Amazon輸入ビジネスの本7冊比較【目ぼしいのは全部読んでみました】

「Amazon輸入ビジネスの本って色々あるけど
どれがいいか分からない」

「サクラレビューが多くて
本当にいい本がどれか分からない」

こんなお悩みをお持ちの方のために
2016年8月時点で出版されている
巷のAmazon輸入ビジネスの本を
全て読んで紹介しています。

Amazon輸入ビジネスの本というのを
今まで読んだ事がなかったのですが
期限切れ間近のAmazonギフト券が余っていたので
この機会にまとめて買って読んでみました。

中には直接会った事のある著者もいますが
誰の肩を持つわけでもなく
客観的に評価しています。

Amazon輸入はオリジナル商品で儲けなさい!

オリジナル商品の販売について
書かれた本です。

Amazon内集客に関して
かなりいいことが書かれているのですが
どのように工場を見つけどのように指示して
サンプルを作ろうと言った話は
一切出てこないので初心者が
この本を読んでオリジナル
販売が出来るかというと
疑問が残ります。

実際物販で
安定して稼ぐ上で
オリジナルブランドの作成というのは
かなり重要な手法なのですが
僕はオリジナルブランドを育てるのは
会社をうまく運営するのと同義だと思っています。

つまり一朝一夕で出来ることでは
ないということです。

この本をきっかけに
顧客心理やマーケティング、
マネジメント、財務など
包括的な知識を身につけていかなければ
オリジナルブランド販売で
成功することは難しいです。

自分でそられの勉強ができる人向けなので
必然的に対象は中級者以上です。

評価

ホントにカンタン! 誰でもできる! 個人ではじめる輸入ビジネス 改訂版

輸入ビジネスの全体像を見渡す上で
非常にいい本だと思います。

要約すれば輸入ビジネスは
こんなにチャンスがありますよ、
思い切って展示会に行ってみましょう、
といった内容の本。

サンプルをもらって
それを売りテストマーケティングしよう
という所は他の本では
誰も言っていなかったものの
同意できる重要な点。

既存商品であれば
Amazonのランキング等から
判別したり
新規商品でも
類似商品の売れ行きを
チェックすることで
ある程度見通しを立てることは
できますが
初心者の方だと
そもそも売りたい商品が
どの商品に近いか、という部分を
見誤ったりブランディングの方法を
知らないので新規出品で売るのは難しいです。

実物を売って
テストマーケティングしてから
大きく仕入れる、と言うのは
輸入ビジネスの鉄則です。

その他も他の書籍では
あまり言及されていないことが
書かれていたので好印象。

評価

確実に稼げる Amazon輸入 副業入門

2014年に出版されたためか
内容の古さがあるものの
初心者向けの本としては申し分ないと思います。

ただこの本に書いてある内容だけだと
今の時代は苦しいでしょう、
ライバルもかなり増えています。

今の時代そしてこれからの時代も
生き残れるのは次の3通りのどれかが
できている人です。

  1. 他の人がとれない卸を取れる人
  2. 無在庫販売を徹底的に効率化できる人
  3. オリジナルブランドのブランディングができる人

この本の延長上には一番上のやり方がありますが
それは色々なブログを見ても分かることで
この本を否定するわけではなく
他の人が取れない卸を取れるレベルまで
実力を上げるには本だけだと正直厳しいです。

欧米輸入を実践して成果を出している
誰かのコンサルを受けるのがいいと思います。

評価

Amazon個人輸入 はじめる&儲ける 超実践テク 104

欧米輸入の箇所に関しては
中級者以上でも使える内容が散見できましたが
中国輸入、特にOEMやオリジナルブランドの
話もするなど風呂敷を広げすぎた
感じが否めない書。

しかし独占販売権の獲得をはじめとした卸交渉や
外注化・仕組み化の方法などにも言及しているのは
好印象。サービス精神旺盛な所が
若干まとまりのない構成にしてしまっていると思います。

300ページ弱とボリュームが多いのですが
本気で使えるノウハウを教えるのであれば
オリジナルブランドの作成・販売だけでも
300P必要だと思います。

欧米輸入にもページを割いている分
具体的なマーケティング方法などに欠け
元からセンスのある人や勘のいい人しか
オリジナル商品販売の部分は
活用できないと思います。

しかし外観を見渡す教科書としては
今回読んだAmazon輸入系の本で一番よかったと
感じています。

評価

時給1万円稼ぐ 図解Amazon輸入ビジネス

出版年数が2013年と古いため
他の本と同列に扱うわけにはいきませんが
それでもやはり内容が若干古いです。

各種サイトの登録方法や使い方が
大半を占めていて取り立てて
注目すべきオリジナリティーも
残念ながらありませんでした。

副業の延長といった感じで
2013年当時は通じたかもしれませんが
小売転売の解説書と言った感じで
本質を突いてはいないので
今買う必要は特にないと思います。

図が見やすいのは◯。

評価

Amazon中国輸入ビジネスの極意

中国輸入の無在庫転売を
主に扱った本。

なぜか外注化に関して
かなり詳しく書いています。

無在庫系の本で
いい評判のものを聞いた事がなかったので
正直期待していなかったのですが
この本はかなりいいです。

無在庫販売は
有在庫販売とは
全く別のスキームで組み立てる必要がありますが
無在庫販売のスキームの
8割くらいはこの本で網羅できると思います。

足りないのはやはり
ソフトウェアなどでの仕組みの加速化について。

せっかく外注について詳しく書いてあるので
中国のプログラマーなどに外注して
商品抽出ツールを作ってもらう方法などを
書いても良かったのでは、と思います。

全体の評価としては良書。

評価

中国Amazon輸入 アリババ・タオバオから仕入れる

コンセプトは中国輸入中級者・上級者にも
役立つ本との事でしたが
初心者向けの内容でした。

しかも正直ネットで手に入るレベルの
話が多いです。

本という体裁を整える上で
出版社の意向で
初心者に寄り添うのは仕方ないものの
そうであれば中級者・上級者向けとは
決して言うべきではなかっただろうな、
と感じる内容でした。

初心者向けとしてはそこまで
悪い本だとは思いません。

評価

Amazon輸入の本7冊比較のまとめ

総括としては
どの本も思ったより悪くなかったものの
全体として初心者向けの手順書で
背景にある考え方などにまで
言及しているものは少なかった印象です。

Amazon輸入で起業する際に役立った本41冊まとめ
の記事も合わせて参考にしてください。

コメント

コメント

最近どんな記事が読者の方の役に立つか調査しているので少しでもこの記事が役に立ったと思っていただけたら以下のFacebookやはてぶなどのソーシャルシェアボタンで応援していただけると幸いです!

~Amazon輸入編~

まだ学生だったあの頃からどのように輸入ビジネスで成功しその後も結果を出し続けてきたのかをメルマガにまとめました。他の方法もあると思いますが僕は最短ルートしか知りません。再現性の高い方法でぜひ自由をつかんでください。
は必須項目です
  • メールアドレス
  • お名前(姓名)
  • 姓と名はスペースで区切ってください