ネットショップのおすすめ

Shuhei
Shuhei

東京大学在学時に始めて半年で会社設立をして1年で事業売却に成功した輸出入ビジネスの方法をメール講座で無料でお伝えしています。
➡︎たった1年で輸入ビジネスで起業・事業売却した方法はこちら


ネットショップはどこで構築するべきか?

世の中には様々なネットショップサービスがあります。

月額1000円のものから月額10万円するものまで実に様々。

そしてそれぞれのネットショップサービスを展開している会社がウチはここが優れてますよ、とアピールしています。

しかし実際に全部試している余裕はないでしょう、そこで広告費を大量にかけていて目についた会社に流れたり口コミの評判がいい所に流れたり知り合いの紹介で使ってみたり、とこれが世の中の流れです。

僕は色々使った中でこれが一番と言うのが決まってしまいました。

それがWORDPRESS+Woocommerceの運用方法。

元々サーバーをレンタルしていれば追加費用はかかりません。

SSLの設定などやや面倒ですがオープンソースで便利なプラグインが豊富な所もお気に入りのポイントです。

商品数が多い場合はこのネットショップをネクストエンジンなどのサービスでAmazonや楽天と連携させて一元管理するのが便利すぎて他のネットショップを使う気がしません。

うちのネットショップシステムはSEOが優れてます、と言っている所は何も分かっていないのでやめた方がいいでしょう。

今の時代よっぽどめちゃくちゃなソースコードを書いていない限りどのネットショップを選ぶかではSEOの効果は大して変わりません。

大概ショップモールに無料で同時加入とか謳っているのですがそのモール誰が使うの?と言う程知名度がありません。

ショップモールは1にAmazon2に楽天、それ以外はほとんど意味ないです。

SEOやSEMでネットショップ単独で集客して行く事が大切です。

ネットショップを構築すると最初は商品ページが増えるのですがその後更新が穏やかになります。

これに対して広告費をかけているのははっきり言って無駄です。

そのためWoocommerce上でコラム記事を書いてコンテンツマーケティングを行うのが一般的になっています。

自分の中でこれが正解と分かっているので他のネットショップを勧められても使う気がしません。

以前ネットショップの正解と言えるテンプレートを構築しようとしましたがWooCommerceに落ち着いてしまったのでそこのテンプレート(確か1万円位)を購入しレイアウトをいじって使っています。

やはりHTMLベースのショップというのは自分の中でどうしても時代に合ってない気がします。

しかしWooCommerceは海外製のプラグインのため日本語での情報はそこまで多くなく素人には使いづらいかもしれません。

日本製のプラグインだとWelcartがありますがWooCommerceと比べると機能が少ないため小規模なネットショップ以外ではおすすめしません。

またHTMLベースで特別な機能を求めていない場合は無料のBASEがおすすめです。

SEOが強いと謳っているわりと高額な某レンタルネットショップはやめましょう。

今でもHTMLベースのネットショップを作れと言われたらBASEで作ります。

しかし今まで何件か法人の方に頼まれてネットショップを作った事がありますが全てWooCommerceで作っていますしこれからもそうするでしょう。

ネットショップをどこにするか、というのは仕事で使う道具を何にするか、ということなので自分が使いやすければ何でもいいと思います。

道具をいいものに変えたからと言ってプロになれる訳ではありません。

道具をいかに使いこなすかが大事です。

あくまで僕にとって使いやすかった道具がWORDPRESSとWooCommerceの組み合わせだっただけなので何でもいいのでどんどん自分で使って行きましょう。

コメント

コメント

輸入・輸出ビジネスを学ぶなら貿易大学

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA