個人輸入を副業にする際に覚えておくと役立つ事

⏱この記事は約2分で読むことができます。

Shuhei
Shuhei

東京大学在学時に始めて半年で会社設立をして1年で事業売却に成功した輸出入ビジネスの方法をメール講座で無料でお伝えしています。
➡︎たった1年で輸入ビジネスで起業・事業売却した方法はこちら


個人輸入市場は昨今非常に活気づいています。

その背景に不景気があることは明らかですが副業として個人輸入を始めても結果が出ずにリタイアする人が後を絶たないので一部の人が個人輸入で稼いでいる状況は変化していません。

おそらく何年経ってもこの傾向は変わらないと思います。

個人輸入は簡単に出来ますが本当に稼ぎたければ強みを持って差別化する必要があるからです。

例えばiPhoneケースが稼げると聞いてiPhoneケースを仕入れようとすると他の人もiPhoneケースを扱っているため価格競争に陥ります。

ではそもそも何を考慮するべきだったかを想像して10個位すらすらと理由が挙げられる人は中級者以上の方だと思います。

以下に輸入ビジネスを副業で行う上でのおよその注意点をまとめました。

購入する商品は売れ筋か

売れ筋でないかどうかで持つべき在庫数、ひいては資金繰りが変わってくるので重要。

初心者が集まるアイテムでないか

ライバルが業者であれば足並み揃えて、ということも可能だが素人が混ざると予期せぬ価格大暴落が起きる。

※結局相場価格に戻るので待っていれば問題ない

ライバルは多すぎないか

独自のECサイトであれば話は別だがamazonやヤフオクなどでライバルが同じ価格で揃えられると販売個数は減少する。

ライバルの在庫数は多すぎないか

ライバルがたった一人でも在庫を大量に抱えていればそれは脅威となる。

自分の仕入れ先は最安か

仮に価格競争になったとしても赤字を出さないためにはこれを考える事が重要。

法律上自分が扱っていい商品か

並行輸入品を正規品としていないか、ワシントン条約に引っかかっていないか、など。

Amazonを見ていると明らかに並行輸入品の商品がそのまま売られていていることがある、本来アウト。

仕入れ先からの購買は安定して行えるか

売れ筋を見つけても仕入れ先の在庫数が不安定だと機会損失に。

希少性がある商品か

付加価値があるものは高く売れる。希少性は付加価値。

商品はSeasonableかStableか

季節ものと定番を組み合わせてポートフォリオを組むのが個人輸入で安定的に稼ぐための秘訣。

リピーターを狙える商品か

新規顧客の獲得よりもリピーターの維持の方がお金が掛からないのはビジネスの常識。

いかにしてリストを獲得するか考えるべし。

バリエーションが豊富であればなぜそれを選んだか

なんとなくで赤、なんとなくでLサイズではなくデータに基づき売るべし。

ちなみに色では無難な黒やシルバー、サイズはMサイズが一般的に売れやすい。

集客メソッドは適切であったか

なんとなくで売れたのでは次に繋がらない、失敗も成功も必ず理由があるので自分の集客メソッドは常にチェック。

ロジスティックスに無駄はなかったか

代行会社に高いお金を払っていないか、仕入れ元をもっと近い所に出来たのではないかなど。

人件費は適切であったか

規模が大きくなれば作業は人に任せる事になるがその人を雇うお金は適切であったか。

ケチりすぎると仕事のクオリティは下がり次のチャンスにも結びつかない。

高すぎると単純に利益が減少。コスパは大切。

コメント

コメント

~Amazon輸入編~

まだ学生だったあの頃からどのように輸入ビジネスで成功しその後も結果を出し続けてきたのかをメルマガにまとめました。他の方法もあると思いますが僕は最短ルートしか知りません。再現性の高い方法でぜひ自由をつかんでください。 登録特典として輸出入ビジネスの失敗例100選の資料をプレゼントしています。
は必須項目です
  • メールアドレス
  • お名前(姓名)
  • 姓と名はスペースで区切ってください