ヨーロッパは特に厳しいので正規代理店が出品しているページに出品するとすぐ警告メールが来て同じ事を繰り返すとアカウントのサスペンドを引き起こします。

VATの還付タイミング

VAT還付は、翌年の6月までに申請する必要があります。

なお申請締め切り日等は国により異なるのとエージェントに任せている場合締め切りが早まる可能性が高いのでご注意ください。

なお現地のエージェントに確認したところ還付時期は6ヶ月~1年で明確な決まりはないとのことです。

その為キャッシュフロー的にはあまり期待できません。

VATを資金源として当てにするのは危険という事です。

配送遅延

経験上イタリアとスペインに送る時は配送遅延が起きやすいです。

現地の配送業者の問題かたびたび起きるストライキの影響かは分かりませんが基本はイギリスかドイツだけを対象にした方がいいです。

なお他の国にFBA納品をした事がなく今後も納品する予定はありませんのでその当たりの情報は他の方のブログ等を参考にしてください。

Amazon輸出欧州販売リサーチの方法

基本的にはアメリカで販売を行う際のリサーチ方法と変わりませんが知的財産所有権などのViolationがアメリカより厳しいのとこれはヨーロッパに限ったことではありませんが資金販売では仕入れ証明書を求められることが増えているので卸仕入れを行うことが基本となっています。

Amazon輸出欧州FBA倉庫への発送方法は?

FBAの納品方法はアメリカや日本など他の国と同様であり発送方法も一般的なFBA倉庫への発送方法と同じになります。

そのため以下のどちらかの発送方法を選択することになるでしょう。

  1. クーリエアカウントを取得してパートナーにインポーターになってもらい発送
  2. 発送代行会社に依頼

ヨーロッパAmazon輸出コンサルティングについて

アメリカの場合は独学でも可能ですが欧州販売は税務の問題や取り扱い可能な商品、卸仕入れの必要性などの点から専門性が高いためきちんとしたコンサルタントに教わることをおすすめします。

おすすめはプライベートでも親交のある柿沼さんの会社です。

アメリカ、ドイツ、イギリス、オーストラリアのそれぞれで販売しているという規模感は他に例を見ませんし今まで何名もの方を紹介してきましたがコンサルティングを受けてよかったと満足度が高いため自信を持って勧めることが出来ます。

僕の会社はHPの集客代行をさせていただいているので協力の一環としてアマトピアの特典を付けさせていただいていますが仮に特典を付けないとしてもおすすめできるコンサルティングサービスとなっています。

コメント

コメント

~Amazon輸出編~

まだ学生だったあの頃からどのように輸出ビジネスで成功しその後も結果を出し続けてきたのかをメルマガにまとめました。他の方法もあると思いますが僕は最短ルートしか知りません。再現性の高い方法でぜひ自由をつかんでください。 登録特典として輸出入ビジネスの失敗例100選の資料をプレゼントしています。
は必須項目です
  • メールアドレス
  • お名前(姓名)
  • 姓と名はスペースで区切ってください

  
輸入・輸出ビジネスを学ぶなら貿易大学