輸入ビジネスでは年収いくら稼げる?

輸入ビジネスで月収いくら年収いくらと言っている人の多くは実は月利や年間の粗利を言っていることがほとんどでそれ自体は別に大した問題ではないのですが実際問題として輸入ビジネスっていくらくらい稼げるの、と思っている人には真実を伝える必要があると思うので記事にしてみました。

輸入ビジネスで月収100万円の誤謬

例えば中国輸入で月収100万円と言っている人の話をそのまま鵜呑みにしてサラリーマンと同じように給与所得が100万円あり税金が引かれても自由に使えるお金が75万円くらいあるのかというとそんなことはありません。

先ほど言った通り多くの場合それは事業としての粗利を示しており特に物販の場合利益を次の仕入れに回す必要があり自由に使えるお金はそこまで多くありません。

というよりそもそも法人のお金と個人のお金は分けて考える必要があり法人で月100万円の粗利益を上げているとしてあなたはきっと代表なり役員なりの立場で会社に関わっていることになるのでそのお金を使って自由に旅行に行くことなどはできません。

役員報酬という形で個人にお金を移して初めて自由に使うことが出来ます。

もちろん経費として法人のお金を使うこともできるのでPCであったり携帯代、基本的な外食代は法人のお金を使って支払うことはできます。

しかし例えばスーツを買ったり旅行に行ったりは基本的に法人の経費にすることは出来ません。(旅行を出張という名目で経費で落とそうとする人が多いですが税務署に怪しまれます)

役員報酬は法人の利益との兼ね合いで新しい会計年度に入ってから3ヶ月以内までに決める必要がありますが一般の方がイメージする個人としての月収100万円を達成するには法人としては少なくとも倍の月利200万円を稼ぐ必要があります。(多少税金的に損をしても個人にお金を残したい場合は役員報酬を多めにするなど人によってその選択は変わってきますのであくまで一般論として捉えてください。)

そうなると輸入ビジネスで月収100万円と言っている人のほとんどは個人としては月収50万円位だと思っていただいて大丈夫です。

役員報酬いくらを目指すべきか?

会社経営というのはどうしても不安定なものになりがちなので最初のうちは仕方ないにしろ月50万円しか取れないのであれば旨味は少ない、と思います。

やはりリスクを考慮すればせめて個人として月100万円は欲しいところです。

では会社で月の粗利が500万円出ている場合はどうでしょうか?

実はこの場合も役員報酬を大幅に上げる人は少ないです。

それだけの利益が出ている場合役員報酬を上げるよりも法人税等を支払って法人に内部留保した方が個人+法人で考えた場合より多くのお金を残すことが出来るためです。

雇われ社長の場合は話は別ですが自分で会社を運営している場合個人の所得して1800万円を超えた辺りから(正確には所得控除を考えれば2000万円ほど)役員報酬を増やさない人がほとんどです。

仮に法人の粗利が3000万円あって役員報酬を3000万円にしている人がいたら利益の予測を見誤ったかそもそも税務について詳しくないか、あるいはよほど経費にできないもので買いたいものがあるかのどれかになります。

結局輸入ビジネスの年収の限界は2000万円くらいだと思っていただくのがいいと思います。

ただし経費として使えるお金を考えると給与所得の人より可処分所得が多いので給与所得でいう3000万円位の人と同等の生活を送ることが出来ますしとりえあずの目標として役員報酬2000万円を目指すのがいいと思います。

会社の粗利でいうと3000~5000万円くらいです。
物販だけで達成しようと思うと年商3~5億円くらいは必要になります。

年収2000万円以上からは税金がさらに重くのしかかってくるので僕はこれ以上給与所得を増やすことは考えておらず株での資産運用をしています。

株の場合はどんなに稼いでも税金は一律で20%ほどだからです。もちろん物販と同じかそれ以上に勉強が必要ですが大きく突き抜けてお金を稼いでいる人はやはり不動産か株のどちらかはやっています。

個人的に不動産は流動性が低いのと意外と手間がかかるのがあまり好きではないのでやっていません。借り入れをほとんど行わずにどんどん物件を購入できるキャッシュがあり信頼出来る管理会社の人と知り合えればぜひやりたいとは思っています。

とりあえず今は輸入ビジネスで確実に毎年5000万円稼いで個人には2000万円、残った利益は設備投資や効率化、やりたいビジネスに活用、資産の半分程度を株で運用というスタイルで行きたいと考えています。

時間は有限なのである程度安定して稼げる仕組みを作ったら各々やりたいことに時間を使った方が幸せなはずです。

そのある程度、というのがどれくらいというのは人によって違うでしょう。

最低年収600万円あればいいという人もいれば最低3000万円はないとだめだ、という人もいます。

くれぐれも年収を増やすことだけを目標に頑張り気づいたら仕事以外何もしていないまま年だけ取っていた、ということにならないようにしましょう。

以下の話を聞いたことがある方も多いでしょう。

メキシコの田舎町。海岸に小さなボートが停泊していました。

メキシコ人の漁師が小さな網に魚を取ってきました。

その魚はなんとも活きがいいものでした。それを見たアメリカ人旅行者は、

「すばらしい魚ですね。どれくらいの時間漁をしていたんですか?」 と尋ねました。

すると漁師は

「そんなに長い時間じゃないです」

と答えました。旅行者が

「もっと漁をしていたら、もっと魚が獲れていたでしょう。惜しいですね。」

と言うと、

漁師は、自分と自分の家族が食べるにはこれで十分だと言いました。

「それじゃあ、あまった時間でいったい何をするんですか?」

と旅行者が聞くと、漁師は、

「日が高くなるまでゆっくり寝て、それから漁に出る。戻ってきたら子供と遊んで、

女房とシエスタして。 夜になったら友達と一杯やって、ギターを弾いて、

歌をうたって…ああ、これでもう一日終わりですね」

すると旅行者はまじめな顔で漁師に向かってこう言いました。

「ハーバード・ビジネス・スクールでMBAを取得した人間として、あなたにアドバイスしましょう。いいですか、あなたは毎日、もっと長い時間、漁をするべきです。 それであまった魚は売る。

お金が貯まったら大きな漁船を買う。そうすると漁獲高は上がり、儲けも増える。

その儲けで漁船を2隻、3隻と増やしていくのです、やがて大漁船団ができるまで。

そうしたら仲介人に魚を売るのはやめる。

自前の水産品加工工場を建てて、そこに魚を入れる。

その頃にはあなたはこのちっぽけな村を出てメキシコシティに引っ越し、ロサンゼルスやニューヨークへと進出していくでしょう。

あなたはマンハッタンのオフィスビルから企業の指揮を取るようになれます。」

漁師は尋ねました。

「そうなるまでにどれくらいかかりますか?」

「20年、いやおそらく25年でそこまでいけるでしょう」

「それからどうなるんですか?」

「それから? そのときは本当にすごいことになります。」

と旅行者はにんまりと笑い、

「今度は株を売却して、あなたは億万長者になれます」

「それで?」

「そうしたら引退して、海岸近くの小さな村に住んで、日が高くなるまでゆっくり寝て、 日中は釣りをしたり、子供と遊んだり、奥さんとシエスタして過ごして、夜になったら友達と一杯やって、ギターを弾いて、歌を歌って過ごすんです。 どうですか、すばらしいでしょう。」

この逸話久しぶりに読み返しましたがいろいろ考えた上でやっぱりお金より時間だなと感じますね。

また税制を考えると改めて日本で一代でお金持ちになるというのは非常に困難なことだと感じますがもちろんそれを達成されている方もいますし人から見れば僕も十分稼いでいる方なのでしょうが周りには個人として1億円以上稼いでいる人が結構いるので正直上を見たらきりがないな、と思っています。

豊かな生活のために輸入ビジネスを資産構築の方法に組み入れて、自分にしかできないことを体現できる人が世の中にもっと増えたらいいな、と思います。

コメント

コメント

最近どんな記事が読者の方の役に立つか調査しているので少しでもこの記事が役に立ったと思っていただけたら以下のFacebookやはてぶなどのソーシャルシェアボタンで応援していただけると幸いです!

~Amazon輸入編~

まだ学生だったあの頃からどのように輸入ビジネスで成功しその後も結果を出し続けてきたのかをメルマガにまとめました。他の方法もあると思いますが僕は最短ルートしか知りません。再現性の高い方法でぜひ自由をつかんでください。
は必須項目です
  • メールアドレス
  • お名前(姓名)
  • 姓と名はスペースで区切ってください