中国輸入メルカリ販売の方法

この記事では中国で商品を仕入れてメルカリで販売して利益を出す方法をまとめています。

中国輸入メルカリ販売以外にも様々な物販ビジネスがありますが初心者が成功できる方法というものが存在すればそれは本当に価値があることだと思い最近も色々研究しています。

まず初心者が成功できる条件とは何か考えてみたいと思います。

僕の考えではそれは武器がなくても戦えるということです。

何も考えなくて稼げることが初心者が稼げることの条件ではありません。

すでに一般的なAmazon輸入、Amazon輸出はツールの使用や外注化が当たり前になっていてビジネスに対する先行投資の考えが出来ていない初心者の人はツールを使いたがらないのでそうなると中級者以上の人とはどんどん開いていくばかりです。

そこでメルカリの登場です。

なぜ物販初心者はメルカリを使うべきか

サイト内で過去に売れたものが見れるメルカリはツール不要でリサーチができますし出品系ツールはあった方が便利ですがなくてもすでに参入している人と同等に戦えます。

それはメルカリの特性に理由があります。

出品した商品が上位に表示されるという特性です。

他のECサイトではそうは行きません。

※最近は上位に表示されるとは限らなくなりました。

またメルカリはなるべく業者を排除しようとしているので(実際は参入していますが)初心者でも同じ土俵で戦えます。

中国輸入Amazon販売はどうなの?

中国輸入Amazon販売はきちんと勉強さえすれば仕組み化がしやすい分メルカリよりはるかに稼ぎやすいです。

しかし歴史が長い分ノウハウは積み重ねられていて初心者で太刀打ちするのは正直無理です。

OEMやオリジナル商品の販売の手法が流行していますが稼げているのは一部のプロの人たちだけです。

マーケティングを重ねて商品選定をしてそこにスポンサープロダクトを中心としたプロモーションを重ねて初めて大きく成功できます。

もし中国輸入のOEM・オリジナル販売に夢を見ている人がいれば必ずプロに教わるようにしてください。

あるいは死ぬ気で勉強してください。
こちらの道は失敗も結構するのでメンタルが強くないと難しいです。
僕は独学で起業したのでこちらの道を選んでいます。

この記事を通して何が言いたいかというと初心者でメルカリで稼げない人は到底Amazonで稼ぐのは無理だからまずはメルカリで結果を出してからステップアップしましょう、ということです。

すでにネットショップを成功させたり楽天での販売を成功させているような人は別です。

僕はあくまでAmazonでの販売を推します。

メルカリ、Amazonどちらで販売するにせよ

  1. 商品リサーチ
  2. 仕入れ
  3. 輸送
  4. 販売

という流れをこなしていくことは同じですのでここからは具体的な方法を解説していきます。

メルカリで売れている商品のリサーチ方法

メルカリ中国仕入れの方法

中国から商品を自分で輸入しようと思っても偽者やB品を掴んでしまう可能性があるので特に最初のうちは中国輸入代行業者を使うことをおすすめします。

物量が1tを超えるような場合は自分で契約を取ったほうが安くなることが多いので後々のために覚えておきましょう。

代行業者は送料の安さだけでなく検品の質も大事です。

ビジネスとして本格的に行う場合は月額料金がかかる代わりに送料が安いところを使うのがオススメですがお小遣い稼ぎ程度でメルカリ中国輸入販売を行う場合は多少送料が高くても月額料がかからないところがおすすめです。

中国からの輸送方法

代行業者を使う場合でも自分で送る場合でも配送方法は大きく分けて3つあります。

  1. EMS
  2. クーリエ
  3. 船便

の3つです。

自分で送る(正確には代行業社をはさまず送ってもらう)場合はEMSがほとんどになると思います。

なおEMSは税関で止まりやすいので注意が必要です。

クーリエはFedexやDHL、UPSなどが当てはまります。

大量に商品を送る場合はクーリエで送るのが最も安くなりますが個人や法法人でも物量が少ない方は契約を取るのが大変です。

そのためフォワーダーと呼ばれる複数のクーリエと契約して安い送料を持っている運送業者・代行業者に商品を輸送してもらうのが一般的です。

船便は最も安い配送方法ですが時間がかかるためどちらかというと商品需要を計算できているリピート商品・OEM商品の仕入れの際に使います。

あるいは航空便では大量に送ることのできないリチウム電池を含んだ商品を送る際などにも使います。

中国輸入商品のメルカリでの販売戦略

実はメルカリでは僕が普段ブログで推奨しているような商品や商品ページをブランディングして売る方法はあまり向いていません。

もちろんブランディングするに越したことはないですがよく考えていただきたいことがあります。

それは世の中にはノーブランド品は山程溢れているということです。

ビジネスモデルとして資産形成型のモデルの方が長続きしやすく安定するのでブランディングや集客の大切さを常日頃述べているだけで実は全く違った考え方によってノーブランド品にはノーブランド品の売り方、戦略があると考えています。

僕自身海外のナイトマーケットはもちろん、国内の土産屋などでブランドかどうかなど気にせず買うことがあります。

実際に物を見てこの値段ならいいか、と納得して買うわけです。

ノーブランドを売る側になった時もこの感覚を意識することが大切です。

お客さんのほとんどの人にとって初めて遭遇する商品、しかもネット上で実物は見れない。

そうなると頼りになるのは写真と説明文、だけです。

つまり商品の価値を上げるには写真の撮り方と説明文の書き方を学べばいいことになりますがこれは他のECサイトで売る場合と比べると非常に少ない勉強量で済みます。(30時間くらい)

前述の説明の通り出品直後上に表示されるので他のECのようにキーワードからの流入を意識しなくても比較的アクセスを取りやすいため、集客は一旦気にしないで大丈夫です。

もちろん商品需要自体はリサーチ時に見る必要があります。

僕からしたらAmazonの方が売りやすいですが集客を知らない人でもメルカリだったら売れる、というところが重要なのです。

正に初心者に最適なマーケットなのです。

ではマーケットとしてふさわしいことは分かりましたがなぜメルカリと中国輸入を組み合わせるのがいいのでしょうか?

それはノーブランド品が大量に存在し安く、そして簡単に仕入れることが出来るためです。

本当は出来ることなら安さを求めるとしても東南アジアやその他の地域から仕入れるなどして差別化を図りたいところですがメルカリ販売はあくまで初心者を対象にしているため代行会社などが多数存在し簡単に仕入れることのできるかつ商品が安価な中国輸入は第一候補になってきます。

次にノーブランド商品の販売方法をさらに深掘りしていきます。

ノーブランド商品の売り方


結論から言うとノーブランド商品を売る上で最も大切なのは値段です。

今の時代モノは溢れています。

その溢れたものを差別化するために各企業ブランディングに力を入れるのです。

その結果特定のキーワードを検索エンジンやwebサイトの検索バーに入れて人が訪れてくれるようになります。

この努力をせずにものを売るには他の要因で人を惹きつけるしかありません。

それが値段です。
なんだかんだ言っても値段を第一要因にしている層は一定数、それもかなりの数存在します。

またノーブランド商品を売る場合最安順に並べて訪れてきた人を獲得する上で重要なのは写真です。

これは一種のブランディングに近くなりますがいくら安くても価値がないものに人はお金を出しません。

同じ商品でも見せ方が変わるだけで値段は0.7~1.3倍くらいは簡単に変動します。

よく見せすぎるとそれは期待とからの乖離で評価に影響するので気をつけましょう。

いい評価がつくのは人の期待値を大きく上回った場合、悪い評価がつくのは人の期待とを大きく下回った場合です。

値段と写真の見せ方で8割、商品説明が残りの2割です。

ノーブランドといえどこのような企業努力をしないと売れません。

メルカリで稼げるようになったその後は?

メルカリで稼げるようになったらまず問い合わせ対応を外注化しましょう。

お金を払って自分で細かい作業をしなくていいようにしていかないと他のビジネスに移行できません。

しかしメルカリのサポート対応などは正直外注化は難しいと思っています。

社員やアルバイトであれば細かい部分まで臨機応変に対応できますが在庫管理等も含めるとなかなか適任の人が見つからないでしょう。

そのためメルカリを通してレベルアップしたら今度こそAmazonでの販売を始めていいと思います。

あるいはメルカリ以外の無在庫販売から始めてもいいと思いますが中国輸入ビジネスは在庫を持って進めるには最低100万円は資金が必要になるのでいっそアルバイトで貯めたほうが早いかもしれません。

いきなり挑戦するより成功率は格段に上がっているでしょう。

しかしより成功確率をあげたいのであれば多くの人の中国輸入コンサルは3ヶ月50万円くらいで受けることが出来るのでお金を貯めて受けた方がいいと思います。

僕と同じように独学で成功したい人は1年位毎日10時間は本を読んだり色々な人のブログを読んで少しずつ実践しながら頑張りましょう。

これは大げさに言っているわけではなく本当に自分自身がそういう道を歩んできたので言っているだけです。

今は結果として良かったと思っていますが本当にいい人が見つかれば誰かに教わっていればそんなに苦労しなかったんだろうな、とは思います。

メルカリは初速として稼ぎやすいもののビジネスレベルが高い人でないと労働収入になりがちなので徐々にAmazonに移行できるようメルカリで成功してからも勉強しましょう。

さらにAmazonで成功した人はネットショップがおすすめです、これはあらゆるビジネス知識が求められるので中上級者の人にしかオススメしません。

ネットショップはAmazonだけでは不安で、リスクヘッジをしたい、あるいは別チャネルの売上を増やしたい、もしくはオリジナル商品やサービスをブランディングしながら広げていきたいと考えている人が手を出すものです。

コメント

コメント

~中国輸入編~

まだ学生だったあの頃からどのように中国輸入ビジネスで成功しその後も結果を出し続けてきたのかをメルマガにまとめました。他の方法もあると思いますが僕は最短ルートしか知りません。再現性の高い方法でぜひ自由をつかんでください。 登録特典として輸出入ビジネスの失敗例100選の資料をプレゼントしています。
は必須項目です
  • メールアドレス
  • お名前(姓名)
  • 姓と名はスペースで区切ってください