Amazonの検索ボリュームツールの活用方法

Amazonで新規出品を行う上で重要になる検索ボリュームですがウェビナーなどを行う中で効果的に活用できている人が多くないと感じたので販売に生かす方法をまとめました。

Amazonの検索ボリュームは相対的指標

Amazonの検索ボリュームが1万を超えていればチャンス、100を下回っていれば商品が売れないといったことは決してなく重要なのはAmazon上の商品数に対する検索ボリューム数です。

A 商品数 100000 検索ボリューム 1万
B 商品数 10 検索ボリューム 100

だと一見検索ボリュームだけを見るとAの商品の方が売りやすそうですが実はBの商品の方が集客しやすいのは商品数÷検索ボリュームの相対的指標で考えていただければわかりやすいと思います。

Aのキーワードは相対値1に対してBのキーワードは0.1です。

値が小さいほど相対的なライバルが少ないことになります。

私は検索ボリュームが最低100以上あることを確認した上で既存の商品に対して相対値を比べて勝てると判断できる集客キーワードが5つ以上ある場合はその商品を仕入れたりOEMで作成しています。

ただしこの判断は自社の強みによって変わってきます。

SEO対策は検索ボリュームや検索順位分析などによるマーケティングも重要ですが

  1. 商品ページ作り
  2. 商品作り(仕入れ)
  3. 広告運用

の力がないと結局売れる商品ページを生み出すことは出来ません。

特に新規販売の場合は出品キーワード対策よりも広告のかけ方が最重要になって来ています。

例えば相対値が高いジャンルでもCPCが低ければ広告をかけている人が少ないということになるのでチャンスと見て積極的にかけていった方がいいと判断できます。

Amazon以外の検索ボリュームも重要

国内でAmazon以外で楽天やyahooショッピング、自社ショップでの販売を行う場合はAmazon、Googleの検索ボリューム、海外で商品販売をする際はAmazon、Google、ebayの検索数が特に重要になります。

また上級者の方でAmazon外集客の経路としてYoutube、Instagram、Twitterなどを活用できている方であればもちろんそれらのメディア内での検索ボリュームも重要です。

今Amazon外の集客が特に重要になってきていて特にAmazonはSNS系の集客に弱いのでYoutube、instagram、Twitterからの集客対策が出来ているショップは非常に有利に戦えるようになっています。

メルマガやLine公式アカウントなどでもいいのですがファンが付いているアカウントを持っていれば新商品を販売すると同時に告知することで究極AmazonSEOを全然分かっていないとしても特定の検索キーワードでの順位は上がります。

私はAmazon以外でも販売を行なっているためAmazonSEO対策+広告運用のAmazon内集客はもちろん外部施策を重視しており以下のような検索ボリュームツール(アマトピアのSEO対策ツール内の機能)のデータに基づいてマーケティングを行なっています。

競合度が高い所は実際にそのキーワードで検索を行なって自社の力で勝てるか吟味します。

私が競合を見るときに避けるべきだと考えているのは

  1. ページが作り込まれている
  2. 規模の大きい専門店

です。

ページ作りのポイントはAmazonSEO対策の記事にまとめているのでそちらを参照してもらうとして特に強いと感じるのは商品紹介コンテンツの活用で動く画像を入れているページ(最新のページ対策の方法のため情報感度が高い)、美人・イケメンモデルを起用しているページ(心理学のハロー効果を理解しておりCVRに効果があることを知っている)などです。

規模の大きい専門店も強いです。大手家電量販店などはすでにECへの参入が住んでいるので同じ土俵では歯が立ちません。

例えば画材やカメラのパーツなどを売ろうと思ったときにそれ専門で扱っている人がいても規模が小さいことが多いのでその場合は先ほど挙げた

  1. 商品ページ作り
  2. 商品作り(仕入れ)
  3. 広告運用

で勝てるので勝負します。

その上で実際に販売を行う上で検索キーワードごとの順位測定を行いマーケティング仮説が正しかったどうかシミュレーションとのギャップを測定し次回の仕入れや商品開発、ページ作りなどに活かします。

ここまでマーケティングが出来るレベルの人であれば楽天やYahooショッピング、自社ECへの横展開もスムーズに出来るはずです。

自社では楽天やYahooショッピングはAmazonとGoogleの検索数、自社ECはGoogleとYoutube、Instagramの検索数を調べておりウェビナーやコンサルティングなどでもそのやり方を推奨しています。

商材によりけりですが全てきちんと対策すると売上比でAmazon:楽天:Yahooショッピング:自社EC=3:3:1:3位になると思います。

高い価格帯になるとAmazonでは売れづらい、アパレルはAmazonでは売れづらいという問題があったりYahooショッピングはzozoを買収してから伸びてきているので最終的には全部同じくらいの売上で落ち着くかもしれません。

EC業界においてAmazonの検索ボリュームはGoogleの検索ボリュームと同じかそれ以上の価値があるので積極的に活用していきましょう。

Amazon輸入(欧米輸入)攻略方法全集

Amazon輸入(欧米輸入)ビジネスで成功するために学ぶべきことを第1章~60章まで章立てて目次形式でまとめています。
有料の本や情報商材を購入してしまう前にまずは一度以下の記事を読んでみてはいかがでしょうか?