Amazonで相乗り出品されるのを防ぐ方法

amazonクーポン

Amazonに新規出品した商品ページにを相乗り出品されない方法が色々出回ってますが甘いものが多いです。

世に出回っている相乗り出品対策は意味がないものが多いので正しい方法をまとめました。

まずはよくある相乗り出品対策を見ていきたいと思います。

Amazonで相乗り出品しても問題ないページ

以下の商品ページは一見相乗りできないように見えますが相乗りしても問題ありません。

例外もあるので一つずつ解説していきます。

  1. ノーブランド品をオリジナル商品としているページ
  2. オリジナルパッケージと書き画像でその証拠を示していないページ
  3. JANコード取得済みと記載しているページ
  4. OEM生産品と記載されているページ
  5. オリジナルセット商品と記載されている商品
  6. 商標登録済みと記載されている商品

ノーブランド品をオリジナル商品としているページ

オリジナル商品としていても同一の商品であれば相乗りしても問題ありません。

オリジナルパッケージと書き画像でその証拠を示していないページ

タイトルにオリジナルと含まれているもの商品画像のパッケージの写真など一切なく実際に複数の出品者が相乗りしています。

OEM生産品と記載されているページ

OEMであろうと製品が同じであれば問題ありません。

OEMするならオリジナルの部分を作らなければ相乗りされます。

オリジナルセット商品と記載されている商品

セット内容がオリジナルであれば相乗りOKです。

どうしても相乗りされたくなかったら入手しにくいもの、例えばOEM商品などを合わせると相乗りされづらくなりますが結局他の出品者が同じだと思ったら被せて来た際に文句を言ってもAmazonは全然対応してくれません。

そのため新規出品する際は購入者にも他の出品者にもこれは本当の本当にオリジナルなんだ、というのを伝えるページを作ることが大切です。

JANコード取得済みと記載しているページ

JANコードはただの識別番号なので取得していようがいまいが相乗りには関係ありません。

なおこのページはブランド名の部分をノーブランドとせずショップ名が入れていますがこういったセラーは中国輸入セラーである蓋然性が高まります。

メーカーがJANを取得したページに相乗り出品を行うと商標権の侵害になりますが海外から輸入した商品に対しJANコードを付けましょう、と言ってる人は法律をもっと勉強したほうがいいです。

JANコードは単なる識別番号でありそれ自体に法的拘束力は一切ありません。Amazonのブランド登録などにJANコードは必要なのでJANコード自体に意味がないとは言いません、相乗り出品対策としては無意味ということです。

他の出品者が文句を言ってきてもほっといて何の問題もありません。顧問弁護士に確認を取っているので大丈夫です。

出品者は甘すぎます。

そんなやわなメッキは簡単にはがせてしまいます。

本当にまねされたくないんだったらもっと考えるべきことが山ほどあります。

商標登録済みと記載されている商品

商標登録されていても同じ商品であれば出品可能です。

そもそもノーブランド品に商標をくっつけて売ることはAmazonでは禁止されています。

もちろん完全にオリジナルの商品でそれに商標が付いている場合は相乗り不可です。

また以下のページはページ的には相乗り出品できるとしても安易に相乗り出品しないほうがいいです。

  1. 出品者が多すぎる→カートが取得しづらい
  2. Amazon自体が商品を販売している→価格の下げ合いになりやすい
  3. 商品画像中に日本語の記載がある →日本語の説明書などを独自に足している可能性が高い
  4. 有名アニメのキャラクターのコスプレ→コスプレはグレーゾーン
  5. ノーブランド商品→初心者のセラーが多く、価格競争になりやすい
  6. 武器関係のコスプレ商品→そもそも通関で通らないことが多い
  7. コンセントのある商品→特定電気用品に引っかかる
  8. Bluetoothを使う商品→電波法に引っかかる

相乗り出品するときは相乗り出品しても良いページを的確に見抜き、新規出品する場合は相乗り出品できないようにちゃんと対策するようにしましょう。

Amazonの相乗り出品対策

パッケージを変える

参照:株式会社包む

包装やパッケージを変えればまねされないと思っている人が多いですがこれだけでは実はほとんど意味がありません。

Amazonの出品のコメントに※生産時期によって外装が異なる場合があります。
とでも書いておけば気にせず被せて出品してもお客さんからはクレームは来ません。

パッケージを含め画像に載せブランディングしている商品ページではパッケージ換えは効果があります。

おまけをつける

おまけ付きというやり方は関連商品でなければ禁則事項なのですが商品に関係のある内容であればOKです。

一度おまけで輪ゴム10本をつけて差別化しようとしている商品ページを見たことがありAmazonに効果があるか尋ねたところ効果はないとのことでした。

以下のような商品に関係のあるおまけであれば効果的です。

商標権や意匠権、特許を取得する

一番確実な方法です。
弁理士に任せれば10万円もしないで商標権や意匠権の取得が可能ですが実は資格がなくても申請できるので商標データベースで自力で類似商標がないか調べて商標を取得することもできます。4万円程度かかります。

意匠権は取得が少し難しいため商標の取得をおすすめします。

セット売りをする

正確に言えばまねはされますがセット売りをすることで難易度が上がり単純には真似されづらくなります。

日用品などの消耗品と相性がいいです。

画像を変える

結局中国のタオバオや海外のAmazonなどで見つかる商品同じ商品だとライバルに思われるから真似されるわけで実は同じ商品でも新規で画像を用意すればまねされないことが多いのです。

パッケージを変えるよりもまずこれです。

また全然違う商品なのに嫌がらせで相乗り出品をされるケースも増えているようです。

この場合は商標などを取得している場合はAmazonセラーセントラルに連絡すればすぐに対応してもらえますがそれ以外の場合や対応が遅れた場合はライバルの出品した偽物を購入したセラーが商品ページに悪いレビューを書く可能性がありライバルセラーの出品を取り下げても商品ページのコンバージョン率が下がって売れづらくなってしまうこともあるので気をつけましょう。

Amazonで出品をまねされない方法まとめ

ユーザー目線で違う商品と言えるかどうか、ライバルに見つかりづらくできるか、ライバルに見つかっても被せようという気持ちを削ぐことができるか、と本質をついた対策を考えれば実は被せられるケースというのはかなり減ります。

一度被せられるとAmazonに対応してもらうのを待っても意外と時間がかかるのですが商標があればわりとすぐに対応してもらえるので最後はやはり商標権や意匠権に行き着きます、ぜひトライしてみてください。

Amazon輸入(欧米輸入)攻略方法全集

Amazon輸入(欧米輸入)ビジネスで成功するために学ぶべきことを第1章~60章まで章立てて目次形式でまとめています。
有料の本や情報商材を購入してしまう前にまずは一度以下の記事を読んでみてはいかがでしょうか?