Amazon輸出の消費税還付の方法

Amazon輸出の最大の旨みとも言われる消費税還付。

実は消費税還付を目的でAmazon輸出ビジネスに取り組んでいたにも関わらず還付金が下りなかったというケースは多いのです。

そこでこの機会に消費税還付の正しい方法を学んでください。

Amazon輸出の消費税還付を個人でやるには

まず消費税還付を受けるには課税事業者である必要があります。

何も手続きをしないとビジネスを開始して2年間は年の売上1000万円以下であれば免税されますので初年度から還付金を受け取るには免税事業者の権利を放棄する必要があります。

※資本金1000万円以上または半年で5000万円以上売り上げがあれば初年度から強制的に課税事業者になったり例外はあります。
この辺りの数字は数年ごとに変わることがあるので注意が必要です。

Amazon輸出を行いながら国内でも売上がある方は、国内売上の消費税分(8%)を差し引きする必要がありますが輸出だけやる場合は課税事業者になった方がおトクです。

事業を開始した初年度であればその年(12月31日締め)に申請すればOKですが前年度の売り上げに対する還付金などは受けられないのでご注意ください。

なお2年目以降は前年度に申請を出しておかないと還付金を受けられません。

これは意外と知らない人が多くて今年は還付金が受けられると喜んでいたAmazon輸出2年目の人が前年度何も申請をしていなかったような事例もありますので皆さんはご注意ください。

消費税還付を受けるには

1.課税事業者であること
2.還付申請書類を用意して申請すること

が必要ですが書類の用意自体は簡単です。

レシートでも行けるようですがインボイスのコピーが確実です。
(輸出したことを証明できるため)

なお売上が増えれば増えるほどこの作業は面倒になるので税理士の方に任せることを検討しましょう。

消費税還付の流れ

  1. 国税庁のサイトで消費税課税事業者選択届出手続に必要な書類を入手
  2. 書類を管轄の税務署に提出
  3. 国税庁のサイトで消費税還付の書類を入手
  4. 書類を管轄の税務署に提出
  5. およそ1~2ヶ月後に還付金が指定の口座に振り込まれる

管轄の税務署を把握できていないという人はこちらも同じく国税庁のサイトから探しましょう。

なお簡易課税を申請している場合は消費税還付を行うことは出来ません。

消費税還付と税理士事務所

Amazon輸出に係る税務申告は日本で行いますので、外貨で入金される売上については、一定のルールの下日本円に換算した上で、利益を計算する必要があります。

年度末時点の外貨建て売上は、年度末時点の為替レートを用いて換算替えをする必要がある等、外貨建ての売上については扱いが相当面倒なので税理士事務所に任せてしまった方がいいということです。

その際の注意点ですが必ず消費税還付に強い、かつネットビジネスに強い事務所を選んでください。

事務所によって得手不得手があり損をすることをあります。

そこでおすすめなのが税理士紹介サービスです。

取り組んでいるビジネスやビジネスの状況に合わせて最適な税理士を紹介してくれます。

僕自身は元々付き合いのある税理士に任せてしまっていますがここで紹介してもらった税理士の方に任せているという知り合いが3人いるのでサービスの質は高いと思います。

コメント

コメント

~Amazon輸出編~

まだ学生だったあの頃からどのように輸出ビジネスで成功しその後も結果を出し続けてきたのかをメルマガにまとめました。他の方法もあると思いますが僕は最短ルートしか知りません。再現性の高い方法でぜひ自由をつかんでください。 登録特典として輸出入ビジネスの失敗例100選の資料をプレゼントしています。
は必須項目です
  • メールアドレス
  • お名前(姓名)
  • 姓と名はスペースで区切ってください

  
輸入・輸出ビジネスを学ぶなら貿易大学