中国輸入の国際送料まとめ【航空便・船便安いのはどっち?】

この記事では中国輸入ビジネスの利益を左右する送料の下げ方についてまとめています。

まず送料には国内送料と国際送料がありますが国内送料は店舗側に依存し安くすることが難しいのでこの記事では国際送料に焦点を当てます。

国際送料についてですが中国輸入で使う国際輸送の配送方法には大きく分けて2種類あります。

航空便とコンテナ便(船便)です。

中国輸入を行う際は代行会社を使う人が多いと思いますが国際送料は商品代金の次に金額が大きくなる部分なのでなんとなくで代行会社を使ったり発送方法を決めてしまうと大きく損をしてしまいます。

またそもそも船便を扱っていない会社などもあるので必ず最初に確認するようにしましょう。

まずは中国輸入の国際送料について見てから次に送料を安くする方法を見ていきたいと思います。

中国輸入の国際送料はいくら?【発送方法別】

航空便

  1. EMS
  2. OCS
  3. DHL
  4. FEDEX
  5. 佐川急便

EMS

中国輸入の国際送料(航空便)について考える時に着目したいのが多くの代行会社が謳っているEMSの50%~65%引きという宣伝文句です。

EMSは航空便の代表的な配送方法の一つです。

EMSの50%引きと言っている会社同士でも送料が違うことがよくあるので実際の数字で見比べましょう。

またそもそもEMSは以下のようにそれほど安くないです。(表は50%引きになる前の価格)

重量(kg) 通常価格(元) 円換算(15円) 重量(kg) 通常価格(元) 円換算(15円)
0.5 180元 2700円 15.5 1380元 20700円
1.0 220元 3300円 16.0 1420元 21300円
1.5 260元 3900円 16.5 1460元 21900円
2.0 300元 4500円 17.0 1500元 22500円
2.5 340元 5100円 17.5 1540元 23100円
3.0 380元 5700円 18.0 1580元 23700円
3.5 420元 6300円 18.5 1620元 24300円
4.0 460元 6900円 19.0 1660元 24900円
4.5 500元 7500円 19.5 1700元 25500円
5.0 540元 8100円 20.0 1740元 26100円
5.5 580元 8700円 20.5 1780元 26700円
6.0 620元 9300円 21.0 1820元 27300円
6.5 660元 9900円 21.5 1860元 27900円
7.0 700元 10500円 22.0 1900元 28500円
7.5 740元 11100円 22.5 1940元 29100円
8.0 780元 11700円 23.0 1980元 29700円
8.5 820元 12300円 23.5 2020元 30300円
9.0 860元 12900円 24.0 2060元 30900円
9.5 900元 13500円 24.5 2100元 31500円
10.0 940元 14100円 25.0 2140元 32100円
10.5 980元 14700円 25.5 2180元 32700円
11.0 1020元 15300円 26.0 2220元 33300円
11.5 1060元 15900円 26.5 2260元 33900円
12.0 1100元 16500円 27.0 2300元 34500円
12.5 1140元 17100円 27.5 2340元 35100円
13.0 1180元 17700円 28.0 2380元 35700円
13.5 1220元 18300円 28.5 2420元 36300円
14.0 1260元 18900円 29.0 2460元 36900円
14.5 1300元 19500円 29.5 2500元 37500円
15.0 1340元 20100円 30.0 2540元 38100円

複数個口で伝票をまとめることができないので輸送量が少ない人にはいいかもしれませんがあまりビジネス向けではありません。

OCS

OCSとは国際部流サービスの名称です。

国内では佐川急便に引き渡されます。

OCSを利用する際は代行会社を経由して利用することになると思いますが代行会社によって料金が異なります。

最も安い所では11元/kgとなっています。

DHL・Fedex・佐川急便

DHL、Fedex、佐川急便に関しては使っている所はマチマチです。

契約ごとに料金が変わるためDHLだから安い、Fedexだから高いと言ったことはありません。

中国輸入の代行会社の多くが利用しているのはEMS、OCS、佐川急便、船便になります。

次に船便について見ていきましょう。

船便

船便は容積が大きくなる場合に利用します。

船便は重量によりますが10元/kgも可能で航空便より安くなります。

また航空便では送ることのできないリチウム電池などが入った商品を送ることができるというメリットもあります。

船便の料金は各代行会社によって異なりますがその前に船便は大きく二つの種類に分けることができます。

混載便(LCL)とコンテナ便(FCL)です。

他の人とスペースを共有して送るのが混載便、コンテナを丸々一つ借りるのがコンテナ便です。

コンテナ便は大きさによって20ft、40ft、40ftHQと分かれています。

40ftHQとは40ftコンテナより高さがありより多くの荷物を積めるコンテナのことです。

また船便にも速達と通常発送がありますが速達だと航空便で送った方が安くなるケースも結構あります。

そのため基本的には船便では通常発送を使うと思ってください。

混載便の料金は1㎡あたり1000~1200元でコンテナ便の場合は800~1000元ほどです。

コンテナ便は荷物が傷付きづらく荷下しが早いというメリットがありますがその反面荷物が少ない場合は割高になってしまうというデメリットもあります。

またコンテナ便の場合コンテナのまま倉庫に運ぶ必要があるため「ドレー」という専用のトラックでコンテナを輸送する費用が別途かかる点にも注意が必要です。

船便の納期について

船便は料金が安いですがその分納期が遅くなります。

航空便を利用した場合日本に2,3日で到着しますが船便では2週間ほどかかります。

中国輸入の国内送料

国内送料はタオバオやアリババから代行会社までの送料になりますがそれぞれの販売モール内に記載があります。

送料が無料になっている所もありますが一般的には

  1. EMS
  2. 中国流通王

などの配送方法が使われています。

国際送料と比べると額は小さくなるのとコントロールできる部分ではないので利益計算には含んでもあまり気にしすぎないようにしましょう。

日本国内の送料

代行会社から日本のAmazonFBA倉庫に直送するような場合は国際送料に含まれますが一度国内倉庫に納入しそこからFBA倉庫に送るような場合は国内送料がかかります。

その場合は

  1. ゆうぱっく
  2. Amazonパートナーキャリア
  3. クロネコヤマト宅急便
  4. ヤマト便
  5. 佐川急便
  6. エコムー便

などがあります。

国際送料を安くするには

国際送料を安くするには

  1. 送料の安い代行会社を使う
  2. 船便(LCL混載便)を利用する
  3. 圧縮機で容積を削減する

の3つの方法があります。

送料の安い代行会社を使う

送料が安い代行会社はいくつかありますが送料が安いところは一般的に月会費がかかりますので月会費も考慮して選ぶようにしましょう。

現状ではBANRIという中国輸入代行会社が最安の11元/kgの送料を提供しています。

会費に関しても私がプロデュースする中国輸入にも活用可能なアマトピアというツールを利用している方であれば月会費無料で利用可能なため圧倒的に安く利用することが出来ます。

その他もいい代行会社が増えているので中国輸入代行会社のおすすめと比較のページをご覧になって自分に合った代行会社を選ぶようにしましょう。

船便(LCL混載便)を利用する

船便に関しては先ほど紹介した通りです。

納期は延びますが送料が安くなることはもちろん大型の貨物でも輸送可能です。

ただアクセサリーなどの小型の商品を扱う場合は航空便の方が勝手がいいので必要に応じて使い分けるようにしましょう。

圧縮機で容量を削減する

アパレル商品などの柔らかい製品であれば圧縮機にかけることで容量を小さくすることが出来ます。

最近では導入している代行会社が増えているようなので一度問い合わせてみるのがいいでしょう。

コメント

コメント

~中国輸入編~

まだ学生だったあの頃からどのように中国輸入ビジネスで成功しその後も結果を出し続けてきたのかをメルマガにまとめました。他の方法もあると思いますが僕は最短ルートしか知りません。再現性の高い方法でぜひ自由をつかんでください。 登録特典として輸出入ビジネスの失敗例100選の資料をプレゼントしています。
は必須項目です
  • メールアドレス
  • お名前(姓名)
  • 姓と名はスペースで区切ってください