海外Amazon輸出での出品者登録の方法

Amazon.comの登録方法

Amazon輸出を始める上で何よりもまず初めにしないといけないのが出品者登録です。

まず初めに海外Amazon出品者アカウントは、購入者アカウントとは別物なので注意してください。

海外Amazonで購入者アカウントを作成したことがあっても出品者アカウントを作っていなければ、アカウント作成の必要があります。

Amazon.comの出品者登録方法

ここではアメリカAmazonを例に、作成方法を説明していきます。
まず、アメリカAmazonのトップページにアクセスしてください。

amazon.com

日本からのアクセスだとご覧のように日本で買い物をしましょう、という表示が出ますがこれを無視して手続きを進めましょう。

amazon2

まず赤枠で囲んだYour Accountをクリックします。
amazon

次に赤枠で囲んだYour Seller Accountをクリックします。

amazon登録

次に使用したいアドレスを入力します。
日本のAmazonでも出品者登録をしている場合はそれとは別にした方が管理しやすいです。

Amazon住所

次に電話番号等を入力して行きます。

Amazon登録

住所を入力し終えたら赤枠で囲ったStart sellingをクリックします。

出品者アカウントには、小口出品(月額費用がかからないが、商品が売れるごとに成約料徴収)大口出品(月額費用39.99ドルがかかるが、成約料なし)の2種類あります。

輸出転売をするなら絶対に大口出品を選択してください。

小口出品は配送日数を変えられないと言う致命的な弱点があります。

初期設定で2~3日の配送日数。
海外で注文が入ってから即EMSで送ってギリギリ間に合う計算です。

またカテゴリー成約料も高めに設定されているのでビジネスとして使うなら大口出品以外あり得ません。

ちなみに大口出品は1か月無料です。
これは海外Amazonで出品する場合でも日本のAmazonで出品する場合も同じです。

以降、大口出品者としての手続きが続きますので入力をしていきます。

Amazon Account

ここで先ほど設定したパスワードを入力します。

Amazon住所

ここでは住所を入力。

以下に架空の住所を例として示します。

日本での表記が

郵便番号223-0061

神奈川県横浜市港北区日吉1-2-3-406

田中太郎の場合

海外表記は

Taro Tanaka
Kohoku-ku Hiyoshi 1-2-3-406
Yokohama, Kanagawa
223-0061 JAPAN

となります。

これを参考に空欄を埋めてください。

Phone numberは国際電話番号を入力する必要があるため、先頭に「+81」を入力して、元々あった先頭の0を抜きます。

例)03-0102-0304 ⇒ +81301020304
080-0102-0304 ⇒ +818001020304

といった具合です。

全ての項目を埋めたら、右下黄色ボタン「Save & Continue」を押します。
Amazonクレジット

次はクレジットカードの項目です、あと少しなので頑張りましょう。

Credit card number : クレジットカードの番号
Expiration date : カードの有効期限
Cardholder’s name : カード名義人の名前
Billing addres : 請求先の住所

アマゾンcall

次は電話認証です。
相手は機械なので緊張しないでください。

Three,Six,Zeo,Nineのように数字の羅列を聞き取りやすい発音でしゃべってくれます。
アマゾンPIN

聞き取った数字をPINコードの欄に入れます。

Amazon認証終了

認証が終われば上の図のような画面になります。

次は最大の難所?税務手続きです。

Amazon納税者登録のポイント

海外Amazon納税者登録の最初の関門は以下の部分です。

For tax purposes are you a U.S. citizen,
U.S.resident,or U.S.partnerships,orU.S.corporation ?

「税務申告をする米国市民・住民、パートナー、または法人ですか?」

と聞かれるので日本に住んでいる方はNOを選択しましょう。
日本人でもアメリカに住んでいる方はYESを選択します。

以下個人の経験ですので全ての人が同じ手続きをするとは限りません。

あくまで体験談としてお考えください。

納税者登録

赤枠部分は、上部分が個人名下部分は組織名ですが、どちらか一方で構いません。
ここでは個人の氏名を入力しています。

first and middle initial : 名前
Last Name : 姓

Is your mailing address the same as permanent address?
(記載された住所は有効ですか?)

⇒YESを選択して、右下の「Continue」を選択

次のページはここで入力したことの確認ページですのでしっかりと情報が入力されていることを確認し「Continue」をクリック。
amazon登録

赤枠部分に、フルネーム(ローマ字)を入力。
Capacity in which acting : Individual(個人)を選択
E-mail address used to log in to your Amazon account
アカウント作成時に使用したメールアドレスを入力
入力を終えたら、右下黄色ボタン 「Submit W8」を選択。

amazon

名前が入力されていることを確認して画面下黄色ボタン 「Exit Interview」を選択。
これで納税者登録は終了です。

ようやくセラーセントラルにログインして商品を販売することが出来ますが、報酬を受け取る口座の設定がまだ残ってます。
口座登録

Amazon輸出と海外法人口座

海外Amazonで販売するブログを書いていると口座登録ってどうやればいいんですか?という質問がたまに届きます。

Setting→Account Info→Deposit Methodから登録するだけですがおそらく質問の意図が違うんじゃないかな、と思います。

聞きたいのは銀行口座って日本の銀行でもいいんです?UFJのユニオンンバンクならいいんですか?

などそういったことだと思います。

結論から言うと海外の法人口座でなくてはいけません。

アメリカでは事業の売上を個人の銀行口座で受け取ってはいけないという決まりがあります。

なので海外口座であっても個人名義のユニオンバンクはアウト。

法人口座を作るには当然法人を作る必要がありますがその額はおよそ15万円+毎年5万円程。

今ならPayoneerまたはWorldfirstという維持費無料のレンタル法人口座サービスがあるのでそちらを使いましょう。

参照:PayoneerとWorldfirstの比較

Amazon輸出と口座の設定手順

ここではPayoneerを例に説明します。

 

payoneer

しかしPayoneerは仕様が何度も変わっているので初心者の人は混乱してしまうかもしれません。

そこで2013年5月現在の情報をまとめたいと思います。

※登録には免許証かパスポートが必要です。
signup

上の図のサインアップと書かれているところをクリックします。
payoneer2

3つのステップを進めます。
ここら辺は普通のクレジットカードと同じなので特に問題ないと思います。

※現在はPayoneerはプリペイドカードの発行を行わない形になっています。

住所の英語表記

住所を英語表記にすることだけ気を付けてください。

住所の日本語表記を

郵便番号987-6543 ○○県△△市◇◇区××一丁目2-3 建物名405

とすると

1-2-3-405 ××
◇◇-ku, △△-shi, ○○ 987-6543
Japan

という表記に直しましょう。
payoneer完了

ステップⅠ~Ⅲが終了し、上記3項目に同意して次に進むと上図のように表示されます。
ここで作業は一旦終了です。

この後、登録したメールアドレスにアカウント発行のメールが届きます。
約2週間程度でデビットカードが届きますので受け取ってください。

そのうち登録したアドレス宛に以下のようなメールが届きます。

payoneer登録

次にPayoneerにログインしServicesからUSPayment Serviceをクリックします。

すると以下のような画面になるので
payoneer完了

個人情報になるので黒字で伏せていますがここからBank routing numberとAccount Numberを海外Amazonの銀行口座設定から登録すればAmazonで販売できるようになります。

ちなみにAmazon.comに聞いたらヨーロッパの法人口座でもいいと言っていました。

海外法人口座設立の注意点

海外に渡航せず代行で法人を立てることも出来ます。

しかし日本人はなぜかみんなハワイに法人を立てたがる。

ハワイは税制上のメリット何もないです。(ハワイにたまに訪れたい人にはいいかもしれません)

昔からアメリカの法人を立てるならデラウェア州かネバダ州と相場は決まっています。

ちなみに海外法人を立てた所で日本に住む限りは日本で納税します。

アメリカのAmazonでの売上等も日本で納税するので要注意です。

ここを勘違いして足踏みしている人が多いようです。

出品者登録や口座登録は海外Amazon輸出ビジネスの1割にも満たない些細な所なのでブログ記事を参考にささっと登録しましょう。

海外Amazonの出品者登録の方法まとめ

  1. 海外住所は必要ない
  2. 口座はpaypneerかwordfirstでOK
  3. 税金は日本で収める

この記事を読んで出品者登録が出来ただけではまだスタートラインにも立っていません。

他にも学ぶべことが色々あるのでAmazon輸出ビジネスの方法まとめを読んで少しずつ進めてみてください。

コメント

コメント

~Amazon輸出編~

まだ学生だったあの頃からどのように輸出ビジネスで成功しその後も結果を出し続けてきたのかをメルマガにまとめました。他の方法もあると思いますが僕は最短ルートしか知りません。再現性の高い方法でぜひ自由をつかんでください。 登録特典として輸出入ビジネスの失敗例100選の資料をプレゼントしています。
は必須項目です
  • メールアドレス
  • お名前(姓名)
  • 姓と名はスペースで区切ってください

  
輸入・輸出ビジネスを学ぶなら貿易大学