中国輸入商品をブランディングしてネットショップで販売する方法

欧米輸入した商品を
ネットショップで販売することは
難しいです。

なぜなら多くの人は
まずAmazonか楽天で
商品を検索するからです。

そこでネットショップで売るものは
オリジナル商品であるか
独占的に取り扱うことの
できる商品である必要があります。

この記事はAmazon内での
OEM・オリジナル商品の
販売はある程度成功して
独自ショップでも
売っていきたいという方のために書きました。

ネットショップで売る中国輸入商材は何がいいか?

 

以下の特徴を抑えた商品を扱いましょう。

  1. リピート性がある
  2. 名入れなどカスタマイズが可能
  3. 関連商品を売りやすい
  4. 利幅が大きい
  5. 集客コンテンツを作りやすい

リピート性がある

ネットショップの最大のメリットは
顧客に再アプローチできる所です。

もっと言えばメルマガや
クーポンを用意すれば
購入前のお客さんにも
アプローチできます。

これはAmazonや楽天には
ない最大のメリットです。

※楽天はメルマガは流せますが
自社ショップへの誘導は原則禁止です。

名入れなどのカスタマイズが可能

これは楽天では出来ますが
Amazonでは原則できません。

オーダーメイド商品なども
ネットショップと相性がいいです。

関連商品を売りやすい

アクセサリーを売るなら
さび止めやアクセサリー入れ、
靴を売るなら靴磨きや
シューキーパー、など
メインに売りたい商材以外が
意外なほど売上を
支えてくれるということはよくあります。

専門性を持たせることで
まとめ買いが期待できるので
雑多なものを扱うのだけはやめましょう。

SEO的にも集客しづらくなります。

利幅が大きい

ネットショップは特に
最初のうち
安定したアクセスを稼ぐことが
難しいので利幅が
小さい商品を扱っていると
資金体力的に持たなくなります。

必然的に
中国輸入の安かろう悪かろうの
商品を扱うのではなく
中国輸入OEMなどで作った
一定以上のクオリティの
商品を扱う必要が出てきます。

売上利益率で4割は獲得したい所です。

集客コンテンツを作りやすい

ネットショップに集客できなければ
どんなに商材が良くても
商品は売れません。

そうなると検索に引っかかる
商品の活用法や
バイラルコンテンツを
作りやすい商品が
望ましくなります。

これは僕がよく使う言葉ですが
ネットショップでは
ストーリーが見える商品を
売ることが大切です。

なお集客コンテンツについては
後ほど詳しく解説します。

ネットショップはWooCommerceで作ろう

WooCommerceというのは
Wordpressを利用した
ECシステムのことで
なんと利用は無料です。

日本ではEC-cubeが有名ですが
EC-cubeなどが
WooCommerceは元々
海外で人気で
EC-cubeではプラフインを導入するごとに
高いお金がかかるのと比べて
WooCommerceは
カスタマイズ費用も安いです。

それにWordpressに
慣れた人であれば
簡単にブログコンテンツを用意して
集客もしやすいです。

※単にブログを書けば
集客できるというわけではないので注意が必要です。

決済はAmazonログイン&ペイメントか楽天ID決済

独自決済では住所入力等の
手間からいわゆる「カート落ち」
と呼ばれるカートの商品を
入れてもらえたものの
そのままユーザーが離脱してしまう
現象が起きやすくなってしまいます。

そのためクレジットカードの
機能を導入するよりも
Amazonログイン&ペイメントか
楽天ID決済を導入してしまった方が
コンバージョンが高くなります。

サンプリングデータは
僕のクライアント7社しかいませんが
従来のカード決済から
上記のいずれかの決済方法に変更した所
平均してコンバージョン率が26%
上昇しています。

※手数料はどちらも4%、
Amazonはカテゴリごとに変動あり、
楽天は動画や音楽などの非物販商材では8%です。

先ほど紹介したWooCommerceであれば
Amazonログイン&ペイメントも
無料で導入できます。

EC-cubeでは月額5000円かかる
プラグインを利用するか
プログラマーに頼んで
カスタマイズしてもらわないと
できない(2017年4月現在)ことからも
WooCommerceの方がお得です。

Amazonや楽天と並行して売る

自社ショップを
構築することは利益率の上昇や
お客さんとの関係性の構築の点からも
重要なことですが
結局Amazonや楽天で
集客に成功すると
ネットショップの比ではないほど売れます。

そのため一番いいのは
並行してショップを持って
Amazonや楽天で一度
商品を購入してくれた人を
自社ショップに流す方法です。

メールやメルマガ等で
アプローチすることは出来ませんが
自社配送の場合チラシを入れることは出来ます。

Amazonは公式に

Amazon以外の販売ルートへ
誘導するような販促物やチラシの
同梱は禁止させていただいております。

と言っていますので
あからさまに誘導するのは禁止ですが
ショップ名で検索した時に
自社ショップ名が上位表示されるようにしておけば
リピーターの方がダイレクトで
来てくれやすくなります。

ただ実際問題として
自社配送の人はみんな
チラシやクーポンを入れて
長年運営しています。

FBA販売でなければ
判明のしようもありませんが
自己責任でお願いします。

ネットショップ集客の方法

WEB集客の方法は
大きく分けて3つあります。

  1. オーガニック検索
  2. Web広告による集客
  3. SNS集客

短期的にアクセスを稼ぐのであれば
広告の活用が最も効果がありますが
一番重視するべきなのは
オーガニック検索で
次がSNS集客です。

SNSは特に
リピーターとの関係性を
維持する上で重要です。

オーガニック検索が
半分以上を占めるので
まずはオーガニック検索について
学びましょう。

オーガニック検索(Organic Search)とは
検索結果画面に表示されるURLのリストのうち、
リスティング広告のような広告枠を含まない部分を指します。

オーガニックなアクセスを
獲得するには
コンテンツマーケティングを
行う必要があります。

ネットショップの
コンテンツマーケティングについては
外部サイトですが
以前記事を書いたことがあるので
そちらの記事を参考にしてください。

参照:ネットショップ集客とコンテンツマーケティング

コメント

コメント

最近どんな記事が読者の方の役に立つか調査しているので少しでもこの記事が役に立ったと思っていただけたら以下のFacebookやはてぶなどのソーシャルシェアボタンで応援していただけると幸いです!