Amazon輸出で利益率をあげるための6つの方法【脱初心者の方へ向けて】

この記事は

「商品はある程度売れているけど利益率が低くて苦しい」

「売っても売っても利益が出ない」

という悩みを持った方を対象にしています。

まだ商品が売れていない人は先に他のAmazon輸出の記事をご覧になってください。

では早速見ていきましょう。

ギフト券を使う

アマテンをはじめとしたAmazonギフト券が購入できるサイトでは一番安い時期で92%ほどの価格でギフト券を買うことができます。

9200円で10000円分のギフト券を買えるということです。

これを活用すれば元々卸が取りづらいゲーム・CD系の商品を安く買うことができ小売仕入れだけでも利益率を上げることが出来ます。

キャッシュバックサイトを使う

ギフト券を使うやり方に似ていますがハピタスなどのキャッシュバックサイトを使えば楽天やYahooショッピングで仕入れる際にキャッシュバックを受けることが出来ます。

昔はAmazonのキャッシュバックを受けることも出来たのですが今はどのサイトも不可能になっています。

還元率のお得なクレジットカードを使う

Amazonでの利用でお得になるクレジットカードと言えば、「Amazon MasterCardクラシック」「Amazon MasterCardゴールド」「Orico Card THE POINT」の3つです。

カードの種類 Amazon MasterCardクラシック Amazon MasterCardゴールド Orico Card THE POINT
還元率 1.0% 1.0% 1.0%
Amazon利用での実質還元率 1.5% 2.0% 2.0%
年会費 初年度無料
以降:1,250円(税抜)
10,000円(税抜) 無料
年会費無料の条件 年1回以上の利用で無料 なし 永年無料
備考 Amazonプライム付帯 オリコモール経由のAmazon利用で0.5%+特別加算0.5%還元⇛実質2.0%還元

ギフト券と組み合わせることはできませんので基本的にはギフト券を使うやり方のほうがお得です。

卸を取る

Amazon輸出の卸を取る方法についてはリンク先に詳しくまとめていますがネット卸は結局誰でも取ることができてしまうので意味がありません。

ひどい場合は無料会員登録さえすれば取れてしまうケースもあります。

無料会員登録でなくても例えば月10000円払えば卸サイトから仕入れさせてもらえるというケースもありますがこれもあまり効果的ではありません。

自分だけの卸元を手にいれるこそ価値があるのです。

これは別に独占卸を手に入れよ、という話ではなくなるべくライバルが辿り着かないような所から仕入れたほうがいいという意味です。

例えば仮にAmazon輸出向け卸サイト利用者100人以上!のように謳っているサイトがあったら僕なら絶対使いません。

そういうビジネスは多くても30人くらいに限定することによって価値が生まれます。

というより卸って本来そういう役割です。

誰でも手に入るならもはや卸ではありません、これだけは覚えておいていただきたいです。

配送コストを下げる

配送コストを下げるには代行会社を使うか自分でクーリエやフォワーダーと契約する必要があります。

また地味な部分で言えば梱包資材のコストダウンも配送コストに繋がり特にFBA販売ではなく出品者出荷の場合は梱包資材費が与える影響も大きくなってきます。

個人の正規料金で送っていてはライバルとの差は開く一方になってしまいます。

輸入の場合は1kg辺り700円位を基準にしましょう。

もちろん1kgだけ送ってこんなに安くなる所はありません。

50kgで35000円だから1kg辺り700円という計算です。

固定費を抑える

僕は起業当初学生で実家に住んでいたので家賃は0円でした。

今思えばこれが意外と大きく、専業でやるのであれば稼いだお金から家賃や光熱費を支払わなければいけません。

そう考えるともし僕が今からまた0からやるなら家賃の安いところに引っ越します。

そしてこれは輸入の場合の話になりますが配送料を下げるためにAmazonの納品センターの近くに住むでしょう。

そうなると福岡の鳥栖が第一候補になってくるかな、と思います。

ここまでしなくても本気で成功したいなら余計なものには一切お金を使わずビジネスだけに投資しましょう。

Amazon輸出で利益率を上げるための方法まとめ

卸を取る方法以外は小売販売でもできる方法であったりそもそも小売でしか使えない方法もあります。

特に卸が取れない商品、一般的に掛け率が高い商品をギフト券やクレジットカードを活用して安く仕入れるのはネット仕入れがなかった時代には考えられない手法で面白いと思います。

利益を出すためには法人化しないと卸が取れないというのも先入観ですが卸を取らなければ稼げないというのもまた先入観です。

僕のブログではなるべく多種多様な方法を紹介するようにしていますがそれでも紹介しきれない手法であったり特定の条件が重なった人にしかできない手法なども世の中にはあります。

例えば今回は大前提として新規出品であることを条件としていますが中古販売も視野に入れるのであれば他にも利益率を上げる方法はあります。

残念ながら僕は実践していない手法なので解説は他の人に譲りますが面白い市場だと思います。

今回の利益率を上げる手法を用いるだけでもキャッシュフローはかなり改善されていきますのでぜひ利益率改善に取り組んでみてください。

コメント

コメント

~Amazon輸出編~

まだ学生だったあの頃からどのように輸出ビジネスで成功しその後も結果を出し続けてきたのかをメルマガにまとめました。他の方法もあると思いますが僕は最短ルートしか知りません。再現性の高い方法でぜひ自由をつかんでください。 登録特典として輸出入ビジネスの失敗例100選の資料をプレゼントしています。
は必須項目です
  • メールアドレス
  • お名前(姓名)
  • 姓と名はスペースで区切ってください

  
輸入・輸出ビジネスを学ぶなら貿易大学