Amazon広告運用代行・代理店が不要に【AIによる広告自動運用方法 】

Amazon広告AI運用

Amazon広告は今やAmazonでの販売には欠かせないものとなっています。

特に新規出品を行う場合従来のSEO内部対策だけでは検索上位に表示することが難しくAmazon広告の適切な運用が求められる時代となっています。

しかし自分で運用するのはノウハウ的にも時間的にも難しくお金を払ってAmazon広告の運用代行の会社や代理店に任せるのが今までは一般的でした。

しかしそれにもコストがかかるので多くの企業では導入できずにいたと思います。

この記事ではそんな悩みを解決するAIによる広告運用を紹介したいと思います。

従来のAmazon広告運用代行の内容

基本的に特定のキーワードで一番上に表示させるには広告単価が高くなります。

しかし広告で一番上に表示されるとコスパが悪く数字が合わないことがほとんどです。

このことは広告業界では広く知られていることです。

そのため広告費が無限にある企業は何も気にせず高単価で広告を出稿すればいいのですがほとんどの企業では最高のパフォーマンスを出すためには入札価格を常に調整し続ける必要があります。

広告枠の3番目から4番目、商品によっては5番目から6番目のポジションを取れるようにする必要があるのです。

広告運用代理店が行なっているのはこの作業です。

私自身も広告運用業を行う中で実際に法人のクライアントを多数抱えスタッフに毎日入札単価を調整してもらっていました。

この作業の労力が6割で、データを見て数字が合わない広告の取り下げを行う労力が3割、まだ出稿していないキーワードを探す作業の労力が1割です。

これを最低月5万円であとは広告費の20%、あるいは広告経由の売上の5%という価格で広告運用を行なっている運用代行会社がほとんどですがこの度私が運用するAmazon販売支援ツールアマトピアではAIによる広告運用自動化機能を開発しそれを定額で提供しています。

AIによる自動運用なので作業量が増えるわけでもないのに売上に応じて利用料金を上げるのは道理に合わないと考えたため定額での提供を行っています。

そのためおそらくAmazonの広告運用業務を代理店に任せていた会社からユーザーが流れてきている状態ですが代理店の仕事を奪いたいわけではなくむしろ代理店の方に使って欲しいと思っています。

AIによるAmazon広告運用代行の内容

日本でAmazonAdvertisingAPIが公開されたことによりビッグデータ解析の技術と合わせてAIによる広告運用機能を開発しました。

主な機能は以下の5つです。

  1. 潜在キーワードの追加(自動)
  2. 入札単価の調整(自動)
  3. マッチタイプの変更(自動)
  4. コストパフォーマンスの悪いキーワードの除外(自動)
  5. コストパフォーマンスの悪い広告の休止(自動)

弊社で過去にAmazonスポンサープロダクトを運用してきて最適な設定というものがあるのでその数値をお教えさせていただいていますがユーザー側で「広告費が売上に占める割合20%以上のものを出稿停止」のようにオリジナルにカスタマイズしていただいて運用することも可能です。

広告運用に詳しくなければアカウントを設定してスタートしていただくだけで推奨の設定でAIが広告を運用し続けます。

商品リサーチ機能の予測販売の部分にもAIやビッグデータ解析を用いていますが私は大学院で人工知能の開発を勉強していたためこの業界において誰よりも質の高いAmazon用の広告運用自動化AIツールを作り上げたという自負があります。

そしてこれからも改良をし続けていきます。

上記のような広告費の調整と広告の削除、新規広告の出稿がほとんどなのですがそれ以外にも広告運用代行会社がブラックボックスにしているノウハウも全て提供しています。

その上従来の運用代行会社や広告代理店のような人件費は発生しないため広告費に応じた費用はかかりません。

定額49,800円/月で提供させていただいています。

しかも広告運用機能が使えるプランにはその他Amazonでの販売に活用可能な機能が他にも8つ付いています。

その辺りは詳しくはHPをみていただければと思います。

従来の運用代行より安くてしかも人的ミスがないので成果が出やすい、正直値段設定を大幅に間違えていると思います。

ただ今はもう少しビッグデータを増やしAIの精度をあげたいので安く提供させていただいています。

実際アマトピアを長年使われている方はご存知だと思いますが値上げはしたことがあっても値下げは一度もしたことがないので今後この価格で割に合わないなと思ったら値上げをしていくことになると思いますが今の価格で申し込まれた方は値上げをしてもそのままの価格でお使いいただけます。

もちろんそうは言っても付き合いがあるし今まで通り人に任せたいという方は従来の運用代行会社・代理店に任せればいいと思います。

一番まずいのは自分で運用しようとしている人です。

毎日適切に調整するにはプロがやっても1社あたり最低でも1時間はかかるので月で30時間かかります。

広告運用機能だけでも49800円/30≒1660円です。

自分の時給が1660円より安いという場合は広告運用について勉強して自分で価格調整の作業をしてもいいと思いますがあなたにとって何より大切なのは利益を増やすことのはずです。

なお追加アカウントに関しては29800円/月で利用可能ですので広告代理店の方は一般的な従業員の方を雇うお金(約30万円)で10社分の運用が出来ることになります。

土日も休みなく広告費の調整やキーワードの調整が出来ることを考えるとクライアントの方にもさらにメリットを提示しやすいかと思います。

また現在はポンサープロダクト 広告のみを自動運用化していますがスポンサーブランド広告とディスプレイ広告に関してもAIによる自動運用のアルファ版開発を終えているので最終的には

  1. スポンサーブランド広告
  2. スポンサーブランド広告
  3. ディスプレイ広告

の3つが完全自動で運用できるようになります。

以下のページでも言及していますがプロの運用担当が手動で運用した場合と比較してもほとんどの場合でAIがそのパフォーマンスを上回っています。

そのためAmazon広告の運用に無駄な時間やお金を使うのではなくLPの改善や外部対策(外部広告、SNS、オウンドメディア、Youtube)などから流入を増やすことに時間やお金を使うことをおすすめします。

Amazon輸入(欧米輸入)攻略方法全集

Amazon輸入(欧米輸入)ビジネスで成功するために学ぶべきことを第1章~60章まで章立てて目次形式でまとめています。
有料の本や情報商材を購入してしまう前にまずは一度以下の記事を読んでみてはいかがでしょうか?