Amazonの新規出品の方法【商品カタログ作成方法】

Amazonには「マーケットプレイスで出品」する方法(いわゆる相乗り出品)と、新たに商品ページを作成して出品する「新規出品」の2つの販売方法があります。

今回は後者の新規出品のやり方を解説します。

なお

  • ジュエリー
  • 時計
  • Amazon限定商品の出品
  • イタリア製品
  • ストリーミングメディアプレイヤー

カテゴリに出品したい場合は事前にカテゴリー審査を受けて審査をクリアしておく必要があります。

現在はなんとストリーミングメディアプレイヤー以外のカテゴリは審査なしで出品できるようになっています。

しかしメーカー毎の規制や商品毎の規制は残っているので規制がかかっている商品ページに出品したい場合は1商品毎申請を出す必要があります。

参照:Amazonのカテゴリー申請・出品規制突破の方法

Amazon新規出品の流れ

  1. 事前にJANコードを取得しておく
  2. セラーセントラルにログイン → 「商品登録」をクリック
  3. 「商品を新規登録」をクリック
  4. 登録する商品カテゴリーを選択
  5. 商品情報を入力する

事前にJANコードを取得しておく

Amazonの新規出品では基本的にはJANコードが必要となるので事前に取得しておきましょう。

JANコードの取得方法

  1. 登録申請書付バーコード利用の手引きを購入
  2. 一般財団法人 流通システム開発センターのHPでGS1事業者登録申請を行う
  3. 登録申請料の払込を行う
  4. 登録通知書を受け取る

以前は冊子を購入する必要がありましたが今はHP上から申請できるので冊子を買う必要はありません。

GS1事業者コード登録申請料は以下の通りです。

JANコードを取得しないでも新規出品できるケース

Amazonブランド登録

Amazonでは出品者自身が商品を製造している場合や独自ブランドを販売している場合は、Amazonブランド登録という登録可能です。

Amazonブランド登録の申請が承認されると、それぞれの商品にグローバルカタログID (GCID)が割り当てられJANコードの代わりに使うことができます。

それ以外のケース

以下のケースではJANコードを取得しないでも新規出品が可能です。

  • 製造元(メーカー)が製品コードを付与していない特殊商品:少量生産の部品やパーツなど。
  • 非消費者向け商品:小売販売ではなく企業間で取り引きする商品。
  • セット販売が必要な商品:理由があって製品コードがなくセットで販売する商品。

セラーセントラルにログイン → 「商品登録」をクリック

「商品を新規に登録する」をクリック

すでに同一の商品が販売されている商品ページがある場合はそのページに相乗り出品をする必要があります。

新規出品を行う前にAmazonのサイト内に商品カタログがあるかどうか確認するようにしてください。

Amazonでは同一の商品であれば同じ商品カタログで販売する、つまりは相乗り出品するという規約になっています。

Amazonのサイト内に商品カタログがあっても出品は出来ますが、Amazonに見つかると結局は相乗り出品をするように注意されまます。

またそれを繰り返すととアカウント停止などペナルティの可能性があります。

登録する商品カテゴリーを選択

出品カテゴリーが分からない場合

販売したい商品の類似品を探し、その商品の「登録情報」を参考にするのが確実です。

セラーサポートに連絡すれば後からカタログ情報(カテゴリ)の修正をお願いすることも出来ますが最初に間違いのないように設定するようにしましょう。

商品情報を入力する

  1. 重要情報の入力
  2. 出品情報の入力
  3. 画像のアップロード
  4. 説明文の入力
  5. キーワードの入力
  6. 詳細の入力

重要情報の入力

  • 商品名
  • ブランド名
  • 対象(アパレルの場合必須)

を入力します。

取得したJANコードはここで使います。

出品情報の入力

  • 出品者SKU
  • コンディション
  • 販売価格
  • 在庫
  • 出荷方法

を記入します。

画像のアップロード

商品画像のガイドラインは以下の通りです。

【メイン画像】

  • 商品を正確に表示し、かつ販売商品のみを表示してください。
  • メイン画像の背景は純粋な白を使用してください。
  • 背景が白であり、かつ、無地で陰影がない画像を使用してください(デジタルカメラなどで撮影した写真は、画像処理ソフトで背景を完全な白にしてください)。
  • メイン画像に、グラフィックやイラストを使用することはできません。商品に同梱されないアクセサリー類、購入者に誤解を与えるようなコーディネート品、商品の一部ではない文字、ロゴ、透かし、挿入画像も使用できません。
  • 画像全体の85%以上を商品が占める必要があります。
  • 縁取りや装飾、文字入れ、ロゴ入れ、イラスト入れは不可。

【サブ画像】

  • サブ画像では、メイン画像では写っていない側面、使用方法、詳細などを表示してください。
  • 文字入れ、スタイリング、カラーバリエーション、モデル撮りいずれも可能。
  • 「送料無料」「金額」「●%OFF」などのサービスに関する記載がある画像の使用は不可。
  • 白の背景を推奨しますが、必須ではありません。

説明文の入力

キーワードの入力

検索で上位に表示させるためにキーワードの入力は非常に重要となっています。

参照:AmazonSEO対策の方法

詳細の入力

その他必要に応じて詳細情報を入力します。

Amazon新規出品の方法まとめ

以上でAmazonでの新規出品の方法の解説は終わりますが新規出品では商品カタログを作成しただけではなかなか商品が売れません。

以下のページで中国輸入を例に新規出品で商品を売る方法を解説しているので合わせて参考にしてください。

参照:中国輸入の新規出品で商品を売る方法

コメント

コメント

輸入・輸出ビジネスを学ぶなら貿易大学