個人輸入転売は違法?

個人輸入転売の違法性

結論から言うと個人輸入転売は違法とも違法でないとも言えます。

個人輸入として商品を輸入すると税率が安くなるので転売目的で購入すると違法です。

しかし個人で商用目的で輸入して転売するという意味での個人輸入転売は違法ではありません。

これは正式には小口輸入といいます。

しかし小口輸入という言い方は貿易に詳しい人しか知らないのでみな個人輸入と言っています。

そして個人輸入転売は違法という情報を見つけて焦っているようです。

しかし商品を1個だけ輸入して売る、なんて人はいないでしょう。

実際線引きがどこで行われているかは分かりませんが一定量以上輸入すれば勝手に商用利用と判断され課税されます。

税務官の判断で関税がかからなかったものはラッキーです、一度通関をクリアしたものに対して関税がかかることはないので「個人輸入した商品に関税かからなかったのですが大丈夫ですか?」などと税関に問い合わせる必要はありません。

また反対に関税額に対して不満がある場合は不服申し立てをすることもできますが不当に関税が掛けられるようなことはまずありません。

購入額もそうですがどちらかというと購入数の方が見られます

購入額はセンター試験だと思ってください。

商品額というセンター試験で足切りを食らわなかった人だけが2次試験にすすみ、商品個数を見られ晴れて合格すると関税が掛けられます、全然嬉しくないですね。

また輸入以外でも国内転売でも注意が必要なことがあります。
こちらは商用目的で商品を仕入れて販売する場合古物商の免許が必要です。

ちなみに商用目的で海外輸入を行い国内で売る分には古物商の許可入りません。

警視庁のホームページにもきちんと書いてあります。

Q.外国に行って雑貨などを買ってきて、日本で売る場合は、許可が必要ですか?

A.販売者自身が外国で買い付けをして国内に輸入したものを売るのみであれば、古物商の許可は必要ありません。しかし、他の業者が輸入したものを日本国内で買い取って売る場合は、国内の被害品が混在する可能性があるので、許可が必要になります。

また副業でやるにしても雑所得20万円以上は課税対象なので確定申告して納税しないと脱税になります。
(20万円未満でも申告自体はする必要があります)

Amazon輸入に関する確定申告についてはリンク先に詳しくまとめています。

額が小さければ追徴課税で住みますが悪質だと重加算税が課せられ逮捕される場合もあるので気をつけましょう。

と言ってもまじめにビジネスをしている人には関係ありませんのでご安心ください。

再び関税の話に戻りますが商用目的でない個人輸入の場合でも関税がかからないということはありません。

個人用品特例として商品代金の60%に対して関税が課せられます。

税関がどうやって商品代金を判断しているかというと基本的にインボイス(輸出入に必要な書類)を参考にしていることになりますが各国税関では統計品目番号毎に、ある程度幅を持たせた単価を資料として保有しているのでアンダーバリュー(不正)を行うと税関で止まります。

アンダーバリューは節税ではなく脱税なので絶対にしてはいけません。

また関税がかからない商品、例えば車のパーツを輸入したのに何故か追加で料金を請求された、という場合それは消費税を請求されていることになります。

ちなみに輸出は非課税です。(輸入者側は現地の法律に基づき課税)

関税に関して困った事があれば税関に電話すると色々丁寧に教えてくれるのでおすすめです。

個人輸入をする際には少しでも安く商品を買うことが重要になってきます。

その方法は二つあって一つが卸を取る方法、もう一つがクーポンやキャッシュバックサイトを使って安く仕入れる方法です。

それぞれ参考になる記事を以下に載せておきますので合わせて参考にしていただければと思います。

卸を取る方法は個人というよりは個人事業主、本業としてビジネスをしてみたいという人向けかもしれません。

副業としての輸入ビジネスの方法は本業としてやっている人のものとは異なります。

副業としての輸入ビジネスについてはリンク先をご覧になってください。

クーポンサイトを利用して安く買う方法は個人向けにもビジネス用にもどちらにも活用できます。

またビジネスとしてではなくあくまでプライベート用に自分用の商品を輸入したいだけという方は個人輸入の方法をリンク先にまとめているのでそちらを参照してください。

輸入転売にかかる税金について知る

個人輸入転売をしていても大量に商品を輸入すれば商用とみなされ関税がかかります。

もちろん本当に個人用の可能性もあるので正当性を訴える事ができれば関税はかかりません。

輸入転売にかかる税金の計算は非常に複雑なのでAmazon輸入転売にかかる関税についての記事も合わせてご参考ください。

違法になるケースと違法でない商品の見つけ方

輸入転売は基本的には違法になりませんが違法になるケースも存在します。

例えば正規代理店がいるにも関わらず並行輸入商品を同じページに出品するような場合です。

これは知的財産所有権の侵害にあたります。

並行輸入品の場合は必ず並行輸入品のページに出品しましょう。

ちなみに初心者がAmazon輸入で利益が出る商品を探す場合、Amazonの検索欄に並行輸入、と入れ商品を絞り込むのはもはや鉄板です。

もしまだ商品を輸入したことがなく今から始めてみたいという場合はAmazon輸入に使える無料ツールを活用したリサーチ方法を学んでみてください。

また輸入時に食品衛生法や医薬品医療機器等法に基づく審査が必要な商品の審査を受けずに販売するとこれも違法です。

例えば食品衛生法に引っかかる商品を輸入する時にどういった審査が必要かというのは厚生労働省のHPに載っているので逐一情報を確認すればそれほど難しいことではありません。

このことに関してAmazon輸入で気をつけるべき法律をリンク先にまとめています。

ライバルと差別化するためにもぜひご覧になってみてください。

またヤフオクやメルカリなど様々な媒体がある中Amazon輸入転売を勧めているのには理由があります。

詳しくはAmazon輸入転売ビジネスの方法まとめページを参照してください。

コメント

コメント

~Amazon輸入編~

まだ学生だったあの頃からどのように輸入ビジネスで成功しその後も結果を出し続けてきたのかをメルマガにまとめました。他の方法もあると思いますが僕は最短ルートしか知りません。再現性の高い方法でぜひ自由をつかんでください。 登録特典として輸出入ビジネスの失敗例100選の資料をプレゼントしています。
は必須項目です
  • メールアドレス
  • お名前(姓名)
  • 姓と名はスペースで区切ってください