輸入転売ビジネスで稼げない原因とその対策

輸入ビジネスで稼げない原因
Shuhei
Shuhei

東京大学在学時に始めて半年で会社設立をして1年で事業売却に成功した輸出入ビジネスの方法をメール講座で無料でお伝えしています。

 
➡︎たった1年で輸入ビジネスで起業・事業売却した方法はこちら


「輸入ビジネスを始めたけどなかなか上手くいかない」

「何に時間をかければいいかわからない」

そんな輸入ビジネスで陥りがちななかなか稼げない問題を解決するべくこの記事を書きました。

輸入転売に必要な戦略

輸入転売でなかなか稼げない人、その原因の9割はリサーチにあります。

Amazon輸入で利益が出るものを見つけたらそのまま買っていませんか?

海外Amazon→日本Amazonとするのは早計です。
その前にチェックするべきことがあります。

小売以外の仕入先をチェックした上でAmazonから買いましょう。

いつも言っていますが商品は安く買うのが大事です。

Amazonで買うより卸やメーカーから買った方が明らかに安い。

じゃあなんでAmazon輸入やAmazon輸出を勧めるかというと別に小売りから買っても稼げるからです。

アパレルは原価が安いのですがゲームや家電、DVDは仮に卸から買っても9掛けです。

小売りから買うのと10%しか変わらないんだったら僕はコストパフォーマンスを意識して小売りから買います。

安ければいいという問題ではありません。

安くてもアパレルや雑貨を海外Amazonから買うのはナンセンスな行為です。

小売での商品リサーチなんてのは本当に単純で一品一品利益が出やすいジャンルで商品価格を比較して行くだけです。

100品探して5品見つける。
自分で探すのがいやだったら外注化して見つけてもらう。

ある程度利益が出るようになったら有料ツールを使った方がいいと思いますがまずはAmazon輸入無料ツールだけでも利益は出せますので試してください。

無料ツールを活用して利益が出た、あるいは時間がないので最初から効率良く行きたいという方はAmazon輸入ツールのおすすめとその理由についてもリンク先にまとめているのでよければ参考にしてください。

在庫追跡機能という特定の商品ページあるいは特定の出品者が売っている商品がどれだけ売れているか判別する機能が一番人気があります。

またメインカートを取るには出品者評価を上げることが重要ですが顧客フォローというAmazonで自分の商品を購入してくれた人に対する追客メールを送る機能をそのツールの機能の一部として無料で提供しています。

ちなみに僕はビジネスを行うためのツールやサイト代で月10万円分は固定費としてかかっています。

10万円を払うことで100万円以上のお金を手にし大幅な時間も手にしています。

もちろん最初は手作業で商品リサーチをしていました。

梱包も自分でしてAmazonFBAのラベルも自分で貼っていました。

1日15時間くらい働いてました。

最初は身体を使って時間を使ってお金を稼ぐしかありません。

場合によっては資本金を貯めるまではバイトをした方が効率がいい場合もあります。

物販ビジネスで月10万円稼いでるのにそれ以上稼げないなんて人が多いですがそういう人は稼いだ10万円を生活費に使っている人がほとんどです。

10万円稼いだら5万円はツール買ったり外注費に使っていかないといつまでも10万円しか稼げません。

リサーチは本来時間をかけるべきところではありません。
稼げる商品はツールに任せて販路の拡大、流通の拡大を目指すのが正しい物販ビジネスの姿です。

稼げない原因で一番大きいのはこのリサーチの部分です。

リサーチを攻略すれば一旦は稼げるようになります。

しかし輸入ビジネスはシンプルですがリサーチ以外にも学ばなければならないことはたくさんあります。

もしまたAmazon輸入のやり方・始め方の記事を読んでいないようであればそちらを読むことをおすすめします。

コメント

コメント

~Amazon輸入編~

まだ学生だったあの頃からどのように輸入ビジネスで成功しその後も結果を出し続けてきたのかをメルマガにまとめました。他の方法もあると思いますが僕は最短ルートしか知りません。再現性の高い方法でぜひ自由をつかんでください。 登録特典として輸出入ビジネスの失敗例100選の資料をプレゼントしています。
は必須項目です
  • メールアドレス
  • お名前(姓名)
  • 姓と名はスペースで区切ってください