Amazon輸入の利益計算はこうすればリスクを回避できます

profit

Amazon輸入でうまく利益が出せない人は
利益計算を疎かにしていることが多いです。

利益計算は今回紹介するような
厳密な計算をすることにより
様々なリスクを軽減することができるので
ぜひ導入してみてください。

一般的なAmazon輸入の利益計算

FBAシミュレーターに販売額を入れて
返ってくる値をAmazon入金額と定義すると

利益=Amazon入金額-仕入額

となります。

仕入額とは商品価格+国際送料です。

国際送料は1kgあたりの送料を
事前に用意してそれが例えば1000円/kgで
商品重量が1.8kgであれば
1.8×1000=1800円と求める形になります。

この時初心者の方であれば
間違えやすいのが
発送代行の会社の料金プランの
1kgの欄を見てその値を用いてしまう、
という所です。

あくまでそれは1kg送った時の
料金です。

物流サービスは99%
まとめて送れば送るほど安くなります。

そのため一回に送る量を
仮に60kgと仮定して
60kgの時の料金が
60000円であれば
60000÷60=1000円/kgとして
商品リサーチ時の計算に
用いるようにしてください。

ここは本当に間違えやすい部分です。

1kgでクーリエ(FedexやDHLで)送れば
アメリカ→日本で3000円はかかるでしょう。

60kg分荷物を送ったとなると
3000×60=18万円とするのは明らかに
間違いだというのは
お分かり頂けると思います。

この間違いをよく起こすのは
リサーチ系ツールを使用する時です。

例えば僕が開発に携わっている
アマトピアの商品リサーチツールでも
事前に送料表を設定することができます。

例えば出品者出荷で
国際eパケットで送ることを仮定して
送料表を以下のように設定したとします。

重量(kg)送料(円)送料(円/kg)
0.0556011200
0.16356350
0.157104733
0.27853925
0.258603440
0.39353117
0.410852713
0.512352470
0.613852308
0.715352193
0.816852106
0.918352039
119851985
1.2522551804
1.525251683
1.7527951597
2.030651533

※重量あたりの料金がわかりやすいように
3列目に表示しています。

商品重量が473gだとすると
切り上げで0.5kgの時の料金が
適用されるので
1235円かかることが分かります。

しかしまとめて送る時に
代行会社の送料表を
そのまま設定したら
おかしなことになるのは
勘の鋭い方であれば
先ほどの説明で
お分りいただけたかと思いますが
仮に商品重量が先ほど同様
473gだとして
代行会社の料金表通りに
送料を想定して計算すると
0.5kgの料金が採用され
実際の送料より高い
値になってしまいます。

そのため普段自分が送っている量、
あるいはこの量までは
商品をまとめて送りたいと
自分の中でルールを決めて
そのまとまった重量で
その重量時の料金を
割った値から
オリジナルの送料表を
作成する必要があります

以下に例を示します。

下記のような料金表の
代行会社を使うとします。

重量(kg)料金(円)送料(円/kg)
1.050005000
2.080004000
3.090003000
4.0100002500
5.0110002200
6.0120002000
7.0126001800
8.0136001700
9.0144001600
10150001500

これを商品リサーチ時に
そのまま使っては
いけないということでした。

まだ輸入ビジネスを
始めたばかりなので
10kg分しか仕入れないだろう
と仮定したとします。

※この数字は人によって5kgであったり
20kgであったり100kgであったりと
変わってきます。

10kgの時の料金は15000円で
1kg辺りの送料が1500円なので
自分で商品リサーチ用の
送料表を設定するとしたら
以下のようにしなければいけません。

重量(kg)料金(円)送料(円/kg)
1.015001500
2.030001500
3.045001500
4.060001500
5.075001500
6.090001500
7.0105001500
8.0120001500
9.0135001500
10150001500

1kg辺りの料金を
見ていただけるとどういうことか
お分かり頂けると思います。

これを踏まえて
実際にこなうべき利益計算について
解説します。

実際に行うべき利益計算

利益=Amazon入金額-仕入額

という大原則は変わりませんが
重要なのは商品リサーチ時と
実際の仕入れ時、
そして販売時で価格変動が
起こる可能性があるということです。

特にライバル出品者の
影響で販売価格を下げなくてはならない
局面は頻繁に訪れます。

それにも関わらず
通常の利益計算だけを行うと
それはベストな状態での
利益計算なので
変化に弱くなってしまうのです。

また事前予測が
難しい部分はありますが関税と
消費税の計算も可能であれば行いましょう。

関税は商品価格+国際送料+保険価格に対して
かかるので注意が必要です。

また消費税は仕入れ分は控除されるので
あらゆるリスクを排除した計算式は
以下のようになります。

他にも為替変動リスクもありますので
赤字を防ぐためには
実際のレートより高めに
計算するべきです。

以上のことを全て想定した上で
僕が推奨している計算式を紹介します。

AmazonFBAシミュレーターに基づくAmazonからの入金額(ただし販売価格は0.9掛け)
-仕入れ価格(リサーチ時の1.1掛け)
-送料-関税-消費税

送料は1kg辺りの料金を算出し合計の商品重量を掛ける。

なお為替レートは2%増しで計算。

厳しく計算しすぎてチャンスを失うのも
もったいないですがそれでもこれ位は
想定するべきです。

※僕自身は実際には
仕入れ価格は1.1掛けで計算せず
等倍で計算しています。

Facebook Comments
最近どんな記事が読者の方の役に立つか調査しているので少しでもこの記事が役に立ったと思っていただけたら以下のFacebookやはてぶなどのソーシャルシェアボタンで応援していただけると幸いです!


head

メルマガ登録特典

■毎月1名の方にAmazonギフト券5000円分
■毎月2名の方に統合型Amazonツール「アマトピア」
■物販ビジネスの指針を示す計100分の無料動画講座
■50万円の初期費用を貯めるための無料レポート

その他にもメルマガ内では
海外マーケティングの情報提供や
セミナーの告知などを不定期に行っています。

※これらの特典は【期間限定のプレゼント】となります。
早めにご登録ください。

or