輸入ビジネスにメンターがいらないたった一つの理由

輸入ビジネスのメンター

「成功するためにはメンターが必要」

「メンター選びが一番大事」

こんなセリフを聞いたことはないでしょうか?

今回の記事では輸入ビジネスで
成功する上でメンターって
やっぱり必要なんだろうな、
でもどうやって探せばいいかわからない
という人のために
メンターなんてそもそもいらない、
ということを解き明かしたいと思います。

メンターとは?

メンターとは「mentor」のカタカナ読みで
精神的なサポートや助言、
後押しをしてくれる人を指します。

師匠と言い換えてもいいでしょう。

ちなみにメンターという言葉と共に
よく登場するのが「マインド」という言葉。

こちらも苦手です。

僕が当時学生起業しようとしていた時
周りにも起業しようとしている人が
大勢いて彼らは皆口を揃えて
「この間すごいメンターに出会った」とか
「昨日の勉強会本当マインドを鍛えられたわ」
と発していました。

こういう人が
今どうなったかというと
起業出来ず消えてしまったか
本当に小さく一応の成功を収めています。

人に学ぶことは大切だと思います。

両親からも教師からも友人からも
嫌いな人からでさえも学ぶことはあります。

本や映画からも学ぶことは沢山あります。

しかし”メンターを決める”
という行為は学ぶ範囲を狭めることになります。

特定の人をメンターにすれば
その人を超えることは出来ません。

※例外的に今この期間だけは
この人をメンターにして
もっと上に行く、という考えで
人を踏み台にして
成功していく人もいます。

また”マインドを鍛える”
って何でしょうか。

日々の中で常に
成長を求めるのは当たり前のことで
いちいちルー大芝さんのように
カタカナ英語を用いて
自己顕示欲をアピールする必要は
ないと思うのです。

プライドは何の役にも立ちません。

メンターという言葉を
使う人ほど本来
自己顕示欲が強い、
プライドが高い傾向にありますが
メンターの受け売りの言葉を使ったり
メンターの真似ばかりしている人は
外から見ると
〇〇さん(メンターの人)の
劣化コピーとなってしまいます。

その人に対する
絶対的狂信から
とりあえずの成功を
収めることは出来ても
新たなステージに行くことは
非常に難しくなってしまうのです。

たまに意見を参考にさせていただく、
それで十分ではないでしょうか。

メンターだって
間違っていることはあります。

だからこそいろいろな人の
意見を聞くべきで
いろいろな人の意見を聞けば
大事な部分は重なっていて
自分の中に気づきが生まれるはずです。

ただし箸にも棒にもかからないような
どうでもいい人の意見を
聞くくらいならいわゆる
メンターを決めて
その人を盲信したほうが上手くいくでしょう。

大人になったら付き合う人間は
選べるのですから選ぶべきだと思います。

小学校や中学校、
あるいは高校や大学でさえ
たまたま同じ空間にいた人と
考え方や生き方、目指しているものが
全く違うにもかかわらず
無理して話す必要など皆無です。

メンターが必要な人

今まで散々メンターが
必要ないという話をしてきましたが
メンターを”指針とする人”という
言葉に置き換えると必要な人も
出てくると思うのでそれについて述べます。

僕には部活や
受験での成功体験がありました。

テニスをやっていた頃に
県大会で入賞したり
受験でも日本一の大学に
入ることが出来ました。

他にも小さな成功体験を
積み重ねてきました。

努力して成功する、
最初は上手くいかない、
方法を工夫する必要がある、
効率化する必要がある、
他の人の何倍も頑張る必要がある、
継続した努力が何よりも大事、
モチベーション管理も大切、
目標設定が大切、
これらのことはビジネスを
始める前からそれまでの
人生経験で当たり前に出来ていたのです。

同様に過去に何かしら
大きな成功を収めたことがある人は
メンターなんて必要ありません。

しかし努力を避けてきて
なんとなくで生きてきた、
普通でいいと思ってきた、
苦労したくない、
努力が続かない、
やりたいことがない。

という人には
自ら学ぶ習慣が確立されていません。

この場合はメンターを見つけて
思考から変えなくてはいけません。

個人的には禅寺にでも
足を運んで鍛え直してもらった方が
いいと思いますが
上記に当てはまる人が
いくらテクニックを
身につけようと思っても無理です。

そもそもメンターとなりうる人にも
選ぶ権利があるので
採用してもらえない気がします。

結果どうなるかというと
輸入塾やコンサルの餌食になります。
それも質の低いもの。

本当に優秀なコンサルタントは
仕事を断るくらい依頼が来ているので
成功する土台が備わってない人を
教えたがらない傾向にあります。

文章でも誰でもできる、
簡単にできるなどと煽ることはまずありません。

それに対して悪質な
輸入塾やコンサルタントは
誰でもできる、簡単にできるといい
敷居を低くしてとにかく
受講させようとします。

しかしこういう所に
元々出来る人が入ると
意外と成功するので
全く成果が出ないわけでもなく
輸入塾やコンサルタントの
実績は多くの犠牲の上に
積み上がっていくことになります。

結局メンターが必要なレベルの人というのは
いいメンターか悪いメンターかを
判断できない人が
ほとんどになってしまうので
どうしても必要な場合は
何人か見て冷静に
決めるということしかないとないと思います。

ちなみにマインドが大切と言っている人は
避けた方がいいです。

確かに正しい思考と言うのは
何よりも大切なものです。

しかしわざわざ
お金を出して教わることではないと思います。

以下のリンク先に
輸入ビジネスで必要なマインド
をまとめたので
それを読んだらあとはもう
実践してください。

その頃には
いい輸入塾、コンサルタントを
見抜く力が養われているはずです。
それからでも遅くないはずです。

キャッチーにするために
マインドと言っていますが
この言葉は本当に嫌いで
“考え方”と思ってください。

結局輸入ビジネスでは
メンターが必要な人も
メンターなんていらないという考えです。

メンターでなく全てに学ぶ

冒頭の方でも述べましたが
特定の人の考えを
フィルターなしに受け入れるより
いろいろな人の意見を聞いたり
様々な本、音楽、映画、スポーツなどに
触れることによって思考を
健全化させたほうが
後々差が出てくると思います。

学ぶことが嫌いでも成功は出来ますが
成功してからもどこか品がなかったり
ダサかったりします。

当たり前ですが
どんなことに対しても
自分で判断するというのが
大切だと思います。

ちなみに高級絵画が売れる理由として
節税対策以外にも
芸術を理解している自分かっこいい、
という欲が多分にあるそうです。

自分がいいと思ったのなら買えばいいのに
鑑定師に鑑定させないと買えないって
僕ならダサいと思ってしまいます。

仮に贋作だろうと
自分の目を通していいと思ったなら
それはいいもので
それが自分の審美眼の
今のレベルでしかなく
悔しいならもっと勉強すればいいだけです。

ちなみに食品の
産地偽造問題なども
社会的に絶対に許してはいけないこと
だとは思いますが
大間産のマグロはやっぱり美味しいな、
と言って産地偽装された
インドネシア産の安いマグロを食べて
そのことが発覚した瞬間に
怒る人、これが一番ダサいですね。

大間産のマグロって聞いたけど
こんなものか、
なんかあんまり美味しくないな
と違和感を持った人は
全力で怒っていいと思います。

今は経済も法律で守られていますが
大昔は商売に偽物は付き物でした。
自分の目を養う必要があったのです。

僕も起業当初色々騙されました。
でも恨んではいません、
結局自分のレベルが低かったため
起きたことだからです。

自分のレベルが高くなるにつれて
騙されることはなくなりました、
営業マンは基本信じていません。

例えばヴァイオリンについても
ストラディヴァリウスだと思っていたら
30万円の安物のヴァイオリンだった、
なんてプロからしたらありえない話です。
99%のプロはどっちが本物かわかります。

ちなみに現代のヴァイオリンの方が
音色がいいと言われていて
ストラディヴァリウスが至高と
いう意味ではないです、
音色が特徴的なので分かる人には分かります。

別に興味なければそれはそれで
全然いいのです、知ったかぶりが一番ダサい。

ファッションについても
雑誌がいいと言っていたから、
今年の流行色だから、とか
ありえない話ですよね。
いいものを知ることは大切ですが
何がいいのか分からず
人に勧められたものを買うのは
もはや滑稽に映ってしまいます。

お金を稼ぐなんてことは
通過点でしかありません。
お金を稼いでるだけの人を
メンターにしてしまったら
あなたの成長はそこまでです。

お金を稼いでいる人を
参考にはしてください、
いったいどんな方法を
使っているのか研究してみてください。

またブログの読者の方の中には
ひょっとすると僕を
メンターとしてくれている方も
いるかもしれませんが
もしいたら今日でやめてください。

僕が人生のゴールで目指すものと
あなたが人生のゴールで
目指すものは絶対違います。

僕に憧れている
という後輩の1人と以前話した時
その子は有名になりたい、と
言っていました。

僕は有名になんてなりたくありません、
この時点で参考にする人を間違っていますし
ましてやメンターにするなんて論外です。

輸入ビジネスの方法なら
いくらでもブログにまとめています。

精神的なことは
哲学書や歴史書から
学びましょう。

芸能人や身近な人でも
いいと思います。

僕はただ自分の人生を
最大限楽しむ上で手段として
輸入ビジネスをしているだけです。

どこの国にいても出来て
ほとんど時間がかからない、
株式投資なんかより
よっぽど安定した運用ができる、
ただこれだけの理由です。

尊敬の対象にするなら
人生のすべてをかけて
何かを成し遂げようと
している人にしましょう。

そして特定のメンターなんて決めずに
あらゆる事から学びましょう、
人生は学びで溢れています。

コメント

コメント

最近どんな記事が読者の方の役に立つか調査しているので少しでもこの記事が役に立ったと思っていただけたら以下のFacebookやはてぶなどのソーシャルシェアボタンで応援していただけると幸いです!

~Amazon輸入編~

まだ学生だったあの頃からどのように輸入ビジネスで成功しその後も結果を出し続けてきたのかをメルマガにまとめました。他の方法もあると思いますが僕は最短ルートしか知りません。再現性の高い方法でぜひ自由をつかんでください。
は必須項目です
  • メールアドレス
  • お名前(姓名)
  • 姓と名はスペースで区切ってください