Amazon輸出の返品・返金リクエスト対応の方法

Amazonで商品を販売していると必ず立ち会うのが返品リクエストです。

返品リクエストにより不良在庫が出てしまった場合日本では一旦自宅や会社に送って再梱包して再販売することできますがアメリカを始めとして海外で販売している場合日本まで送り返す訳にはいきません。

またFBA出品をしている場合は自動で返品対応をしてくれますが出品者出荷の場合自分で対応する必要があるのでまずはそのやり方について解説したいと思います。

返品リクエストの対応方法

resend

購入者から返品リクエストがあった場合「Return Requested for order ID」というメッセージがAmazonから届きます。

まずはセラーアカウントにログインしたら画面左上にある「Return requests」をクリックします。

すると返品リクエストがあった商品が表示されます。

相手の返品リクエストに応じる場合は返送用の送付状を発行してもらうための作業をします。

「Authorize request」をクリックします。

「Authorize request」の画面に遷移します。

「Return Merchandise Authorization number」は「I want Amazon to generate a Return Merchandise Authorization number」を選択し、

「Your return mailing label」は「I would like Amazon to provide an un-paid mailing label」を選択します。

最後に「Authorize request」をクリックします。

これで購入者が返送用のラベルを返品できるようになりました。

次に購入者とメッセージのやりとりをして返品リクエストに関する問題が解決した場合は「Close request」をクリックします。

「Close request」の画面に移動したら返品リクエストを取り下げる理由を選択して「Close request」をクリックします。

返金リクエストの対応方法

refund

次に返品の商品の到着後や購入者とのやりとりで返金金額が決まった場合に返金する方法になります。

「Issue refund」をクリックし「Refund order」の画面に移動したら返金をします。

購入者とメッセージのやりとりをする場合は「Contact buyer」をクリックします。

購入者にメッセージを送ります。

Amazonの基本的なルールとしては商品が返品されて手元に届いてから、返金をするという順番になります。

返送の送料は

  1. 購入者都合による返品の場合は購入者負担
  2. 販売者側のミスの場合は販売者側で負担

というのが一般的だと思います。
購入者都合による返品はもちろんそれで問題ありませんが商品に不備があったり、出品者側のミスの場合は商品が届く前に先に返品をしたほうがクレームにならないためおすすめです。

その際はもちろん、商品代金及び往復の送料も同時に返金することをおススメします。

物販をやっていれば必ず、返品やクレームはありますので利益計算のときは返品リスクを想定してあまりに高額の商品は扱わないようにしましょう。

ちなみにFBA出荷では返金は自動で行われますが補償額は以下の通り。

Items in original condition past the return window*80% of the item’s price
CDs, DVDs, VHS tapes, video games, cassette tapes, or vinyl records that were opened (taken out of its plastic wrap)50% of the item’s price
Items that are damaged, missing parts, not in the original condition, or have obvious signs of use for reasons not due to an Amazon.com errorUp to 50% of the item’s price
Open software for reasons not due to an Amazon.com error0% of the item’s price

FBA出品を行っている場合でもまれにお客さんがAmazon上で手続きをしておらずメールで返品・返金リクエストが来ていることもあるので注意が必要です。

AmazonFBAに返品された商品の再入庫方法

新品で売れた商品が開封されて返品されるという経験は誰しもが通ってきていると思いますが商品単価が高い場合それを廃棄として出すのは勇気がいります。

状態が変わった場合、新品で売れなくても中古で売れるのでは?と思ってもAmazonの方でその対応はしてくれないので海外FBAに入れた商品は海外パートナーの元に送って再納品してもらう必要があります。

僕はupworkを活用しています。
一箱につき実費以外に500円で頼んでいます。

英語が苦手という方は少し集まりづらいですがクラウドワークスなどで【アメリカ在住主婦の方優遇】のような募集文を出せば集まるのでぜひ実践してみてください。

他の国の場合も同様のやり方でいけます。

変な人に頼むとトラブルの元になるので返品された商品の再入庫をしてもらういい外注パートナーの選び方について学びたい方は以下の記事をご覧になっていただければと思います。

参照:Amazon輸出で外注化すべき3つの作業と優秀な外注パートナーの集め方

コメント

コメント

~Amazon輸出編~

まだ学生だったあの頃からどのように輸出ビジネスで成功しその後も結果を出し続けてきたのかをメルマガにまとめました。他の方法もあると思いますが僕は最短ルートしか知りません。再現性の高い方法でぜひ自由をつかんでください。 登録特典として輸出入ビジネスの失敗例100選の資料をプレゼントしています。
は必須項目です
  • メールアドレス
  • お名前(姓名)
  • 姓と名はスペースで区切ってください

  
輸入・輸出ビジネスを学ぶなら貿易大学