中国輸入を副業でおすすめしない3つの理由

大手企業や公務員の一部副業が解禁されてから副業に取り組む人は大幅に増えたと言われています。

そんな副業の選択肢の一つとして中国輸入に目をつけた方も多いと思いますが中国輸入を副業として取り組むことは以下の理由からおすすめしません。

ビジネスに慣れている人でないと取り組みづらい

すでに他の副業を経験している人であれば外注化や設備投資、キャッシュフローのの感覚を持っているのでそれを理解した上で中国輸入に取り組むのは非常にいいことだと思いますが雑誌で紹介されているように簡単に取り組める副業として挑戦したいと言う場合はおすすめしません。

中国輸入ビジネスに副業で取り組むのであればいきなりAmazonのような大型モールを販路として選んだり初期費用が大きいOEMに取り組んだりするのではなく最低限何かを仕入れてメルカリやヤフオクで売ると言う経験をしてからをおすすめします。

参照:中国輸入メルカリ販売の方法

勉強量が多く副業ではなく本業として取り組まないと勝てない

さまさまな物販ビジネスの中で中国輸入は一番資産形成をしやすいもののその反面勉強に非常に時間がかかります。

だからこそその時間を短縮するためにコンサルを受けましょうと言うロジックでコンサルを募集している人がいますが中国輸入で勉強するべきことは全てこのブログに書いているので基本的にその必要はないと思います。

自分でモチベーションを管理するのが難しい、誰かにお金を払って教わった方がやる気が出ると言う場合は受けてもいいですが副業として取り組むのであればなるべく最初のコストは抑えるべきなのでおすすめできません。

資金が100万円は必要

ここが一番のネックです。

副業として始めるにはやはり30万円くらいから始められるものがベストだと個人的に思っています。

用意した100万円は当然減っていく可能性もあります。というより大抵の場合最初は減ります。

本業で十分な収益があってリスクヘッジの為に副業をやりたいと言う方の場合多少資金が減っても本業で得たお金を再投資できるのでいいかもしれませんがそうでない人にはおすすめできません。

資金30万円程度でも中国輸入は出来ると言っている人もいますがそれは”なんちゃって中国輸入”であり稼げる金額はよくて一桁万円、初心者であれば最初はマイナスの可能性も。

中国輸入はレバレッジを利かせて資金を増やすいていくビジネスなのにそのメリットを全く生かせていません。

資金30万円程度で中国輸入をやるのであれば確実に他の副業ビジネスに取り組んだ方がいいです。

確かに初心者の一回の買い付けは30万円程度で十分ですが資金30万円で一度買い付けを行うとそれが1ヶ月で全て売れて40万円の売上、販管費等を一旦無視して利益が10万円出るとしても仕入れるまでに最大2週間、売れるまでに1ヶ月、入金までに最大2週間で2ヶ月近くラグが出ることになります。

最初に商品を買い付けてから2ヶ月間新たに商品を仕入れることができません。

となるとやはり資金100万円を3回に分けて仕入れるくらいの資金がなければそもそも成立しないのです。

もちろん最初はお試しとして10万円位から仕入れるのもはありです。

僕は初めての輸入の仕入れは資金70万円のうち40万円ほどを使いましたが今思えば命知らずでした。

中国輸入は稼げない?

では中国輸入は稼げないのかというとそれは違います。

きちんと取り組めば間違いなく稼げます。

しかし稼げるようになるまではきちんとした人に教わって1年はかかります。

もし今の仕事がいやで仕方なくどうにか独立・起業したいと言うのであれば止めはしません。

中国輸入で生活をしている人は僕の周りにも数多くいますし生活をするどころかサラリーマンの何倍も稼いでいる人がほとんどです。

しかしそれは氷山の一角であり稼げていない人も当然数多くいます。

中国輸入に取り組んでいる人の上位20%は稼げているでしょう。

他の業界だと上位5%しか稼げていない業界もざらにあるのでそれと比べれば甘い方かもしれませんが自分が上位20%に食い込むまで努力を続けその後も努力し続ける自信がない人であれば中国輸入を副業で選ぶのはやめておいた方がいいです。

悪い面ばかり上げてきましたが中国輸入を副業で取り組むメリットについても考えてみたいと思います。

中国輸入を副業として取り組むメリット

得られる利益が大きい

上位20%に入れば月利100万円は余裕で稼げます。トップ層は月で1億円稼いでいる人もいます。

ただし利益は再投資しなければ売上は増えていきません。

その為中国輸入で月利100万円稼いでいてもそれほど贅沢は出来ません。

贅沢ができるのは月利で300万円程度稼いでからだと思っておいた方がいいでしょう。

そこに到るまでには最低3年はかかります。

なお中間層がほとんどいなく後は初心者というのが中国輸入業界の様子です。

その為初心者を対象にしたセミナーやそのバックエンドとなるコンサルティングで稼いでいる人も多いです、そういった人のカモにならない為にもセミナーやコンサルを受けるとしてもブログで基礎を勉強しておきましょう。

働く場所・時間を選ばない

僕は年の1/3くらい海外で過ごしています。

真夏と真冬は決まって日本にいないです。

暑いし寒いからです。

中国輸入で成功すればそんなわがままが通るようになります。

冬に沖縄の離島・マレーシア・ハワイ、夏に北欧・北米に2~3週間旅行に行って旅行中は週2くらいで仕事をしています。

場所に縛られず働けるのは旅行が好きな人にとっては非常に大きなメリットになると思います。

付き合う人を選べる

類は友を呼ぶと言う言葉がありますがお互いにとって居心地のいい人しか周りに残らなくなります。

僕は会社が悪い、上司が悪いと人のせいにして不平不満を垂れ流している人が苦手ですがそういう人は間違いなく僕のことを嫌いです。

しかし起業すれば関わりたくない人と無理に拘る必要など全くありませんので人間関係のストレスはほぼ皆無です。

起業した人の中にはこれが一番のメリットと言う人もいるくらいです。

好きなことに挑戦できる

中国輸入で成功すれば金銭的にも時間的にも自由になれるので中国輸入以外に取り組みたいビジネスや趣味に没頭することも可能です。

僕はスノボやギター、ダンス、乗馬などの趣味があり年300万円以上は趣味に使っています。

事業も中国輸入以外に5つやっています。

中国輸入ビジネスで成功すると節約するより稼いだ方が早い、という世間では奇人扱いされる考えに落ち着いてしまうので和を重んじて生きたいと言う人にとってはその点はマイナスかもしれません。

ただ学生時代からビジネスに取り組み20代をほぼ仕事に捧げて生きてきたからこそ今があるのでもう一度同じことをやれと言われたら正直きついかもしれません。

そこそこ頑張ってそこそこのお金と自由を得るもよし、、若い頃必死に頑張って多くの金と自由を得るもよし、全く頑張らずに適当に生きるもよし、人生は自由です。

結局中国輸入は副業としておすすめなの?

資金が少ない状態で副業に取り組むなら無在庫販売やアフィリエイトなどのビジネスをやった方がいいと個人的には思っています。

中国輸入は最低資金100万円ありさらに本業から毎月10万円程度は追加で中国輸入ビジネスに流せるような人に限りおすすめです。

最終的に中国輸入を本業にするのはおすすめですが中途半端な資金では撤退することになってしまうからです。

やはり究極人の人生なのでリスクも大きめの中国輸入を副業としておすすめだ、と簡単には言えません。

ただ過去の僕自身にアドバイスするならやっぱり中国輸入はおすすめだと言うでしょう。

やるなら全力でやって上位20%に入りましょう、道は平坦ではありませんが絶望するほど険しい道でもありません。

コメント

コメント

~中国輸入編~

まだ学生だったあの頃からどのように中国輸入ビジネスで成功しその後も結果を出し続けてきたのかをメルマガにまとめました。他の方法もあると思いますが僕は最短ルートしか知りません。再現性の高い方法でぜひ自由をつかんでください。 登録特典として輸出入ビジネスの失敗例100選の資料をプレゼントしています。
は必須項目です
  • メールアドレス
  • お名前(姓名)
  • 姓と名はスペースで区切ってください