無在庫転売は違法?

⏱この記事は約3分で読むことができます。

Shuhei
Shuhei

東京大学在学時に始めて半年で会社設立をして1年で事業売却に成功した輸出入ビジネスの方法をメール講座で無料でお伝えしています。
➡︎たった1年で輸入ビジネスで起業・事業売却した方法はこちら


メルカリやヤフオク、Amazon、Ebayなどを使った無在庫転売が近年注目を集めています。

初期投資が少なくて済むことが人気の一旦を担っていますが無在庫転売は違法なのでは?という問いかけを見かけて取り組むべきか躊躇している方も多いと思います。

そこでこの記事では無在庫転売の違法性についてまとめたいと思います。

無在庫転売は違法ではない

結論から言うと無在庫販売は違法ではありません。

無在庫転売自体を規制する法律などは一切存在しません。

ではなぜ違法なのか?という疑問が生じているかと言うと無在庫販売を行なっている方の中に違法性がある行為をしている人がいるためだと思います。

無在庫転売を行なっている方は以下のような法律や規制に気をつける必要があります。

古物商許可

日本で中古品を仕入れて日本で再販売する場合古物商許可を取る必要があります。

特に最近では古着を仕入れてメルカリやヤフオクで売る古着販売などが流行っていますがこのビジネスを行うには古物商許可を取る必要があります。

実際には取っていない方も多いと思いますが古物商許可を取らずに古物の取引をした場合、古物営業法違反(3年以下の懲役又は100万円以下の罰金)として逮捕・処罰されてしまう可能性があります。

著作権法

無在庫販売をする際に自分で商品ページを作るタイプの販売サイトでは画像が必要になりますがその際に他人の画像を無断転載すると著作権法違反の罪の問われる可能性があります。

ただしメーカーの型番商品のような場合はネットに数多く転がっておりメーカー側が文句を言うこともまずないので問題になる可能性は非常に低いですがオリジナル商品を販売していてオリジナルで画像を作成している場合は問題になることがあります。

ただしバナー画像の転用レベルで著作権法で訴えるのは現実的ではありません。

著作権法違反が適用される漫画の不正アップロードなどでは具体的な損害額を算出できますがバナー画像を転用されたことによる損害額を証明できる規模の会社は少ないと思います。

現実的にはメルカリや大手ショップモールの場合は運営に連絡しそれ以外のショップモールなどでは相手に直接連絡して取り下げてもらうしかありません。

不正アクセス禁止法

無在庫販売では仕入れ元の在庫の管理が重要になるためツールを使っている方が多いと思いますがその仕入れ元の在庫データはWebサイト側が提供しているAPIを通して入手するかスクレイピングという技術を利用して入手することになります。

しかし過度なスクレイピングはWebサーバーに負担をかけることになりAmazonやメルカリではそれが禁止されています。

偽計業務妨害罪

上記の不正アクセスを行うと通常IPアドレス単位のブロックやアカウントの停止などを受けることになりますがアカウントを停止されても別のアカウントを作成して同じような行為を何度も繰り返すと偽計業務妨害罪に問われる可能性があります。

ECサイトのアカウント作成では事例を聞いたことがありませんがスマホアプリなどの課金アイテムを不正に増やして販売するなどで逮捕された方はこの偽計業務妨害罪の罪に問われています。

販売サイトの規約違反になる可能性はある

無在庫転売自体に違法性はなくても販売サイトで無在庫販売が規制されていることはあります。

具体的にはメルカリやヤフオクでは無在庫販売が禁止されています。

AmazonやEbayなどはグレーゾーンです。

商品が売れてから仕入れて販売を行うのが無在庫転売のやり方ですがキャンセルを繰り返すとアカウントが停止になる可能性はあるものの特にAmazonの場合お客さんのために海外からの発送や自社出荷も推奨しているため商品のキャンセルを繰り返さない限り問題になることはありません。

実際問題在庫を切らしたり発送が遅れたりしない限り通常の自社出荷と無在庫転売による出荷は全く見分けがつきません。

APIが提供されているサイト同士は無在庫販売がしやすいため

  1. 国内Amazon→海外Amazon
  2. 国内Amazon→Ebay
  3. 海外Amazon→海外Amazon
  4. アリババ→Amazon
  5. 楽天→Yahooショッピング

などの無在庫転売が考えられます。

もしくはスクレイピングが禁止されていないサイトを活用して自分だけの仕入れサイトを見つけるのも面白いと思います。

海外ネットショップ→Buyma

などはその一例になります。

無在庫転売が禁止されているサイトでも上手く無在庫転売を行う方法も存在しますが推奨はしないのでやりたい人は自分で調べてください。

おすすめは

  1. 国内Amazon→海外Amazon
  2. 国内Amazon→Ebayです。

なぜなら特に海外発送だと売れてから仕入れても在庫をち商品を売って発送しても1~2日程度しか変わらないためです。

しかし無在庫販売の中では難しい部類に入るので初心者の方は

  1. ネットショップ→Buyma
  2. 海外Amazon→国内Amazon

の方が成果を出しやすいと思います。

結論としては無在庫販売自体は違法ではないのでそれ以外の部分で法律や規制に引っかからないようにしながら取り組みましょう。

これは無在庫販売に限ったことではありませんが特に無在庫販売の場合は売れてくると商品が真似されやすくなります。

普通にやる分には一つのモールで月商1000万円(利益で150万円)位が限界になってきます。

無在庫販売の戦略などは別の記事に後日まとめますのでよかったら参照してください。

コメント

コメント

輸入・輸出ビジネスを学ぶなら貿易大学