Amazon輸出のVAT登録の方法

Amazon輸出欧州販売を行う上で問題になるのがVAT登録です。

ちなみに出品者出荷ならVAT登録しなくてもいいんじゃない?と思っている方それは間違いです。

この記事ではそんなVATとその登録方法についてまとめました。

VATとは

VATとはValue Added Taxの略で日本語で付加価値税と訳されます。

欧州AmazonはVATを出品者が負担することを規約として定めています。

インコタームズでいうDDP条件でユーザーの手元まで荷物を送る必要があるのです。

DDP条件というのは購入者の手元に届くまでの全ての費用を出品者側が負担するということです。

欧州のAmazonはあくまで欧州にあります。
消費地は欧州になります。

どの国で資産の所有権が購入者に移転したかを考えるとわかりやすいと思いますが例えば欧州向けのネットショップを日本でやっていればVAT登録はしなくてもOKです。

この場合消費地は日本です。

しかし欧州Amazonの場合は違います。

FBA納品をするために商品を欧州に送ると通関時に通関VATが請求されます。

そして欧州Amazonでは消費税(VAT)を商品代金に含めて販売する必要があるので購入者は注文時点でVATを徴収していることになります。

難しく考えないでください、日本の消費税と同じです。
そもそも日本の消費税は欧州のVATを元に作られています。

VAT登録をしないで販売すると通関時に約20%課税されるだけで損しかしませんが支払うVATは

売上にかかるVAT-仕入れ(通関時)にかかるVAT

で計算されます。

ここで問題になるのが何も知らないセラーたち。

彼らはVATをよくわかっていないのかVATを含めない価格で販売します。

するとその価格は相場より安いので購入者に課税された時に問題が発覚していずれアカウントが凍結されますがそれまでは市場に存在する競合になるのでVATを理解してVAT登録をしているセラーも被害を受けます。

欧州の購入者からしたらまさかVAT価格が含まれていないとは思わないので安い方から購入するでしょう。

そして商品が玄関に届いた際にVAT払ってください、となったらそれこそWhy Japanese people !?となってしまうでしょう。

ちなみに出品者出荷だとしてもVATは納めないといけません。
国によて異なりますが連続12ヶ月で日本円で150万円ほど売りあげるとVATを納める必要が出てきます。

欧州から見て日本のような遠い島国のVAT未払い者の取り立てはわざわざ行わないだろう、とタカをくくっている人もいるかとは思いますがUKの例だけを見てもHMRCとAmazonはツーカーなのでアカウントが急に凍結される確率は非常に高いです。
本来は過去の分まで遡って請求されるのと欧州では国によっては未払い分200~300%の罰金があるところもあります。

では一体どうすればいいでしょうか?

Amazon輸出に関してVATの質問を受ける事が多いです。

一番多いのが「VATって国ごとに取得する必要があるんですか?」というもの。

個人的に分からなければAmazonに聞けば一発で解決するのになぜそれをしないか疑問に思います。

なのでずいぶん昔にAmazonに問い合わせたときの回答をシェアしておきます。

In relation to your question
regarding different vat number for other countries.

You are only required to enter your vat number
for your country of your business address.

You do not need to have different vat number per country.

VAT numberは一カ所で取得すればいいと言う事ですね。
(あくまでAmazon輸出に関して)

ちなみにイギリスがEU離脱をした場合イギリス以外で販売する場合はイギリスとそれ以外の国それぞれでVAT登録が必要になります。

なおインポーターがいない場合はEORIナンバーの取得も必要です。

VATの登録方法

居住者証明書や、商業登記簿謄本等があれば誰でも登録出来ます。

英訳の公証が必要です。自分で翻訳しても認められないので業者に頼みましょう。

値段は5万円位です。VAT登録代行自体は10万円程度です。

最近は国内の業者でも安い業者が増えているのでその一例としてアッシュマートを紹介します。

これを安いと取るか高いと取るかは自分次第でビジネスとしてやる人にとっては安いのでしょうか。

英語が出来て法人書類に詳しい人は自分でさっと出来るので登録自体は問題ないですが税率などが国ごとに頻繁に変わるので情報は入れ続けるよう気をつけてください。

あと相談するならVAT登録専門業者か貿易に強い会計事務所にしてください、私は各国のVATの細かい違いは知りません。
専門的なことはお金を払って人に任せる、自分は経営だけに集中する、これが一番です。

売り上げによって毎月納税するか四半期で納税するかなど変わってきますがそれも国ごと違います。

そもそも税理士資格を持たない人は税務アドバイスをしてはいけないと法律で決まっていますので残念ながら輸出ビジネスをやっている人でも大半の人は税理士の人に聞いてください、としか言えません。

VATは物販の本質的な部分ではないので専門家に任せてさくっと先に進みましょう!

アメリカとカナダだけでも十分な利益は出せますしまずそちらで結果を出してから欧州に移りましょう。

よく裏をかいていきなり欧州からスタートしようとする人がいますがそれをやって成功した人を見たことがありません。

アメリカ輸出やカナダ輸出は独学でも比較的簡単ですがヨーロッパ輸出は専門的知識が必要になるのでコンサルティングの受講をおすすめします。

~卸・メーカー仕入れ講座~

2020年に最新版にリニューアルした無料の卸・メーカー仕入れ講座です。独占契約を含む卸・メーカー仕入れの方法を全30回にまとめています。一般的な有料コンサルティング以上の内容に仕上げているので活用してください。 登録特典として輸出入ビジネスの失敗例100選の資料をプレゼントしています。
は必須項目です
  • メールアドレス
  • お名前(姓名)
  • 姓と名はスペースで区切ってください