Amazon輸入ツールのおすすめとその理由、活用法を添えて

Aamzon輸入ツールおすすめ

「Amazon輸入ツール色々ありすぎてどれを使えばいいかわからない」

「どのツールの販売ページもいいことばっかり書いてあってうんざり・・」

誰しもが一度は抱いたことのあるこんな気持ちをすっきりさせるために今回の記事を書きました。

僕自身も今までオリジナルのAmazon輸入ツールを開発した経験があるのですが最近はこのブログで紹介することはありませんでした。

それは本気でプッシュできなかったからです。
どうしても他社のツールと比べて弱いところもあるな、と感じその弱みを隠して強みだけをアピールしてセールスするようなやり方は避けたかったのでブログ上ではおすすめしてきませんでした。

しかし1年ほど前から海外の凄腕プログラマー2人と知り合いその2人は僕の理想をそのまま形にしてくれる人だったのでようやく作りたいものを作ることができました。

これで気兼ねなく推すことが出来ます。
設計は自分で行っていますが本当に自信作です。

売りたいという心が0なわけではありません。
しかしいいものだからこそ周りの人に勧めたいと思っています。

だからこそ紹介制でしか販売していませんがそのAmazon輸入ツールの詳細について書きます。

なお有料ツールではなく無料ツールについて知りたいという方はAmazon輸入無料ツールのおすすめの記事をご覧ください。

Amazon輸入ツールで選んではいけないもの

ウチの会社で作ったものを使って欲しいわけではなくあなたにとって一番いいものを選んでその結果がウチの会社の商品であれば嬉しいのでこんなAmazon輸入ツールは選んではいけない、という項目をまとめてみました。

他社のツールを買う場合でもぜひ参考にしてください。

業界最速を謳う

リサーチツールに多いですね、販売ページで業界最速を謳っているところ。

そもそも他社とちゃんと性能を比較したのか聞きたくなる所ですが問題はそこではなくてそもそもAmazonの商品API(MWS)で取得できる件数は1時間に3~4000件程が限界と決まっています。

業者側でMWSを複数提供してくれるなら最速を謳えるかもしれませんが仮にそうだとしてもコストがかなり上がります。

実際最速を謳う複数のツールの販売ページを見てみましたがどれも利用にはMWSキーが必要ですと書いてあるるのでそれはなさそうです。

となると最速を謳うのはプログラミング言語の違いからでしょうか。
他社はPHPで書いてるけどうちはjavascriptで書いているから早いと。

しかし他社が開発言語に何を用いているかなど分かりようがないですし結局業界最速というのは販売者の頭のなかの出来事であって実際は速度の面では極端に質が悪いもの以外どのツールもそこまで変わらないというのが僕の意見です。

やたらとオリジナルを謳う

〇〇の登場以降似た機能を持ったツールが数多く登場しました、他のパクリのツールは使わないでくださいなどど謳っているパターンです。これを販売ページで言っている所もハズレがほとんどです。

そもそも特許でも取らない限り機能を真似されても文句を言えません。

本当にサービスに自信があったら機能を真似されることなんて気にならないはずですしそれ以外の所で差別化するべきです。

ルールで許されている以上真似して真似されて切磋琢磨してよそに真似できない機能やサービス、付加価値を出していくことが真の経営だと思います。

完全自動化を謳う

これも地雷リサーチツールの特徴です。

完全自動で利益が出る商品が見つかるならなぜ自社で運用しないのか、と疑問が生じます。

ひどいものになるとボタンを押すだけでお金が5万円、10万円と入ってきます、と煽っているセールスページも見た事があります。

確かにリサーチツールは便利です。
しかし完全自動化されたとしたらそれは他のユーザーにも同じ情報を提供しているわけでその瞬間に価値ががくんと落ちます。

そうではなくてユーザーが考えた戦略のアシストをしてくれて作業時間を大幅にカットできる、これこそがリサーチツールに求められている能力です。

やたらと利用人数を多く見せる

Amazon輸入ではなくAmazon輸出の話なのですが以前調査した時Amazon輸出(FBA)で日本人セラーと断定できるセラーは300人に満たなかったです。
(正確な市場規模は不明です)

それにも関わらず利用者1000人越えを謳っているツールがなんと3つ見つかりました。

まさに予備校の東大受験の合格実績みたいですよね。

全部足したら定員をオーバーしてます。

予備校の場合は体験の夏期講習を受けただけでも合格実績に加えているためそれが起こるのが分かりますがツールは機能が異ならない限り複数使う意味はありません。

前述の3つのツールは個性的ではあるものの機能が被っている部分も多かったです。
そしてそもそも輸出プレイヤーが1000人もいないというほぼ確定的な事実があります。

輸入はおそらく1000人以上プレーヤーがいますが今回着目したのはあくまで輸出ツールで輸入ツールでも同様の問題は起きているでしょう。

そのツール自体が海外のセラーにも売れているということですかね、僕が見る限りは販売ページは日本語オンリーだったのでその可能性はなさそうですが。

調査をしたのは1年ほど前なのでもしかするとそこから一気にプレーヤーが増えたという可能性も否定できませんが1年前というと円高になって輸出のプレイヤーは輸入に大きく流れた記憶があります。

もしかするとツールを買っただけで実践していないという隠れAmazon輸出ユーザーがいっぱいいたのかもしれません、これは案外否定できません。

また正確にカウントしているとしても見かけの利用人数を増やすために無料期間を設けてその間に辞めていった人も累計人数などに含む方法を取っている所もあります。

結局何が言いたいかというと利用人数は盛られている可能性があるのでそれを判断材料に購入に至ってはいけないということです。

上記4つのハズレパターンを踏まえてAmazon輸入ツールの購入で失敗しないように気をつけてください。

おすすめのAmazon輸入ツールの詳細

前置きが長くなりましたが僕がプロデュースしているAmazon輸入ツールを紹介します。

ツールの名前はアマトピアと言います。
輸入ツールとしていますが輸出にも使えます。

Amazonを使ったユートピア(理想郷)からその名前をつけています。

商品リサーチ、価格改定、在庫追跡、売上分析、顧客フォローの5つの機能からできています。

※現在はSEO対策機能、広告運用機能、受注管理機能が加わり機能は8個に拡張されました。

必要な機能だけ課金することが出来るようになっていますが色々な物販ビジネスを経験した上で以下のようにどのビジネスにどの機能が合うかも載せていますので参考にしてください。

それぞれの機能について説明したいと思います。

商品リサーチ機能

ASINやユーザーIDを元に価格差やランキングを抽出するツールは世の中に無数とありますが卸価格を元にした利益計算や独自の算出方法に基づく月間予想販売数を表示します。

この機能は完全に独自のもので他社がまねすることは不可能な機能です。

現在はあくまでその時点での予想販売数にとどまっていますが改良を加えライバル数の増加も踏まえた予想販売数を出せることを目指しています。

現在α版で公開はしていませんが
機能等については
以下にまとめています。

参照:Amazon輸入リサーチツールのおすすめ

ちなみにASINが繋がっていないものは画像検索で見つけるしかないのでAmazonリサーチツールで見つからない商品を見つける方法の記事も合わせて参考にしてください。

 

相性のいいビジネス:

Amazon輸入、Amazon輸出、中国輸入

日本と海外のAmazonの種々の項目を比較するツールのため中国輸入などには使えません。

現在は商品リサーチ機能自体に画像検索の機能も足したので中国鵜入や卸交渉にも活用可能になりました。

価格改定機能

最安値に合わせた価格改定はもちろん細かな条件を設定して価格改定を行える機能です。

事前に欠点を話しておくと価格改定は1時間に改定するのは3000品強くらいが限界です。

これはAPIのコール数で決まっているのでどんなツールを使っても共通です。

24時間かかっていいのであれば10万点ほどは改定できます。

これは他社のツールでも同様でAmazonのMWSで制限が決まっているので1時間に価格改定できる量には限界があります。

そのため仮にどんなツールよりも多くの商品数を改定できます、と謳っている商品があったらそれは嘘だということがわかります。

Amazon輸入無在庫にも使えますが無在庫の場合は国内せどりとAmazon輸出に使っている人が多いです。

欧米輸入の相乗り出品との相性は非常にいいです。

相性のいいビジネス:

Amazon輸入、Amazon輸出(特に無在庫)、Amazonせどり、ebay輸出

Amazon出品時の自動出品停止機能が付いているため特に無在庫販売との相性がいいですが相乗り出品のFBA販売時にももちろん使えます。

在庫追跡機能

Amazonの在庫数を調べる方法を応用して自動で特定の商品の在庫数の変化を調べてくれる機能です。

s

ランキングの変化も分かります。

特定の商品ページに出品しているセラーを複数指定したり特定のセラーが出品している商品を複数選択して在庫数を追跡することが出来るので出品予定の商品の仕入れ数を決める際に活用してください。

モノレートなどのランキングの変化を追うサイトでは理論上正確に販売数がわかるのは15個までです。

つまりあまり売れていない商品の販売数を調べるときしか使えません。

OEMやオリジナルではどんなに少なくとも1商品あたり月に100個は売りたい所なので月に100個以上売れている商品を参考にする必要があり無料ツールでは厳しいです。

また欧米輸入も卸を取って月に30個以上仕入れることがほとんどになってくるので欧米輸入を効率的に進める場合も必要になってきます。

相性のいいビジネス:

Amazon輸入、Amazon輸出、せどり、中国輸入、OEM・オリジナル販売

Amazonを販売チャネルにしている場合はどのビジネスにも使えますしネットショップを運営する場合もAmazonで商品の需要を調べることに使える万能のツールです。

売上分析機能

以前Amazon輸入の利益率と在庫数の関係性について書いたことがあります。

Excelを使って分析することも出来ますが統計学に対する数学の素養がないと難しいですし時間もかかります。

そこですでに理論化されている7つの売上分析方法でAmazonの需要予測、ひいては適切な在庫数の予測を行います。

需要予測に関する本を一冊読めばわかりますが需要予測がそのまま当たることは実は多くはありません。

それは予想できる誤差と予想不可能な誤差があるからです。

そのためピンポイントに20個、のように需要予測はできず15~25個のような表記となりますが予測すること自体に意義があります。

中級者以上の方にとって実は一番時間のかかるところだと思います、売上分析に時間のかかっている方はぜひご活用ください。

相性のいいビジネス:Amazon輸入、Amazon輸出、中国輸入、OEM・オリジナル販売

せどりにももちろん使えますが正直使う必要はないと思います。

顧客フォロー機能

メインカートを獲得するために重要なお客さんに対する自動フォローアップ機能です。

通常何もしない場合Amazonで購入したお客さんが商品のレビューを書いてくれる確率は1%~2%と言われています。

しかし、購入者の方に対して評価リクエストのメールをするとレビューを書いてくれる人の確率は10%程度まで上昇するというデータがあります。

もちろんツールを使わずに手動で送っても大丈夫ですがステップメール機能を持たせて好きなタイミングで送れるようにしているので時間節約のためには利用を検討してみてください。

Amazonのお客さんにメールを送れる有料ツールは調べただけでもアマスタ、アマハック、BCCなど複数出てきたのですがアマトピアではこの機能を無料で提供していますのでぜひ活用してください。

もちろん他の機能も使っていただけたら嬉しいですがこの機能だけ使っていただいても全然構いません。

相性のいいビジネス:

Amazon輸入、Amazon輸出、せどり、中国輸入、OEM・オリジナル販売

商品出品機能

Amazonの個別出品、一括出品に対応した機能で無料で提供しています。

セラーセントラル上で出来る価格の変更、最低価格の設定、Amazonポイントの設定など全て可能です。

相性のいいビジネス:全て

SEO対策機能

キーワードサジェスト、キーワードランキング、ページアナライズの3つの機能からできています。

キーワードサジェストではAmazonの予測変換のキーワードをまとめて抽出します。

キーワードランキングでは特定の商品ページのキーワードごとの表示順位を表示する事が可能です。

なお出品キーワード予測という項目で商品ページにないキーワードで検索に引っかかってきたワード、つまり出品キーワード(メタキーワード)に設定されているであろうキーワードをまとめて抽出する事が可能です。

ページアナライズでは特定の商品ページのSEO対策の状況を診断可能です。

これら3つの機能は新規出品時に半ば必須となる機能ですので新規出品をされている方はぜひご活用ください。

相性のいいビジネス:

Amazon輸入、Amazon輸出、OEM・オリジナル販売

Amazon輸入ツールのまとめ

今回紹介したようにAmazon輸入のツール機能は行っているビジネスによって取るべき選択肢が変わってきます。

アマトピアの公式ページにも活用法の詳細が記入されているのと利用はどの機能も14日間無料となっていますのでよかったらご覧になってみてください。

またよくツールを使うだけで輸入ビジネスを完全自動化できると言っている人がいますがそれは違います。

確かに圧倒的な時間短縮にはなります。

しかしでは何もしなくていいかというとまだ自分でするべき作業がいくらか残っているはずです。

例えば仕入れ交渉は機械はやってくれません。

OEMをするのであればどういう風に商品を改良するのか考える作業だって残っています。

この部分も仕組み化することができてはじめて自動化と言えます。

輸入ビジネスの自動化についてはリンク先に詳しくまとめていますので合わせて参考にしてください。

仕組み化してこそのAmazon輸入です、その果てに自由をつかみましょう。

コメント

コメント

最近どんな記事が読者の方の役に立つか調査しているので少しでもこの記事が役に立ったと思っていただけたら以下のFacebookやはてぶなどのソーシャルシェアボタンで応援していただけると幸いです!

~Amazon輸入編~

まだ学生だったあの頃からどのように輸入ビジネスで成功しその後も結果を出し続けてきたのかをメルマガにまとめました。他の方法もあると思いますが僕は最短ルートしか知りません。再現性の高い方法でぜひ自由をつかんでください。
は必須項目です
  • メールアドレス
  • お名前(姓名)
  • 姓と名はスペースで区切ってください