ロジャーの最近の事業の取り組み(起業して10年を振り返って)

何をやっている人?

物販関係者がいる場に登場するのも2,3年に1回で私の生活はおそらく謎に包まれていると思うので物販で高みを目指したい方のために参考までに最近の動向を改めて紹介することにしました。

記事執筆時点で2012年に起業してから10年以上が経過しています。

まず大前提として私が一番力を入れているビジネスは物販ではありません。コンサルでもツール開発でもありません。一番力を入れているのはM&Aです。

2021年に一度売上を追求するということをしてみようと思い運営している会社合計で34億円まで行ったのですがその7割は確かに物販(OEM7割メーカー仕入れ3割)でした。

しかし力を入れているのはあくまで売却スキームの方です。特に個別コンサルという形でOEMを教えなくなったのもノウハウを売るより株をもらって売却に導いた方がはるかに収益性が高い(あくまで私の場合)と気づいたからです。

またそれは税率20%程度しか課税されないことやレバレッジをかけて比較的容易に億単位のお金を入手することができるからという理由もありますが一番は手離れがいいからです。
完全に自社だけでやろうとすると月に3商品開発していくだけでもてんやわんやでキツくなリます。優秀なブレインが足りません。そして優秀なブレインを雇うのは非常に困難だと考えています。
まず起業家志向の優秀な人は基本人の下で働きたいと考えていません。考えていても一時的なもので独立しようとします。

だからこそ初期費用を用意してストックオプションを付与して同じゴールに向かう仲間と言う形で優秀な人材を確保するようにしています。

M&A(売却)をメインでやる理由

優秀な人を雇おうと必死に探すのではなく共にM&Aを目指すパートナーとして仲間に引き込んでいるのは獲得コストの兼ね合いの問題です。相手からしても売却までのスピードや確実性が高まるのでメリットが大きいと感じてもらっているからこそ出来ていることだと思います。

また自社だけで回そうと思ってもお金が足りません。勝ち目のある商品なんていくらでも見つけ出すことが出来ますが銀行に借入をしてレバレッジをかけてもせいぜい2億円程度、1社あたりの資金に限度はあるので他人の資本でレバレッジをかけて回せる今のやり方を好んでいます。そうでないと今ならこれ作ったら売れるのに別の商品に取り組んでいて手が離せないから諦めるか、と言ったことの連続になってしまい精神衛生上よろしくないと思っています。

元々IT業界出身でIT系のお金が余っている社長の知り合いが多いのでそこに会社を売っています。結局出口がないと高く売却するのは難しく今まで質の良い会社を売ってきているからこそ信用が担保され次に売却したい会社を投げてもすぐに飛びついてくれる人がいる良いループに入ることが出来ています。
M&Aのマッチングサイトのようなものは正直使っていません。

株をもらいつつ色々なベンチャーの顧問をやっているので仕事としてデータ分析をすることは当然ありますがそれさえ社長や社員の方にやり方を徹底的に叩き込むので作業として物販をする時間はほぼありません。普段は全然関係ない別業界の仕事をしています。理由は楽しいからです。お金だけを目的としていたらとっくに働いてないです。

M&Aはあくまで収益のメインでありそれ自体も比較的楽しいものですが人生のメインコンテンツではないので勉強は常にしていますが月の稼働時間で言うと8日程度です。
またビジネスにおいては0→1、1→10、10→100のフェーズがあると思いますが好きなのは0→1で得意なのは1→10です。一般的にお金を稼げるのも1→10や10→100が得意な人です。

しかし面白みを感じるのは0→1なので仕事とは別にその源泉は常に探っています。1→10は覚えることもやることもたくさんありますが淡々とこなしていけば良いだけなので実は誰でも出来ます。

物販での資産形成

個人での資産形成を目的と考えると最低1回は1億円以上で売却しましょう。可能ならば2億円以上で売った方がいいです。と言うより意外かもしれませんが2億円以上の案件の方が買い手はつきやすいです。

皆高くても頑健性のある骨太なビジネスを求めています。営業利益で言うと4~5000万円のビジネスです。

最終的に稼ぎたい金額は人によって違うと思いますが私は人生を通して手取りベースで10億円稼げれば十分だと思っています。本当はそんなにいらないのですが目標が低いと勤労意欲がなくなるので一応そう定めています。

売却に適した組織形態

企業を売却するとき最低でも1億円以上で売っているわけですがその時の従業員の数はバイトや外注パートナーを除いて3~5名であることが多いです。

この辺りは人によると思いますが内訳としては社長(リサーチャー)、デザイナー、実務系の人というのが最低構成です。

デザインは特に最初のうちは外注でいいのですが機能で差別化しづらいコモディティ化したジャンルでデザイン面で差別化すると言うのが個人的に得意なので商品ページのデザイン及びプロダクトデザイン、パッケージデザイン辺りが出来る人を雇っています。

渡すストックオプションは33%までを基本的には社長にほとんど渡し残りは人間性などを見た上で他のポジションの人にも渡しています。社長以外の給料は月30万円程度。社長はストックオプションの付与と最初は月10万円程度で働いてもらっています。優秀な人材を雇うにはお金だ雇うか夢を売るかの二択しかないので後者のパターンですね。

つまり人件費だけで1200万円/年ほどかかることになります。オフィスは売却を狙う場合ほぼ必須です。
自分自身が主導して長く緩く続けていきたいのであればリモートでも全然問題ないと思いますが別で社長を立てる場合は最低月1でフィードバックを得て現状の把握及び改善をしていかないと無理です。社長しかいないうちは自宅兼事務所でも大丈夫です。

基本都内なので家賃で20万円/月ほど、合わせると最終的な固定費で年1500万円ほどです。

売却益で2億円のラインに載せたいので営業利益で5000万円が目標ライン、売上総利益は6500万円達成する必要があります。メーカー仕入れをやるかOEMをやるかで変わってきますが売上は3億円は必要です。

私はこの規模の会社は2、3年で作れています。自己資本は300万円程度用意して最初の借入で最低1000万円借り入れて初年度で1億円弱の売上を作ることがKPIになってきます。正直物販で最初からM&Aを目指す人が少ないだけで月利100万円に乗せられるレベルの人であれば誰でも実現可能です。そして月利100万円は努力で達成可能なので結局やる気と最初の資金さえあれば誰でも出来ます。

最近は補助金で200万円位受けられることも多いので本当に最低必要なのは100万円程度です。

そもそも人生にはお金がどれだけ必要?

私は好きな新作のゲームが出た時は働かずゲームだけしていたいし、海外旅行に行きたい時には2~3週間まとめていきたいし、欲しいものは値段を気にせず買いたいし、友達や家族の誕生日は全力で祝いたいし、さまざまな趣味に興じたいし、いい家に住みたいと言う欲望にまみれています。現状で満足してしまうと生きる意味を見失って虚しくなりそうなので働くために欲を生み出そうとしているとも言えます。

それで色々見積もって人生トータルで10億円は稼いだ方がいいと分かり逆算して働いています。しかしそこまでのお金が必要でない方も多いでしょう。

ではそこまでのお金が必要ないからそんなに頑張らなくていいかというと違うと思います。

経験しているからこそ言えますが10年で1億円稼ぐより2,3年で1億円稼ぐ方が明らかに簡単です。
10年で1億円だと年収1000万円なのでいい学校を出たりいい資格を取って有名企業で働いてようやく得られる賃金です。しかも手取りベースで考えると事業売却をして1億円を得た場合と比べてもかなり少なくなります。

その仕事自体が楽しいのであれば絶対続けるべきですが単純にお金を増やすことだけを考えた場合物販でM&A(売却)をしてそのあとで株や不動産に突っ込むか再度物販の会社でステージが違う商材を扱うなどして増やす方がはるかに効率的です。

どう考えても医者や弁護士の方の方が世の中に貢献していると思いますが目的が異なれば手段も異なります。
ちなみに何故か分からないのですが私は今まで医者の方の奥さんをコンサルで教えることがやたらと多かったです。

顔出しをしない理由

情報発信をして10年以上経っており以前は顔出しをしていたこともあったのですが今後は出す予定はありません。

何故なら顔出しはリスクに繋がるからです。

よく顔を出す事なんてリスクになり得ない、顔出しをした方が稼げるという人がいます。

それはある意味正しいです。しかしそれは顔出しをせずに稼いでいる人には当てはまりません。本来はある企業の商品は知っているけどその会社の社長は知られていない、と言う状態の方が普通です。

現代に蔓延る錬金術はこれとは逆で個人で有名になれば何を作っても売れるから有名になろうという流れだと思います。

基本的にどの業界でも有名になってそれをブランディングに稼ぐことは簡単です。逆に純粋に実力のみで稼ぐ方が時間がかかり難しいです。有名になること自体が人によっては難しく思えるかもしれませんが特定分野で有名になることは実際簡単です。

だからこそリスクを厭わない場合は情報は発信するべきだしブランディングしていくべきだと私も思います。

しかし顔出しせずに稼げている人に関してはそれが当てはまりません。炎上リスクもなければ街中で話しかけられるようなこともありません。私程度のレベルでも顔出しをしている時は何度か街中で話しかけられたことがあります。それが芸事などエンタメ系であれば誇らしいことでしょう。しかし私にとってはビジネスはどこまで行ってもお金を稼ぐことに他ならずビジネスマンとして有名にはなりたくないと言う思いがありました。

今の時代Youtuberをはじめとしたインフルエンサーとして成功すれば確かに稼げるのですがそれは同時に平穏を失うことと同義でもあります。こればかりは気質であり私自身もYoutubeチャンネルをいくつかやっていますが顔出しせず10万人登録を超えているチャンネルを3つ所有しています。

そういった理由でお金は他で稼げるので目立たず平穏無事に暮らしていくには余計なリスクは増やさない方がいいと考えているため今後も顔出しをするつもりはありません。

結局物販では最近何してるの?

今まで割と幅広い物販ビジネスに取り組んできました。

欧米輸入、中国輸入、輸出ビジネス(Amazon、ebay)、国内OEMなどなど。

その中で今メインで取り組んでいるのは

  • 欧米輸入
  • 国内OEM
  • 輸出ビジネス(ebayメイン)

です。

欧米輸入は安定のヨーロッパですね。これも再現性を持って取り組みやすいのと個人的にヨーロッパ諸国ほぼ全て行ったことがあって他の人より詳しいので続けています。好きな国はデンマークとオーストリアです。ただビジネスを特定のものが好きという理由だけでやるのは危険です。ハワイが好きだからハワイからの輸入をやるみたいな発想はやめましょう。あくまで日本でのヨーロッパブランドの人気度からブランディングのしやすさや商品選択の豊富さ、差別化のしやすさなど色々検討した上できちんと取り組んでいます。

次に国内OEMについてですが中国輸入OEMが稼げなくなったとかそう言うわけではなく部下から上がってくるこんなトラブルがあったと言うような事態に対してディレクションするのが面倒なので新規でOEMを行うする場合の選択肢に上がらなくなってきただけです。販売戦略としてもブランディングして売る方が得意なので国内OEMの方が多いです。今は食品を中心にやっていますが売却する企業は健康系・医薬部外品系が多かったです。
周りで10億円規模で稼いでいる人はいまだに中国輸入をメインにしている人が多いのでただの好みの問題です。

最後に案外面白いのがebayでブログでも全然情報を発信したことがないのですが個人の副業レベルで月20~30万円程度稼ぎたいだけならこれが一番手っ取り早いと思っています。もちろんそれ以上の金額も余裕で可能で完全にスタッフに任せている状態でも月300万円は安定的に稼げています。この辺りはアカウントのリミットに依存するのとツール(アマトピアのebayの機能)の力が大きいですが特にノウハウを公開する予定もまとめあげる時間もないので他の方のebayのブログなどで勉強してみてください。

普段何をしてるの?

物販はあくまで投資の手段として取り組んでいるだけなので普段は別の仕事をするか多趣味なので趣味やその勉強に時間を使っています。

物販の作業自体は自分で行なっておらずディレクションのみですが平日1日1時間程度です。物販のための勉強は半分趣味として今でもしています。

あとは役所経由でボランティアで子供に勉強を教えたり外国人に日本語を教えています。知的好奇心が強く自己研鑽を重ねることが好きなのでメインの会社も売却して完全無職になったらまた大学や大学院に入って勉強や研究をしたいと考えています。結局人生は死ぬまでの暇つぶしなので楽しく生きたものがちですね。

完全夜型なので基本的に朝の6時に寝て昼の13時に起きるような、およそまともな社会人とは思えない生活をしていますが楽しく生きています。

世の中は朝型のための作られているので雇われ人でいる限りは朝型の方が得をすることが多いと思いますが本来人間のクロノタイプ(生まれつき備わっている体内時計のパターンのこと)は決まっています。

私は学生の頃から朝起きられずよく遅刻して怒られていました。真面目に勉強していたので成績は良かったですがそんなことは関係なしに朝1限に間に合わないだけで怒られるというのが嫌でした。

その結果十分な休息を取るために週の真ん中である水曜日を勝手に定休日に定めて月火と木金で分けて活動していました。単位を取るためにたまに水曜日も3限から行っていましたが先生からは病弱なやつだと思われていたと思います。大学の話のように見えますが高校の話です。

当時からクロノタイプのことは知っていて夜勉強していたので理不尽だなと思うと同時にその頃から企業に勤めるのは無理だと漠然と考えるようになっていました。そんな人間でも起業して成功すれば正義です。

だからと言って皆絶対起業した方がいいなんて思いません。人生人それぞれです。ただお金を稼ぎたいのであれば起業が手っ取り早いですしその中でも物販は手っ取り早いです。朝起きられない、理不尽な上司のもとで働きたくない、通勤が地獄などその他の要素で困っているなら尚更おすすめです。

物販はどこまで行ってもただの投資の一つであり手段にすぎないので最終的にはみんな好きなことをやるべきですが手段としては素晴らしいものだと思います。ただAIの発展により今後質の低い情報が溢れやすくなるだけでなく元々怪しいスクールビジネスの材料にされやすい業界なのできちんと師として尊敬できる人を見つけて教わりましょう。

今後は何をする予定か

今後こういう大きなビジネスを手掛けたいと言うのは全く持ってありません。人生トータルで幸せに生きることが目標なので今のワークライフバランスで物販に携わりながらその時やりたいことがあればやるだけです。

一生ダラダラと物販をやろうと思っても時代の変化で稼げなくなる可能性も当然出てきます。だからこそ常に2、3年あるいはもう少しだけ長いスパンで会社を育てて売ると言うことを今後も繰り返していくでしょう。

先輩の経営者の方を見てきても生涯収支10億円レベルに達している方の9割は皆法人売却か上場をしています。今物販に取り組んでいてお金を稼ぎたい、あるいはこれから始めたいという方はぜひゴールを売却に設定して取り組んでみてください。

そうすればこれからの時代に溢れる陳腐な情報や瑣末なノウハウに惑わされることなく上に登っていくことが出来ます。

長くなりましたが最後まで読んでいただきありがとうございます。ここ数年は物販での情報発信をWebで積極的に行うことは無くなってしまいましたが今なお研鑽し続けているのでいつかどこかで関わることがありましたら意見交換のほどよろしくお願いします。

~月商1000万円以上を目指すための物販ビジネス講座~メーカー仕入れ編~

メーカー仕入れに関して輸入を中心に一般的な有料コンサルティング以上の内容に仕上げたメール講座です。