Amazon輸出の口座登録と海外口座の比較

Amazon輸出の売上の受け取りにはビジネス用のドル建ての口座が必要になります。

しかしユニオンバンクのような個人用のドル建て口座では受け取りは出来ません。

選択肢は以下の3つです。

  1. 海外法人を建て銀行口座を開設
  2. 日本法人でドル建てまたはユーロ建て口座を開設
  3. レンタル法人口座を利用

海外法人を建て銀行口座を開設

海外Amazonからの売上を受け取るだけであればここまでする必要はありません。

売上が大きくなっても固定費や手間を考えるとあまりメリットはありません。

海外に法人を建てた場合は現地の税理士費用もかかってくるので最低でも年30万円ほどコストがかかってきます。

他の事業も海外で手がける場合に限っておすすめできます。

日本法人でドル建てまたはユーロ建て口座を開設

有名なHSBCバンク(香港)やニュージーランドASB法人口座などアジアの銀行では残念ながら受け取ることができません。

アメリカやカナダ、ヨーロッパの銀行であれば基本的にどこでも大丈夫です。

レンタル法人口座を利用

レンタル法人口座は2種類あります。

PayoneerとWorldfirstです。

Amazon輸出を行うほとんどの方はこれらのサービスを利用することになると思います。

なおそれぞれの違いは以下の表をご覧になってください。

USドルの場合 WorldFirst Payoneer
年間維持費 0ドル 0ドル
入金受取手数料 0% 0%
送金手数料 0ドル 0ドル
換算レート 通常:中間レート-2%
※送金額などによって割引あり
(例:1度の送金額によって1%〜2%に変動)
通常:中間レート-2%
※送金額などによって割引あり
(例:受け取りの合計額によって最少1%まで減少)
送金方法 国内銀行より送金開始 国内銀行より送金
カスタマーサポート 月~金 10:00-19:00

  • お客様一人ひとりに担当アカウントマネージャーがサポートします
  • フリーダイヤルは音声対応せずに、日本語対応スタッフが3コール以内に応答します。
  • 問題発生時はスタッフによるメールで対応し、機械による自動メール返信はいたしません。
月~木 10:00-21:00
金 10:00-18:00
その他
  • マルチアカウント対応
    (1つのアカウントに複数の口座を提供する事が可能。)
  • 1つのアカウントに複数の通貨(米ドル、ユーロ、英ポンド、カナダドル、中国元)の口座を提供することが可能。また、同じ通貨で複数の口座を割り当てることも可能(応談)。
  • 1取引あたりの集金限度額はございません。
登録方法 Worldfirstの登録方法はこちら
Payoneerの登録方法はこちら
Payoneerの登録方法は本ページに記載しています。
口座の開設は
コチラ

WorldFirstの口座の開設はコチラ
Payoneerの口座の開設はコチラ

 

コメント

コメント

~Amazon輸出編~

まだ学生だったあの頃からどのように輸出ビジネスで成功しその後も結果を出し続けてきたのかをメルマガにまとめました。他の方法もあると思いますが僕は最短ルートしか知りません。再現性の高い方法でぜひ自由をつかんでください。 登録特典として輸出入ビジネスの失敗例100選の資料をプレゼントしています。
は必須項目です
  • メールアドレス
  • お名前(姓名)
  • 姓と名はスペースで区切ってください

  
輸入・輸出ビジネスを学ぶなら貿易大学