Amazonの価格差以外に注目すべき6つの要素

Amazonの価格差

Amazonの価格差は重要じゃない?

日本のAmazonと海外のAmazonの
価格差を抽出するツールが世の中に増えましたが
利益を出せている人はそこまで
増えてない印象を受けます。

それもそのはず、
利益を出せる思考を持った人が
価格差というデータを用いて
利益を出しているだけで
価格差自体は大きなファクターではありません。

他の条件にも目を向けましょう。

例えばランキングや出品者数やレビュー数。

僕は絶対的な指標は重視していません。

例えば価格差がいくら、とあるものがそうです。

価格差が10万円あろうが
過去に一つも売れておらず
今後も売れる予兆がなければ意味がありません。

ランキンがいくら以上のもの、
実はこのような指標も重視していません。

株で例えると分かりやすいと思うので
株に例えて説明します。

株にはPER(株価収益率)という指標があります。

PERとは会社の利益と株価の関係を表していて
これを用いることで株の
割安性を測ることが出来ます。

PER(株価収益率)=時価総額 ÷ 純利益

で求められます。

1株辺りで考えると、株価が1株当たり
純利益の何倍で買われているかを
示していることになります。

物販でもこのような相対的な
指標を用いるべきです。

それが予想販売数 ÷ 出品者数という指標です。

予想販売数はクラベールなどの
サイトでチェックする事が可能です。

PERがPrice Earnings Ratioの略なので
QSR(Quantity Seller Ratio)とでも名づけましょう。

もしかすると僕が無知なだけでそのような
指標がすでに存在するのかもしれませんが
すでに存在するかどうかは重要でないので
話を続けます。

QSRが5であれば
1セラーあたり5個商品が売れていることになります。

だから5個仕入れる、
このように数字に落とし込む必要があります。

その5個仕入れるべき商品が
5個仕入れられていないケースがあります。

例えば計算上はQSR5、
例えば月間販売数50個、セラー10人なのに
メインカート付近のセラーの在庫を見たら2つしか
在庫を持っていないケース。

これが狙うべき商品です。

実はトップセラーの人が行っている方法も
初心者の人が取るべき方法も変わりません。

用いているルールは微妙に
違うと思いますが
組織化して利益を出している人は
こういったルールに基づく商品を
パートや外注の方に見つけてもらって
報酬を払っています。

これを自分自身で行っていたら
体が持ちません。

価格差やランキングは入り口の要素としては
役に立ちますがさすがに
それで利益が予想できるほど
物販は単純ではありません。

価格差を抽出するツールを使っても
利益が出る人、出ない人の
差が出るのは結局その後の
処理の仕方に違いが出るからです。

この部分外注するとしても
クオリティのばらつきを減らしたいのであれば
ルールはシンプルかつ明確に。

教育をしっかりと行う必要があります。

誰でも簡単にできるビジネスは飽和します。
だからこそ誰でも簡単にできるビジネスを探すのではなく
難しいことを誰でもできるやり方に
落とし込む方法を考えましょう。

価格差以外の重要項目まとめ

カート付近の出品者数

全体の出品者数だけを
見ていると
ライバルが必要以上に多く見えて
出品を控え機会損失に
繋がってしまいます。

カート価格から10%以内の
セラーをライバル出品者として
捉えるようにしましょう。

予想販売数

ランキングが低い商品であれば
先ほど紹介した
クラベールなどのサイトで
調べる事ができますが
ランキング上位に商品に関しては
Amazonの在庫数を調べて
販売数を予測する方法を
用いる必要があります。

商品重量・サイズ

大きすぎて送れない、
思ったより送料がかかった、など
以外と失敗しやすいことの
要因となっているのはこの部分です。

サイズ、重量でも
フィルタリングするようにしましょう。

なお梱包材の重量や
容積を考える事もお忘れなく。

レビューの質

悪いレビューがつくと
今まで通り売れなくなる事が多いので
新しいレビューの質には気を付けましょう。

特に最も参考になったレビューが
悪いレビューになってしまった
商品は危険です。

投下資本利益率

いくらお金を使えば
いくらになって来るかの
指標に用います。

Amazonからの振込額÷仕入れにかかった全ての費用

で計算できます。

※課税事業者の場合消費税が後から掛かってきます。

物販ビジネスを投資と捉えるときに
外せないファクターとなります。

売上利益率

売上額に対していくらの
利益があるかという指標で
損益分岐点を調べて
Amazonスポンサープロダクトを
一つの商品に対して
どれだけかけていいかなどを
考えるときには
こちらの指標の方が便利になります。

コメント

コメント

最近どんな記事が読者の方の役に立つか調査しているので少しでもこの記事が役に立ったと思っていただけたら以下のFacebookやはてぶなどのソーシャルシェアボタンで応援していただけると幸いです!