輸入ビジネスの成功者はどこへ向かうのか

輸入ビジネスで何をしたら
成功と言えるでしょうか?

今日は輸入ビジネスでの成功、
成功者がどこへ向かうか、
何を考えているかについて
考えてみました。

輸入ビジネス成功の定義

人によって成功の定義は
異なるのでここでは一旦
多くの人が描いているであろう
月に自由に使えるお金が
100万円以上あって
時間も自由に使える状態にあることと
定義します。

意外とこの状態にある人は
少ないと思います。

物販で月100万円稼いでいる程度では
それは仕入れ資金に
回さなければいけないため
大して自由にお金を使えません。
使えて20万円位じゃないでしょうか。
それも自由に使えるというより
専業の人は生活費を
払わなくてはいけないので
そこに消えます。

100万円を自由に使うには
物販では月利500万円は必要で
他の粗利の高い
ビジネスをしている人であれば
もう少し少なくても達成できます。

情報発信者で
お金も時間もあるという
所をアピールする人は多いです。

1日1,2時間程度の作業で
毎月安定して物販で
200万円稼いでいます、
という感じの人がそれですね。

これは別に全然いいと思うのですが
物販で月利200万円ってまだまだ
全然大したことないです。
中級者の域を脱していないです。
上級者と称するなら
月利300万円以上からです。

月利200万円程度だと
自由に使えるお金は
生活費を除くと
30万円程度になってしまいます。
稼いだお金で
仕入れをするので当然です。

※多額の借り入れがあって
それを使い利益を生み
事業をこれ以上成長させなくていいと
思って利益を刈り取っている人は別ですが
それは相当レアなケースです。

毎月30万円自由に使えるというだけでも
世間の平均から考えると
成功者だとは思いますが
いわゆる好きな時に海外に行ったり
美味しいものを食べたり、
欲しいものを好きな時に買えるという
レベルは物販の月利300万円以上から
始まると思ってください。

ただし業種によっては
この生活が月利100万円程度でも
達成できます。

その一つが“コンサルティング業”です。

これでからくりが分かってきたと思います。

物販で稼いでいます、自由です、
ということを散々アピールする人は
月利を見せ球に
塾やコンサルティングで
自由に使えるお金を増やし
実際にはそのお金で
豊かな生活ぶりを見せつけていたり
実際に豊かに暮らしている人がほとんどです。

※塾やコンサルティング自体が
悪いわけではありません。

本質を見る必要があるということです。

僕も昔は月利を載せていたのですが
そういう人と一緒にされても嫌だと思い
特にアピールすることはなくなりました。

さらにもういよいよ他の事業で
十分な利益は確保できており
時間ももったいなくなってきたので
金輪際コンサルティングを
募集することはありません。

物販の月利で100万円行っておらず
本・情報商材でリストを集め
塾で単発月収数千万円、といったような人は
実は結構います。

さすがにこれだけあれば
自由にお金使えるでしょうね、
このタイプの7割くらいは
身の丈に合わないお金を
手に入れたことにより
高級車などを購入し
破滅していくのですが
残りの3割くらいはしたたかに
塾運営などを繰り返しています。

このやり方を
否定したいわけでもありません。

結局レベルの低い塾やコンサルに
高いお金を払う人も
自分で判断しているので
自己責任だと思うからです。

利益の大きさだけが大事なわけではないので
月利100万円でも月利300万円の人より
スマートなやり方でやっていて
将来性のある人も大勢いるともいます。

というより100万円超えたあたりからは
銀行との付き合いや資金集めを
どうするかなど物販以外のことの方が
意外と大事になってくるので
そういう意味では自分が成功した方法を
コンサルティングを通し人に教え
資金を集める方法の一つとしては
いいことだと思います。

多くの人が描くわかりやすい成功が
お金も時間もあって
好きなことができる状態だからです。

この好きなことができる状態の部分に
各々のやりたいことを当てはめてもらえれば
それは諸個人の理想的な生活に見えます。

そしてここで考えていただきたいのは
最初に成功の定義が本当に正しいのか、
ということです。

偉そうなことを言わせていただければ
自由に使えるお金100万円、
時間も自由で好きなことが出来ている
という人に会ったところで僕は
なんとも思わないです。

そんなことは別に努力すれば誰でも
達成できるわけで
仮にそれを達成しているならば
その上で何をするか?
というところが人にとって
一番大事だと思います。

別に達成していなくても
やりたいことがあって
それに打ち込めている人は幸せです。

好きな時に海外旅行、美味しいものを食べる、聞き飽きた戯言

情報発信者の多くは
好きな時に旅行に行けて
美味しいものを食べることが出来る
みたいなことをアピールしている人が
結構いますが
悲しいことにこういう謳い文句が
使われるということは
それだけ効果的ということです。

反感を買うことを覚悟であえて言うと
そんなことに大した価値はありません。

お金を払うだけで
簡単に手に入るものに
真の価値はありません。

確かに僕も年4,5回海外に行ったり
誰かと食事に行くときは
わりと美味しいものを食べていますが
それは目標があってのことです。

お金を払って得られる受動的なもの
ばかり享受していては
絶対に飽きます、実際飽きました。

成功してすぐの24歳位のときは
旅行や食事、服、時計などに
月100万円近いお金を
使っていたのですが
虚しくなりました。

自分がしたかったことは本当に
こんなことだったのだろうか。

昔の自分が今の自分を
見て憧れるだろうか。

そこからは
大きなお金は体験にしか
使わなくなっています。

いい仕事をするには
いいものを知らなくてはいけない、
その意味でいろいろな体験の一つとして
旅行や食事にお金を使うのは
正しい選択でしょう。

でも起業で成功するための
動機付けがそれだけだとしたら
それは浅ましいを通り越して
真の成功者たちからは
寂しいと思われかねないことです。

ちなみに僕は今はプライベートで
使っているお金は生活費を別にして
月20~30万円くらいで
そこまで多くないと思います。

プライベートでは
そんなにお金は必要ないので
役員報酬の多くを未払金で処理して
新規事業にどんどん投資しているためです。

自分が新しく思い描く
事業を成功させるって本当
気持ちいいです。
これも体験の一種です。

自分にしかできない体験、
他では味わえない体験、
これらが人生に
深みを加えてくれます。

僕が成功しているかどうかは別として
物販の真の成功者は
いろいろな事業を手がけています。

これは見ていると分かるのですが
お金のためだけではありません。

仕事としてやる以上収益を
安定させるのは経営者の仕事ですが
ただ楽しいんです。

きっと絵を描いてそれが評価されて
個展を開くのに近い感覚があります。

自己満足に近いところもあると思いますが
所詮どんなことも最初は
自己満足ということで
人に迷惑をかけず
自分が楽しければ何でもいいはずです。

またもし物販でお金を稼ぎたい理由が
家族を幸せにするためという
動機付けなんかは素晴らしいと思います。

お金はあって困ることはないからと
稼ごうとしている人は危険信号です、
そういう人はいくら稼いでも
一生お金のための働いていくことになります。

若者よ何を望む

輸入ビジネスでまだ
結果が出ていない人をここでは
若者と呼ぶことにします。

心が若ければみんな若者です。

シェアリングエコノミーが
発達してきて
所有で満たされる
時代は終焉を迎えつつあります。

高級車、高級時計、高級ブランド。

くれるならもらうけど別にいらない、
だったら体験や楽しいことに
お金を使う、社会全体が
その流れに向かっていき
僕は今は非常にいい時代だと感じています。

昔は努力しても起業で
成功するというのは難しい時代でしたが
今は高確率で成功できます。

全てインターネットのおかげだと思います。

ちなみに高級車が好きな人は
高級車を買うのは正しいことです、
本人にとって楽しいことを
するのが一番なわけですから。

価値観が多様化され
高級車はみんなの
憧れではなくなくなり
車好きの人の憧れになっただけ。

その他もそうです。

高級車もマイホームも
結婚さえも手に入れたければ
手に入れて心から望んでいないならば
誰に合わせることもない。

そんな現代社会において
成功して好きな時に海外旅行、
美味しいものが食べれるって
謳い文句はやっぱり古いですよね。

子供の教育にお金を
かけたい人はそこに使えばいい、
したい仕事がある人は
お金があってもそれを続ければいい、
人に迷惑をかけない範囲で
好きなようにすればいい。

お金と時間だけ与えられても
教養がなければ人間は
それを有効活用することが出来ません。

何のためにお金を稼ぎたいのか、
何がしたいのか。

ぜひ人生の本当の目的を
見失わないようにしましょう。

コメント

コメント

最近どんな記事が読者の方の役に立つか調査しているので少しでもこの記事が役に立ったと思っていただけたら以下のFacebookやはてぶなどのソーシャルシェアボタンで応援していただけると幸いです!

~Amazon輸入編~

まだ学生だったあの頃からどのように輸入ビジネスで成功しその後も結果を出し続けてきたのかをメルマガにまとめました。他の方法もあると思いますが僕は最短ルートしか知りません。再現性の高い方法でぜひ自由をつかんでください。
は必須項目です
  • メールアドレス
  • お名前(姓名)
  • 姓と名はスペースで区切ってください