Amazon輸出の価格改定ツール【Amazon公式のものだけで十分?】

2016年8月末Amazonが公式に価格改定ツールを用意しました。

これによって消えてしまう価格改定ツールは多いでしょう。

では有料の価格改定ツールは本当に不要なのでしょうか?

今回の記事ではそんな疑問を解決したいと思います。

価格改定ツール不要説

Amazon公式のもの同様にカート価格か最安価格に合わせて改定ができるだけの価格改定ツールであれば必要ありません。

評価が低いセラーの最安価格に合わせる必要はないので基本的にカート価格を基準に合わせればよくそうなるとAmazon輸出でFBA出品をしている人は基本的には市販の価格改定ツールは不要となります。

出品者の月額料金と合わせて1万円程度は固定費としてかかるので初心者にとっては今回のAmazonのアナウンスは非常に嬉しいことでしょう。

しかし価格改定ツールは絶対になくならないと断言できます。

それはAmazonが公式には決して付けることのできない機能が存在するからです。

価格改定ツール必要説

Amazonが絶対に付けることのできない機能とは仕入れ商品を基準にした価格改定機能です。

以前Amazon輸出の在庫管理ツールの記事でも紹介しましたがAmazonが楽天やyahooショッピングで商品を買うことを推奨することができるはずはありません。

しかしこの機能は無在庫販売には必須です。

Amazon公式の価格改定機能では無在庫販売には絶対に対応できないのです。

また市販のツールでは仮にFBA出品だとしても似た商品ページがある場合それを基準に価格を変えることが出来たりツール上で送料やAmazonの販売手数料を含んだ利益計算をしてくれるものも多いので中級者以上は5000円以内の価格改定ツールであれば今までと変わらず使うでしょう。

またAmazonポイントや手数料を考慮した利益計算機能など細かな部分が公式ツールには付いていません。

今後改善される可能性もありますが公式の出品ツールの使いづらさやFBAシミュレータの使いづらさが何年経っても改善されない所を見ると価格改定ツールに関してはこれで完成でもう大きく変わらない気もします。

今回のAmazonのアナウンスでとりあえずAmazon輸出を始めたばかりの人は有料の価格ツールを使う必要がなくなりました。

初心者のうちは固定費はカットしてなるべく変動費にした方がいいのでAmazonはいい改善をしてくれたと思います。

Amazon輸出における価格改定ツール導入の前にするべきこと

同じツールを使ったとしても使い方が違えば結果に差が出てきます。

しかしそもそも価格改定ツールを導入する前にしなければならないことがあります。

それは商品を売るということと出品者評価を上げるということです。

評価がないと価格改定をしてもカートボックスを取れないですしそもそも商品が売れないと評価をもらうことが出来ません。

そうなると結局初心者の人に一番必要なものというのは利益が出る商品を見つけるリサーチツールということになりますがこれが曲者です。

同じツールを使っても結果が出る人と出ない人がいます。

例えば同じサッカーボールを渡されたとしてもメッシは華麗なプレーができてもサッカーを始めたばかりの人はドリブルすら上手くできません。

しかしメッシのプレーも基礎の上に成り立っています。

これと同じようにツールを買う、導入するという前にまず輸出ビジネスの基本テクニックを身につけるべきです。

商品リサーチといっても僕の中では7種類位の方法がありそれぞれやり方が全く異なります。

商品リサーチと聞いて「えっそもそも1種類しか知らない」という方は多いのではないでしょうか。

実際には評価を上げるための商品を見つける方法、回転率の高い商品を見つける方法、安定して利益が出る商品を見つける方法など色々あります。

7種類の方法を知っている人と1種類しか知らない人が同じツールを使って同じ結果を生むわけはないのです。

ツールはあくまで道具、まずはAmazon輸出のリサーチ方法について徹底的に学びましょう。

そして評価がある程度貯まってから価格改定ツールを導入しましょう。

なお無在庫販売の場合は在庫管理機能が備わったAmazon輸出ツールがほぼ必須となるためこの限りではありません。
最初から導入したほうがいいです。

今回の記事の結論としては状況によって価格改定ツールが必要な人とそうでない人がいて初心者の方はとりあえずAmazon公式の価格改定ツールを使っておけば大丈夫という話でした。

コメント

コメント

~Amazon輸出編~

まだ学生だったあの頃からどのように輸出ビジネスで成功しその後も結果を出し続けてきたのかをメルマガにまとめました。他の方法もあると思いますが僕は最短ルートしか知りません。再現性の高い方法でぜひ自由をつかんでください。 登録特典として輸出入ビジネスの失敗例100選の資料をプレゼントしています。
は必須項目です
  • メールアドレス
  • お名前(姓名)
  • 姓と名はスペースで区切ってください

  
輸入・輸出ビジネスを学ぶなら貿易大学