Amazon輸出無在庫販売のおすすめの仕入先

この記事ではAmazon輸出無在庫飯場ビジネスの仕入先をまとめています。

無在庫販売の特徴として商品が売れてから発送を行うという点が挙げられますが特徴からも仕入れを行う商品には共通するポイントがあるのでまずはそこから見ていきたいと思います。

Amazon輸出無在庫販売で扱うべき商品の特徴

  1. 卸仕入れに不向きの商品
  2. ランキングが低い商品
  3. 差益が大きい商品

卸仕入れに不向きの商品

卸仕入れ向きの商品はFBA出荷する人が多いので同じ商品を無在庫で扱っていても厳しいです。

小売仕入れでは送料の差がものを言うので相当数を送って安い送料を獲得するかあるいは送料の安い代行会社を使うようにしましょう。

FBA出荷向けの代行会社がほとんどですが無在庫輸出向けのエンドユーザーへ発送してくれる代行会社も存在します。

ランキングが低い商品

無在庫で扱うべきなのは回転率が低い商品です、売れる商品は皆FBAで出荷していきます。

反対に1,2ヶ月に1個しか売れないような商品をFBA出荷すると在庫になる可能性があり在庫保管手数料がかかってくる点からもFBA出荷ではランキングが高い商品を狙っていくのが基本になります。

差益が大きい商品

回転率が低い商品を扱うのでその分一つの商品で利益を多めに取らないといけません。

無在庫販売をする場合は送料を含んだ上で3000円以上の差益がある商品を扱いましょう。

またAmazonでは出荷キャンセルを行うとアカウント停止リスクが高まるため無在庫用のツールがないか在庫チェック用に人を雇えない場合はe-bayなど別のチャネルで出品する必要があります。

Amazon輸出無在庫販売で扱うべき商品の特徴を押さえた上でおすすめの仕入先を見ていきましょう。

Amazon輸出無在庫販売のおすすめの仕入先

Amazon輸出無在庫販売のおすすめの仕入先はAmazon、楽天、yahooショッピング、ヨドバシカメラの4つになります。

アカウントの健全性を保つ為にも何よりも在庫の確保を行うことが重要なので上記のようなメジャーなECサイトを軸にすることがポイントです。

探せばもっと安く仕入れることのできるネットショップ等や卸サイトも見つかるとは思いますがその場合はクレジットカードを使って仕入れが出来なかったり、在庫ありになっていても購入すると在庫切れのお知らせが届くことがあります。

そのため上記の4サイトをおすすめしますがそれぞれのサイトで仕入れる際に経由したいサイトがあるので紹介しておきます。

Amazon

Amazonで商品を仕入れる際にAmazonアソシエイトを活用してアフィリエイトリンクを自分で踏んで商品を購入しても無効になることは有名ですが実は特定のサイトを経由してAmazonで商品を購入するとキャッシュバックを受けることが出来ます。

それがJMBモールというサイトです。

航空会社のJALが運営するサイトで200円の購入につき1マイルが貯まります。

ギフト券をこ運輸する際やギフト券を利用する際にも200円の利用につき1円のルールが適用されるので実質100円で1マイルを貯めることが出来ます。

ただしギフト券に関してはアマテンのようなギフト券売買サイトで購入をすれば安く購入できるため正規ルートでギフト券を買うのはあまりおすすめできません。

いずれにせよ商品を購入する際にはJMBモールを経由してAmazonで買うことをおすすめします。

やはり無在庫輸出をしていると仕入れの半分くらいはAmazonから行うことになると思います。

楽天

楽天で商品を購入する際に活用したいのがハピタスというポイントサイトです。

ハピタスのリンクを踏んで楽天で商品を購入すると1%のキャッシュバックがあります。

さらに楽天モバイルや楽天プレミアムカードなどを活用することでポイントを10倍以上貯めることもできるので楽天も仕入れサイトとして活用可能です。

Yahooショッピング

Amazonに次いで仕入れをすることが多いのがYahooショッピングです。

こちらもハピタスのリンクを踏んで商品を購入することでキャッシュバックを受けることができます。

5,15,25日はポイントが5倍になります。

Yahooショッピングではソフトバンクユーザーであることでもポイントが増えます。

またYahooショッピンで利用時に使うことでポイントが増えるyahooカード自体もハピタス経由で申し込むことでポイントがキャッシュバックされるのでぜひ活用しましょう。

ヨドバシカメラ

ヨドバシカメラには残念ながら活用できるキャッシュバックサイトのようなものは存在しませんが配送が早いため無在庫輸出の仕入れではたまに使うことがあるでしょう。

コメント

コメント

輸入・輸出ビジネスを学ぶなら貿易大学