中国輸入メルカリ販売の方法

初心者が成功
できる方法というものが
存在すればそれは
本当に価値があることだと思い
最近も色々研究していますが
まず初心者が成功できる
条件とは何か考えてみたいと思います。

僕の考えでは
それは武器がなくても
戦えるということです。

何も考えなくて
稼げることが
初心者が稼げることの
条件ではありません。

すでに一般的な
Amazon輸入、Amazon輸出は
ツールの使用や外注化が
当たり前になっていて
ビジネスに対する先行投資の
考えが出来ていない
初心者の人はツールを
使いたがらないので
そうなると中級者以上の人とは
どんどん開いていくばかりです。

そこでメルカリの登場です。

なぜ物販初心者はメルカリを使うべきか

サイト内で
過去に売れたものが見れる
メルカリはツール不要で
リサーチができますし
出品系ツールはあった方が
便利ですがなくても
すでに参入している人と
同等に戦えます。

それはメルカリの
特性に理由があります。

出品した商品が
上位に表示されるという特性です。

他のECサイトでは
そうは行きません。

※最近は上位に表示されるとは
限らなくなりました。

その特性ゆえに過度な
出品はアカウント凍結を招きますが
業者が参入しづらく
(実際は参入していますが)
初心者でも同じ土俵で戦えます。

中国輸入Amazon販売はどうなの?

中国輸入Amazon販売は
きちんと勉強さえすれば
仕組み化がしやすい分
メルカリよりはるかに稼ぎやすいです。

しかし歴史が長い分
ノウハウは積み重ねられていて
初心者で太刀打ちするのは
正直無理です。

OEMやオリジナル商品の
販売の手法が流行していますが
稼げているのは一部の
プロの人たちだけです。

マーケティングを重ねて
商品選定をして
そこにスポンサープロダクトを
中心としたプロモーションを
重ねて初めて大きく成功できます。

もし中国輸入の
OEM・オリジナル販売に
夢を見ている人がいれば
必ずプロに教わるようにしてください。

あるいは死ぬ気で勉強してください。
こちらのコースは失敗も結構するので
メンタルが強くないと難しいです。
僕は独学で起業したので
こちらのコースを選んでいます。

この記事を通して
何が言いたいかというと
初心者でメルカリで稼げない人は
到底Amazonで稼ぐのは無理だから
まずはメルカリで結果を出してから
ステップアップしましょう、
ということです。

すでにネットショップを
成功させたり
楽天での販売を
成功させているような人は別です。

僕はあくまでAmazonでの
販売を推します。

中国輸入商品のメルカリでの販売戦略

実はメルカリでは
僕が普段ブログで推奨しているような
商品や商品ページを
ブランディングして売る方法は
あまり向いていません。

もちろんブランディングするに
越したことはないですが
よく考えていただきたいことがあります。

それは世の中にはノーブランド品は
山程溢れているということです。

ビジネスモデルとして
資産形成型のモデルの方が
長続きしやすく安定するので
ブランディングや集客の大切さを
常日頃述べているだけで
実は全く違った考え方によって
ノーブランド品にはノーブランド品の
売り方、戦略があると考えています。

僕自身海外の
ナイトマーケットはもちろん、
国内の土産屋などで
ブランドかどうかなど
気にせず買うことがあります。

実際に物を見て
この値段ならいいか、
と納得して買うわけです。

ノーブランドを売る側になった時も
この感覚を意識することが大切です。

お客さんのほとんどの人にとって
初めて遭遇する商品、
しかもネット上で実物は見れない。

そうなると頼りになるのは
写真と説明文、だけです。

つまり商品の価値を上げるには
写真の撮り方と
説明文の書き方を学べば
いいことになりますが
これは他のECサイトで売る場合
と比べると非常に少ない
勉強量で済みます。
(そうは言っても30時間くらい)

前述の説明の通り
出品直後上に表示されるので
他のECのように
キーワードからの流入を
意識しなくても
比較的アクセスを取りやすいため、
集客は一旦気にしないで大丈夫です。

もちろん商品需要自体は
リサーチ時に見る必要があります。

僕からしたらAmazonの方が
売りやすいですが
集客を知らない人でも
メルカリだったら売れる、
というところが重要なのです。

正に初心者に最適なマーケットなのです。

ではマーケットとして
ふさわしいことは分かりましたが
なぜメルカリと中国輸入を
組み合わせるのがいいのでしょうか?

それはノーブランド品が
大量に存在し安く、
そして簡単に仕入れることが
出来るためです。

本当は出来ることなら
安さを求めるとしても
東南アジアやその他の
地域から仕入れるなどして
差別化を図りたいところですが
メルカリ販売はあくまで
初心者を対象にしているため
代行会社などが多数存在し
簡単に仕入れることのできる
かつ商品が安価な
中国輸入は第一候補になってきます。

次にノーブランド商品の
販売方法をさらに深掘りしていきます。

ノーブランド商品の売り方


結論から言うと
ノーブランド商品を
売る上で最も大切なのは値段です。

今の時代モノは溢れています。

その溢れたものを
差別化するために
各企業ブランディングに
力を入れるのです。

その結果特定の
キーワードを検索エンジンや
webサイトの検索バーに入れて
人が訪れてくれるようになります。

この努力をせずに
ものを売るには
他の要因で人を
惹きつけるしかありません。

それが値段です。
なんだかんだ言っても
値段を第一要因にしている層は
一定数、それもかなりの数存在します。

またノーブランド商品を売る場合
最安順に並べて
訪れてきた人を獲得する上で
重要なのは写真です。

これは一種のブランディングに
近くなりますが
いくら安くても
価値がないものに人は
お金を出しません。

同じ商品でも
見せ方が変わるだけで
値段は0.7~1.3倍くらいは
簡単に変動します。

よく見せすぎると
それは期待とからの乖離で
評価に影響するので気をつけましょう。

いい評価がつくのは
人の期待値を大きく上回った場合、
悪い評価がつくのは
人の期待とを大きく下回った場合です。

値段と写真の見せ方で8割、
商品説明が残りの2割です。

ノーブランドといえど
このような企業努力を
しないと売れません。

メルカリで稼げるようになったその後は?

メルカリで稼げるようになったら
まず問い合わせ対応を外注化しましょう。

お金を払って自分で
細かい作業をしなくて
いいようにしていかないと
他のビジネスに移行できません。

しかしメルカリの
サポート対応などは
正直外注化は難しいと
思っています。

社員やアルバイトであれば
細かい部分まで
臨機応変に対応できますが
在庫管理等も含めると
なかなか適任の人が
見つからないでしょう。

そのためメルカリを通して
レベルアップしたら
今度こそAmazonでの販売を
始めていいと思います。

あるいは
メルカリ以外の
無在庫販売から始めても
いいと思いますが
中国輸入ビジネスは
在庫を持って進めるには
最低100万円は
資金が必要になるので
いっそアルバイトで貯めたほうが
早いかもしれません。

いきなり挑戦するより
成功率は格段に
上がっているでしょう。

しかしより成功確率を
あげたいのであれば
多くの人の
中国輸入コンサルは
3ヶ月50万円くらいで
受けることが出来るので
お金を貯めて
受けた方がいいと思います。

僕と同じように
独学で成功したい人は
1年位毎日10時間は
本を読んだり
色々な人のブログを読んで
少しずつ実践しながら
頑張りましょう。

これは大げさに
言っているわけではなく
本当に自分自身が
そういう道を歩んできたので
言っているだけです。

今は結果として良かったと
思っていますが
本当にいい人が見つかれば
誰かに教わっていれば
そんなに苦労
しなかったんだろうな、とは思います。

メルカリは初速として
稼ぎやすいものの
ビジネスレベルが
高い人でないと
労働収入になりがちなので
徐々にAmazonに移行できるよう
メルカリで成功してからも
勉強しましょう。

さらにAmazonで成功した人は
ネットショップがおすすめです、
これはあらゆるビジネス知識が
求められるので
中上級者の人にしか
オススメしません。

ネットショップは
Amazonだけでは不安で、
リスクヘッジをしたい、あるいは
別チャネルの売上を増やしたい、
もしくはオリジナル商品やサービスを
ブランディングしながら
広げていきたいと考えている人が
手を出すものです。

コメント

コメント

最近どんな記事が読者の方の役に立つか調査しているので少しでもこの記事が役に立ったと思っていただけたら以下のFacebookやはてぶなどのソーシャルシェアボタンで応援していただけると幸いです!

~中国輸入編~

まだ学生だったあの頃からどのように輸入ビジネスで成功しその後も結果を出し続けてきたのかをメルマガにまとめました。他の方法もあると思いますが僕は最短ルートしか知りません。再現性の高い方法でぜひ自由をつかんでください。
は必須項目です
  • メールアドレス
  • お名前(姓名)
  • 姓と名はスペースで区切ってください