海外Amazonは発送が遅い?

フランス
Shuhei
Shuhei

東京大学在学時に始めて半年で会社設立をして1年で事業売却に成功した輸出入ビジネスの方法をメール講座で無料でお伝えしています。

 
➡︎たった1年で輸入ビジネスで起業・事業売却した方法はこちら


この記事を読んでいる方はアメリカやヨーロッパAmazonで商品を購入したもののなかなか商品が届かず困っている方かあるいはこれから海外Amazonで商品を注文したいと思っているものの発送が遅いという噂を聞いて躊躇している方だと思います。

それぞれの方のために海外Amazonの発送の実態と遅い時の対策をまとめました。

海外amazonの発送スピード

世界中で展開されているAmazonですがその配送スピードは国に依存します。

僕はアメリカ、カナダイギリス、フランス、ドイツ、スペイン、イタリアなどのAmazonから商品を輸入した事がありますがCDやDVDなど似た商品を扱って最も早かったのがイギリスとドイツ、遅かったのがフランスとスペインです。(現在はアラブやインド、ブラジル、ロシアなどが加わっており今後も増えていくでしょう)

やはりお国柄と言った所でしょうか、イギリスやドイツは最も早い配送方法で1週間くらいで届きますがフランスやスペインは2週間以上かかる事もあります。
イタリアはその中間位です。

しかし商品が届かなくてもそこはさすがAmazon。
クレームを入れれば対応してくれます。

クレームと言っても日本人の言う文句みたいなクレームではなくて語義通り権利の主張としてのクレームです。

ヨーロッパAmazonはその国の言語でサイトが作られているためカスタマーセンターへの連絡が大変に思えますが必ずContact in Englishというボタンが配置されていますのでそこをクリックして英語でメッセージを
送りましょう。

商品が届かなければセラーサポートから

I haven’t received the item I orederd yet.
I’d appreciate it if you’d tell me the situation when you know that.

とでも言っておけば大丈夫です。

この際メールサポートよりチャットサポートを使うほうがオススメです。

代行会社の利用

ビジネスとしてまとめて商品を輸入する際などは代行会社を利用するようにしましょう。

発送スピードが早いのはもちろん、送料が安くなるためです。

CDやDVDなどのメディア商品は海外から直送できるため代行会社を使わない方が安くなることもありますが基本的には商品数が増えた場合はまとめて代行会社に送ってもらった方が安くなります。

アメリカの輸入代行会社は競争原理が働き安いところが多いです。

しかしヨーロッパの代行会社は日系の会社の場合ビジネス向けの代行会社が少なく料金が高いところが多いので日本向けの着払いでのクーリエアカウントを取得して現地パートナーなどに送ってもらうやり方がおすすめです。

コメント

コメント

~Amazon輸入編~

まだ学生だったあの頃からどのように輸入ビジネスで成功しその後も結果を出し続けてきたのかをメルマガにまとめました。他の方法もあると思いますが僕は最短ルートしか知りません。再現性の高い方法でぜひ自由をつかんでください。 登録特典として輸出入ビジネスの失敗例100選の資料をプレゼントしています。
は必須項目です
  • メールアドレス
  • お名前(姓名)
  • 姓と名はスペースで区切ってください